オススメTED動画 何が人を動かすのか

アンソニー・ロビンズ 「何が人を動かすのか」

オススメポイント

アンソニー・ロビンズが、人の行動の動機となる「見えない力」について話します・・・それに客席最前列のアル・ゴアとのハイタッチもあります。

 

再生時間

21分45秒

 

オリジナル動画

英訳

Thank you. I have to tell you I’m both challenged and excited. My excitement is: I get a chance to give something back. My challenge is: the shortest seminar I usually do is 50 hours.

(Laughter)

I’m not exaggerating. I do weekends — I do more, obviously, I also coach people — but I’m into immersion, because how did you learn language? Not just by learning principles, you got in it and you did it so often that it became real.

The bottom line of why I’m here, besides being a crazy mofo, is that — I’m not here to motivate you, you don’t need that, obviously. Often that’s what people think I do, and it’s the furthest thing from it. What happens, though, is people say to me, “I don’t need any motivation.” But that’s not what I do. I’m the “why” guy. I want to know why you do what you do.

What is your motive for action? What is it that drives you in your life today? Not 10 years ago. Are you running the same pattern? Because I believe that the invisible force of internal drive, activated, is the most important thing. I’m here because I believe emotion is the force of life. All of us here have great minds. Most of us here have great minds, right? We all know how to think. With our minds we can rationalize anything. We can make anything happen.

I agree with what was described a few days ago, that people work in their self-interest. But we know that that’s bullshit at times. You don’t work in your self-interest all the time, because when emotion comes into it, the wiring changes in the way it functions. So it’s wonderful to think intellectually about how the life of the world is, especially those who are very smart can play this game in our head. But I really want to know what’s driving you.

What I would like to invite you to do by the end of this talk is explore where you are today, for two reasons. One: so that you can contribute more. And two: that hopefully we can not just understand other people more, but appreciate them more, and create the kinds of connections that can stop some of the challenges that we face today. They’re only going to get magnified by the very technology that connects us, because it’s making us intersect. That intersection doesn’t always create a view of “everybody now understands everybody, and everybody appreciates everybody.”

I’ve had an obsession basically for 30 years, “What makes the difference in the quality of people’s lives? What in their performance?” I got hired to produce the result now. I’ve done it for 30 years. I get the phone call when the athlete is burning down on national television, and they were ahead by five strokes and now they can’t get back on the course. I’ve got to do something right now or nothing matters. I get the phone call when the child is going to commit suicide, I’ve got to do something. In 29 years, I’m very grateful to tell you I’ve never lost one. It doesn’t mean I won’t some day, but I haven’t yet. The reason is an understanding of these human needs.

When I get those calls about performance, that’s one thing. How do you make a change? I’m also looking to see what is shaping the person’s ability to contribute, to do something beyond themselves. Maybe the real question is, I look at life and say there’s two master lessons. One is: there’s the science of achievement, which almost everyone here has mastered amazingly. “How do you take the invisible and make it visible,” How do you make your dreams happen? Your business, your contribution to society, money — whatever, your body, your family.

The other lesson that is rarely mastered is the art of fulfillment. Because science is easy, right? We know the rules, you write the code and you get the results. Once you know the game, you just up the ante, don’t you? But when it comes to fulfillment — that’s an art. The reason is, it’s about appreciation and contribution. You can only feel so much by yourself.

I’ve had an interesting laboratory to try to answer the real question how somebody’s life changes if you look at them like those people that you’ve given everything to? Like all the resources they say they need. You gave not a 100-dollar computer, but the best computer. You gave them love, joy, were there to comfort them. Those people very often — you know some of them — end up the rest of their life with all this love, education, money and background going in and out of rehab. Some people have been through ultimate pain, psychologically, sexually, spiritually, emotionally abused — and not always, but often, they become some of the people that contribute the most to society.

The question we’ve got to ask ourselves really is, what is it? What is it that shapes us? We live in a therapy culture. Most of us don’t do that, but the culture’s a therapy culture, the mindset that we are our past. And you wouldn’t be in this room if you bought that, but most of society thinks biography is destiny. The past equals the future. Of course it does if you live there. But what we know and what we have to remind ourselves — because you can know something intellectually and then not use it, not apply it.

