マンツーマンレッスンで先生と話すネタ

フィリピン留学は、マンツーマンレッスンがメインです。先生とマンツーマンなので、どんなに英語が話せなくても、話さないと授業になりません。

でも、このマンツーマン、1日に数時間、しゃべりっぱなしになるので、非常に良い訓練なので、どんどんチャレンジしていただきたいのですが、意外とよく聞かれるのが、「話すネタ」がない。ということです。

topic

実は英語の習得に置いて、この話すネタがある人と、ない人では、成長に大きく違いが出てきます。フィリピン留学に挑戦しようとしている方、英語の勉強と一緒に「話すネタ」を準備しましょう。

特にフィリピン人先生は、人懐っこい方が非常に多いです。

留学生が心を開いて、話をすると、どんどん会話は盛り上がり、いつの間にか、コミュニケーションが取れるようになっていることが、実は非常に大切なんじゃないかと思ってますし、逆に残念なケースが、自分の趣味さえも話せないと、テキストを一緒に読んで、その感想を話すだけになってしまい、生のコミュニケーションスキルアップの機会損失になってしまいます。

ぜひ、そのヒントとなればと思いますので、チェックしてみてください。

仕事について

どんな仕事をしているのか?

どういう会社で、入社してどれぐらい経つのか?どんなお客様にどういうサービスを提供しているのか?話せたらいいですね。

(例文)I work at the advertising agency. In this company we support the promotion of apparel companies.

職場にはどんな仲間がいるのか?

どういう同僚がいて、上司はどんな人なのか?職場の雰囲気など話せるといいですね。

(例文)In my company There are 100 employees. Everyone is an excellent very in hard worker. I also I am working hard to not lose.

やりがいは?

業界の話だったり、仕事のやりがいが話せたらいいですね。

(例文)Advertising industry is very important is to get the new information. I participate in seminar, and reading a books. It is very exciting.

仕事の課題や、よくあるトラブルは?

自分の課題だったり、失敗談などを話せるといいですね。

(例文)I can’t on schedule, because We struggle to meet the deadline. I will often sit up all night. I am consciously as much as possible can be on schedule.

■ポイント
フィリピン人先生の前職を聞いてみよう
フィリピン人先生は、英会話の先生の前に、コールセンターで働いていたり、ナースやコンサルタント、MRなど様々なところで働いているケースが多いです。あまりプライベートな質問にならないように、聞いてみましょう。日本とフィリピンの文化の違いなど、いろいろ気づきがあると思います。

フィリピン人先生が一番仲良くしている先生について聞いてみよう
学校の規模にもよりますが、50名ぐらいの先生がいる学校なら、先生の名前を覚えきれません。マンツーマンクラス時に、担当の先生に仲良くしている先生について聞いてみましょう。あの先生はESLの担当で教えるのが上手だ。とか、Pronunciation(発音)の先生で、人気だ。とかいろいろ聞けると思います。

英語学習について

なぜ英語留学をしようと思ったのか?

これはよく聞かれる話なので事前に準備しておいたほうがいいですね。

(例文)I had been studying English in school days, but it does not use from 10 years. Because foreigners become my boss, I wanted to master the English, and I decided to study abroad.

自分の英語スキルはどのレベルなのか?

学校ではレベルテストが行われているので、先生たちは把握していますが、それを自分で説明できるといいですね。

(例文)If you speak slowly, I can understand, but I cannot respond well with my level of English.

いつまでに、どのレベルまで、英語スキルを伸ばしたいか?

英語学習の目標を話せると、教えてくれる先生も、協力的になってくれますよね。

(例文)My goal for studying abroad right now is to become able to work in philippines.

■ポイント
フィリピン人先生の知っている日本語を聞いてみよう
ィリピン人先生は簡単な日本語を知っています。「かわいい」とか「がんばって」とか、そのレベルですが、自分が日本語教師になったつもりで、日本語を英語で教えてあげましょう。これが意外と盛り上がることがあります。

出身地について

生まれ育った故郷は?

故郷について話せると、会話は盛り上がりますね。プレゼンの時にも故郷について話す機会は多いはずなので、準備をオススメします。

(例文)I was born in Yamanashi, There has highest mountain in Japan’s Mt Fuji. Whenever I return home, I enjoy a quietness which I can never find in Tokyo.

どんな幼少時代を過ごしていた?

小さい頃、どんなことに熱中していたのか、話せると、会話が盛り上がりますね。

(例文)I was playing baseball from 8 years old. Position is pitcher. So I am good at baseball.

家族構成は?

フィリピンでは家族のことについて話すことが多いです。簡単に説明できるといいですね。

(例文)My family members are my father, mother, younger sister and myself. My father is very strict but merciful person. My momther is a housewife. She is easy-going and big-hearted. Of course I respect father and mother.