We’ve got to remind ourselves that decision is the ultimate power. When you ask people, have you failed to achieve something significant in your life?

Say, “Aye.” Audience: Aye.

TR: Thanks for the interaction on a high level there. But if you ask people, why didn’t you achieve something? Somebody who’s working for you, or a partner, or even yourself. When you fail to achieve, what’s the reason people say? What do they tell you? Didn’t have the knowledge, didn’t have the money, didn’t have the time, didn’t have the technology. I didn’t have the right manager.

Al Gore: Supreme Court. TR: The Supreme Court.

(Laughter)

(Applause) (Cheering)

(Applause continues)

TR: And —

(Applause)

What do all those, including the Supreme Court, have in common?

(Laughter)

They are a claim to you missing resources, and they may be accurate. You may not have the money, or the Supreme Court, but that is not the defining factor.

(Applause) (Laughter)

And you correct me if I’m wrong. The defining factor is never resources; it’s resourcefulness. And what I mean specifically, rather than just some phrase, is if you have emotion, human emotion, something that I experienced from you the day before yesterday at a level that is as profound as I’ve ever experienced and I believe with that emotion you would have beat his ass and won.

Audience: Yeah!

(Applause) (Cheering)

How easy for me to tell him what he should do.

(Laughter)

Idiot, Robbins. But I know when we watched the debate at that time, there were emotions that blocked people’s ability to get this man’s intellect and capacity. And the way that it came across to some people on that day — because I know people that wanted to vote in your direction and didn’t, and I was upset. But there was emotion there. Do you know what I’m talking about?

Say, “Aye.” Audience: Aye.

TR: So, emotion is it. And if we get the right emotion, we can get ourselves to do anything. If you’re creative, playful, fun enough, can you get through to anybody, yes or no?

If you don’t have the money, but you’re creative and determined, you find the way. This is the ultimate resource. But this is not the story that people tell us. They tell us a bunch of different stories. They tell us we don’t have the resources, but ultimately, if you take a look here, they say, what are all the reasons they haven’t accomplished that? He’s broken my pattern, that son-of-a-bitch.

(Laughter)

But I appreciated the energy, I’ll tell you that.

(Laughter)

What determines your resources? We’ve said decisions shape destiny, which is my focus here. If decisions shape destiny, what determines it is three decisions. What will you focus on? You have to decide what you’re going to focus on. Consciously or unconsciously. the minute you decide to focus, you must give it a meaning, and that meaning produces emotion. Is this the end or the beginning? Is God punishing me or rewarding me, or is this the roll of the dice? An emotion creates what we’re going to do, or the action.

So, think about your own life, the decisions that have shaped your destiny. And that sounds really heavy, but in the last five or 10 years, have there been some decisions that if you’d made a different decision, your life would be completely different? How many can think about it? Better or worse. Say, “Aye.”

Audience: Aye.

So the bottom line is, maybe it was where to go to work, and you met the love of your life there, a career decision. I know the Google geniuses I saw here — I mean, I understand that their decision was to sell their technology. What if they made that decision versus to build their own culture? How would the world or their lives be different, their impact? The history of our world is these decisions. When a woman stands up and says, “No, I won’t go to the back of the bus.” She didn’t just affect her life. That decision shaped our culture. Or someone standing in front of a tank. Or being in a position like Lance Armstrong, “You’ve got testicular cancer.” That’s pretty tough for any male, especially if you ride a bike.

(Laughter)

You’ve got it in your brain; you’ve got it in your lungs. But what was his decision of what to focus on? Different than most people. What did it mean? It wasn’t the end; it was the beginning. He goes off and wins seven championships he never once won before the cancer, because he got emotional fitness, psychological strength. That’s the difference in human beings that I’ve seen of the three million I’ve been around.

In my lab, I’ve had three million people from 80 countries over the last 29 years. And after a while, patterns become obvious. You see that South America and Africa may be connected in a certain way, right? Others say, “Oh, that sounds ridiculous.” It’s simple. So, what shaped Lance? What shapes you? Two invisible forces. Very quickly. One: state. We all have had times, you did something, and after, you thought to yourself, “I can’t believe I said or did that, that was so stupid.” Who’s been there? Say, “Aye.” Audience: Aye.