■ポイント
フィリピン人先生の出身地について聞いてみよう
フィリピン人先生の出身地はルソン島やミンダナオ島など様々です。近くに有名なものがあるのかなど聞いてみましょう。そうすることでフィリピンにもいろいろな地域があることを実感できると思います。フィリピンには7100もの島がありますからエリアによって文化も違います。

フィリピン人先生の家族について聞いてみよう
フィリピン人は非常に家族を大事にする人種です。週末にどういう風に過ごしているのか?など家族について話すことは、フィリピンでは多いですね。もし先生が話すのをためらっていたら、プライベートな内容なので、質問するのは控えましょう。

日本について

日本人はどう?

どんな社会問題を抱えているのか?など日本について説明できるといいですね。

(例文)As Japan enters an era of falling birthrates, an aging society, and a shrinking population in the first half of the 21st century, there has been a rapid decrease in the labor population and concerns have been raised related to social security

日本文化は?

日本のいいところや、四季、日本食などについて話せるようになるといいですね。

(例文)If I may choose the advantage points of Japan, it would probably be food, four seasons, and each one of unique places.

■ポイント
フィリピン人先生に、日本食に挑戦したことがあるか、聞いてみよう
フィリピンでは魚を生で食することはあまりありませんので、刺身などはほとんどの人が食べられないでしょう。彼らの日本食のイメージはラーメンやてんぷらのようです。あなたの好きな日本料理を教えてあげてください。

フィリピン人先生に、日本のイメージを聞いてみよう
日本人はとても親切で、道を聞いたら、丁寧に教えてくれると言うイメージを持っているようです。それと空気がキレイで、道にゴミがあまり無いイメージを持っているようです。いつか日本に行って雪を見てみたいという先生は多いです。実際の日本はどんなところなのか、教えてあげましょう。

フィリピンについて

フィリピンとは?

フィリピンの首都や特徴などを説明できるといいと思います。

(例文)Philippines is a country made of islands of 7100. It is hot all year round in the Philippines, so tropical fruits like mangoes, papayas and bananas are always available.

■ポイント
フィリピン人先生に、オススメのフィリピン料理を教えてもらおう
フィリピン料理といえば、レチョンやアドボが有名です。バロッドという孵化直前のゆで卵が、世界三大珍味といわれています。日本人が食べる機会はなかなか無いので、どこで食べられるの?など聞いてみるのもいいですね。

フィリピン人先生に、フィリピンの良いところを教えてもらおう
とても家族を大事にする。と話す先生が多いです。ビーチがキレイなのは知っていますが、フィリピン人はあまりビーチに行かなく、週末は家族と過ごすことを優先している人が多いようです。フルーツが豊富にあって、いつもあたたかくて気持ち良い。という以外に、フィリピンの良いところじっくり聞くのもいいですね。

スポーツについて

得意なスポーツや、好きなスポーツについて、説明できるようになろう

I like baseball. I was the dream of becoming a professional baseball player.

■ポイント
フィリピン人先生に、なぜフィリピンではバスケットボールが人気なのか、聞いてみよう
フィリピンはアメリカの影響を受けやすく、アメリカで人気のあるバスケが人気のようです。

フィリピン人先生に、有名なスポーツ選手を聞いてみよう
プロボクサーのパッキャオ選手のことを話す人は多いです。パッキャオ選手は国民の英雄です。時間があったらパッキャオについて調べておくといいかもしれません。

こころがけること

まず自分から打ち解ける

いきなり質問攻めでもいいのですが、まずは自分のことを話すようにしましょう。そうするとフィリピン人先生も気を許してくれて、いろいろ話してくれるようになります。

フィリピン人先生に敬意を示し、ホメるポイントを探す

コミュニケーションをする上で前提条件ですが、留学生はお金を払っているから何をしても良いという訳ではありません。言うまでもなく、先生も同じ人間ですし、先生としてのプライドもあります。そしてフィリピン人はプライドを汚されたと思うと極端に心を閉ざしますので、注意しましょう。

お互いの共通点を探す

コミュニケーションの基本ですが、共通点があれば、話しは盛り上がります。その共通点の中でも、日本とフィリピンの違いについてお互い分かり合おうとすると、非常に会話の質が上がります。

ボディランゲージとスマイルは忘れない

先生とのマンツーマンは緊張してしまうかもしれませんが、スマイルは非常に大事です。またできるだけボディランゲージを使うようにしましょう。ボディランゲージもマスターできるようになれば、より質の高いコミュニケーションが可能になります。

まとめ

とにかくコミュニケーションは自分から話しかけること、自分から話題を提供することです。自分のことを話せば、フィリピン人先生もいろいろ教えてくれるでしょう。その際に、知らない単語があったら、「Please tell me the meaning?」と聞いてみると丁寧に教えてくれると思います。マンツーマンレッスンはとにかく楽しいです。どんどん自分の思っていることが話せるようになりますし、そのためには準備や訓練がある程度必要です。今回はそのポイントやコツについて書きましたが、とにかく楽しむことが大事です。

あなたのフィリピン留学がとても良いものになりますように! 
I wish you will do my best!

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本陽介

インドネシアのジャカルタにて海外勤務経験在り。フィリピンにて語学留学を複数学校で経験後、株式会社サムライエージェントを設立。現在、英語留学を通じてキャリアアップサポートや、企業の海外進出および組織のグローバル化においてコンサルティング等をしている。