Or after you did something, you go, “That was me!”

(Laughter)

It wasn’t your ability; it was your state. Your model of the world is what shapes you long term. Your model of the world is the filter. That’s what’s shaping us. It makes people make decisions. To influence somebody, we need to know what already influences them. It’s made up of three parts. First, what’s your target? What are you after? It’s not your desires. You can get your desires or goals. Who has ever got a goal or desire and thought, is this all there is?

Say, “Aye.” Audience: Aye.

It’s needs we have. I believe there are six human needs. Second, once you know what the target that’s driving you is and you uncover it for the truth — you don’t form it — then you find out what’s your map, what’s the belief systems that tell you how to get those needs. Some people think the way to get them is to destroy the world, some people, to build, create something, love someone. There’s the fuel you pick. So very quickly, six needs.

Let me tell you what they are. First one: certainty. These are not goals or desires, these are universal. Everyone needs certainty they can avoid pain and at least be comfortable. Now, how do you get it? Control everybody? Develop a skill? Give up? Smoke a cigarette? And if you got totally certain, ironically, even though we need that — you’re not certain about your health, or your children, or money. If you’re not sure the ceiling will hold up, you won’t listen to any speaker. While we go for certainty differently, if we get total certainty, we get what? What do you feel if you’re certain? You know what will happen, when and how it will happen, what would you feel? Bored out of your minds. So, God, in Her infinite wisdom, gave us a second human need, which is uncertainty. We need variety. We need surprise. How many of you here love surprises? Say, “Aye.”

Audience: Aye.

TR: Bullshit. You like the surprises you want. The ones you don’t want, you call problems, but you need them. So, variety is important. Have you ever rented a video or a film that you’ve already seen? Who’s done this? Get a fucking life.

(Laughter)

Why are you doing it? You’re certain it’s good because you read or saw it before, but you’re hoping it’s been long enough you’ve forgotten, and there’s variety.

Third human need, critical: significance. We all need to feel important, special, unique. You can get it by making more money or being more spiritual. You can do it by getting yourself in a situation where you put more tattoos and earrings in places humans don’t want to know. Whatever it takes. The fastest way to do this, if you have no background, no culture, no belief and resources or resourcefulness, is violence. If I put a gun to your head and I live in the ‘hood, instantly I’m significant. Zero to 10. How high? 10. How certain am I that you’re going to respond to me? 10. How much uncertainty? Who knows what’s going to happen next? Kind of exciting. Like climbing up into a cave and doing that stuff all the way down there. Total variety and uncertainty. And it’s significant, isn’t it? So you want to risk your life for it. So that’s why violence has always been around and will be around unless we have a consciousness change as a species. You can get significance a million ways, but to be significant, you’ve got to be unique and different.

Here’s what we really need: connection and love, fourth need. We all want it; most settle for connection, love’s too scary. Who here has been hurt in an intimate relationship? If you don’t raise your hand, you’ve had other shit, too. And you’re going to get hurt again. Aren’t you glad you came to this positive visit? Here’s what’s true: we need it. We can do it through intimacy, friendship, prayer, through walking in nature. If nothing else works for you, don’t get a cat, get a dog, because if you leave for two minutes, it’s like you’ve been gone six months, when you come back 5 minutes later.

These first four needs, every human finds a way to meet. Even if you lie to yourself, you need to have split personalities. I call the first four needs the needs of the personality. The last two are the needs of the spirit. And this is where fulfillment comes. You won’t get it from the first four. You’ll figure a way, smoke, drink, do whatever, meet the first four. But number five, you must grow. We all know the answer. If you don’t grow, you’re what? If a relationship or business is not growing, if you’re not growing, doesn’t matter how much money or friends you have, how many love you, you feel like hell. And I believe the reason we grow is so we have something to give of value.

Because the sixth need is to contribute beyond ourselves. Because we all know, corny as that sounds, the secret to living is giving. We all know life is not about me, it’s about we. This culture knows that, this room knows that. It’s exciting. When you see Nicholas talking about his $100 computer, the most exciting thing is: here’s a genius, but he’s got a calling now. You can feel the difference in him, and it’s beautiful. And that calling can touch other people.

My life was touched because when I was 11 years old, Thanksgiving, no money, no food, we were not going to starve, but my father was totally messed up, my mom was letting him know how bad he messed up, and somebody came to the door and delivered food. My father made three decisions, I know what they were, briefly. His focus was “This is charity. What does it mean? I’m worthless. What do I have to do? Leave my family,” which he did. It was one of the most painful experiences of life. My three decisions gave me a different path. I set focus on “There’s food.” What a concept!

(Laughter)

But this is what changed my life, shaped me as a human being. Somebody’s gift, I don’t even know who it is. My father always said, “No one gives a shit.” And now somebody I don’t know, they’re not asking for anything, just giving us food, looking out for us. It made me believe this: that strangers care. And that made me decide, if strangers care about me and my family, I care about them. I’m going to do something to make a difference. So when I was 17, I went out on Thanksgiving, it was my target for years to have enough money to feed two families. The most fun and moving thing I ever did in my life. Next year, I did four, then eight. I didn’t tell anybody what I was doing, I wasn’t doing it for brownie points. But after eight, I thought I could use some help.

So I went out, got my friends involved, then I grew companies, got 11, and I built the foundation. 18 years later, I’m proud to tell you last year we fed 2 million people in 35 countries through our foundation. All during the holidays, Thanksgiving, Christmas, in different countries around the world.

(Applause)

Thank you. I don’t tell you that to brag, but because I’m proud of human beings because they get excited to contribute once they’ve had the chance to experience it, not talk about it.

So, finally — I’m about out of time. The target that shapes you — Here’s what’s different about people. We have the same needs. But are you a certainty freak, is that what you value most, or uncertainty? This man couldn’t be a certainty freak if he climbed through those caves. Are you driven by significance or love? We all need all six, but what your lead system is tilts you in a different direction. And as you move in a direction, you have a destination or destiny. The second piece is the map. The operating system tells you how to get there, and some people’s map is, “I’m going to save lives even if I die for other people,” and they’re a fireman, and somebody else says, “I’m going to kill people to do it.” They’re trying to meet the same needs of significance. They want to honor God or honor their family. But they have a different map.

And there are seven different beliefs; I can’t go through them, because I’m done. The last piece is emotion. One of the parts of the map is like time. Some people’s idea of a long time is 100 years. Somebody else’s is three seconds, which is what I have. And the last one I’ve already mentioned that fell to you. If you’ve got a target and a map — I can’t use Google because I love Macs, and they haven’t made it good for Macs yet. So if you use MapQuest — how many have made this fatal mistake of using it? You use this thing and you don’t get there. Imagine if your beliefs guarantee you can never get to where you want to go.

(Laughter)

The last thing is emotion. Here’s what I’ll tell you about emotion. There are 6,000 emotions that we have words for in the English language, which is just a linguistic representation that changes by language. But if your dominant emotions — If I have 20,000 people or 1,000 and I have them write down all the emotions that they experience in an average week, and I give them as long as they need, and on one side they write empowering emotions, the other’s disempowering, guess how many emotions they experience? Less than 12. And half of those make them feel like shit. They have six good feelings. Happy, happy, excited, oh shit, frustrated, frustrated, overwhelmed, depressed. How many of you know somebody who, no matter what happens, finds a way to get pissed off?

(Laughter)

Or no matter what happens, they find a way to be happy or excited. How many of you know somebody like this?

When 9/11 happened, I’ll finish with this, I was in Hawaii. I was with 2,000 people from 45 countries, we were translating four languages simultaneously for a program I was conducting, for a week. The night before was called Emotional Mastery. I got up, had no plan for this, and I said — we had fireworks, I do crazy shit, fun stuff, and at the end, I stopped. I had this plan, but I never know what I’m going to say. And all of a sudden, I said, “When do people really start to live? When they face death.” And I went through this whole thing about, if you weren’t going to get off this island, if nine days from now, you were going to die, who would you call, what would you say, what would you do? That night is when 9/11 happened.

One woman had come to the seminar, and when she came there, her previous boyfriend had been kidnapped and murdered. Her new boyfriend wanted to marry her, and she said no.

He said, “If you go to that Hawaii thing, it’s over with us.” She said, “It’s over.” When I finished that night, she called him and left a message at the top of the World Trade Center where he worked, saying, “I love you, I want you to know I want to marry you. It was stupid of me.” She was asleep, because it was 3 a.m. for us, when he called her back, and said, “Honey, I can’t tell you what this means. I don’t know how to tell you this, but you gave me the greatest gift, because I’m going to die.” And she played the recording for us in the room. She was on Larry King later. And he said, “You’re probably wondering how on Earth this could happen to you twice. All I can say is this must be God’s message to you. From now on, every day, give your all, love your all. Don’t let anything ever stop you.” She finishes, and a man stands up, and he says, “I’m from Pakistan, I’m a Muslim. I’d love to hold your hand and say I’m sorry, but frankly, this is retribution.” I can’t tell you the rest, because I’m out of time.

(Laughter)

Are you sure?

(Laughter)

10 seconds!

(Laughter and applause)

10 seconds, I want to be respectful. All I can tell you is, I brought this man on stage with a man from New York who worked in the World Trade Center, because I had about 200 New Yorkers there. More than 50 lost their entire companies, friends, marking off their Palm Pilots. One financial trader, woman made of steel, bawling — 30 friends crossing off that all died. And I said, “What are we going to focus on? What does this mean and what are we going to do?”

And I got the group to focus on: if you didn’t lose somebody today, your focus is going to be how to serve somebody else. Then one woman stood up and was so angry, screaming and yelling. I found out she wasn’t from New York, she’s not an American, doesn’t know anybody here. I asked, “Do you always get angry?” She said, “Yes.” Guilty people got guilty, sad people got sad. I took these two men and I did an indirect negotiation. Jewish man with family in the occupied territory, someone in New York who would have died if he was at work that day, and this man who wanted to be a terrorist, and I made it very clear. This integration is on a film, which I’d be happy to send you, instead of my verbalization, but the two of them not only came together and changed their beliefs and models of the world, but worked together to bring, for almost four years now, through various mosques and synagogues, the idea of how to create peace. And he wrote a book, called “My Jihad, My Way of Peace.” So, transformation can happen.

My invitation to you is: explore your web, the web in here — the needs, the beliefs, the emotions that are controlling you, for two reasons: so there’s more of you to give, and achieve, too, but I mean give, because that’s what’s going to fill you up. And secondly, so you can appreciate — not just understand, that’s intellectual, that’s the mind, but appreciate what’s driving other people. It’s the only way our world’s going to change.

God bless you, thank you. I hope this was of service.

(Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

(拍手) 私は困難と興奮の 両方を感じています 興奮は この場で恩返し ができるからで 困難は 私のセミナーは 一番短くて 50時間だからです (笑) 誇張ではないです セミナーは週末にしていて コーチングなんかをしていますが イマージョン学習に興味があって— 皆さんは言語をどう学びましたか? 基本を習っただけ ではないでしょう 何度も繰り返して 身につけたはずです

私がここにいる理由は クレイジーな 男だからというのは別として やる気を引き出すため ではありません 皆さんには 必要ないですよね みんなそれが私の仕事と 思っているようで 大違いですなんですが 「やる気なら間に合ってる」と 言われることがあって 「私の仕事はそんなんじゃないですよ」 と答えています 「なぜ」を探求するのが私です 人が行動する理由を知りたいんです

皆さんを行動に 突き動かすのは何か? 今 皆さんの人生を動かしているのは何か? 10年前と何が変わったか? それとも同じことを 繰り返しているのか? 内的動機付けの 見えない力こそが 世界で最も大事なものだと 信じているからです 感情こそ 人生の原動力だと 信じているからこそ 私はここにいます この場にいる人は皆 素晴らしい心の持ち主です まあ 大部分はそうでしょう? 他の分野はともかく 考え方はみんな分かっていて 何でも合理化できます 何だってできます 数日前にやっていた話には同意します 人は利己的に行動する というやつです

でも時に それは 当てはまりません いつでも利己的な わけではないのです 感情がからむと 思考の回路が 変わるからです 世の中のあり方について 私たちが 知的に考えるのは 素晴らしいことです 頭のいい人は 頭の中で ゲームだってできます でも一番知りたいのは 何が人を動かすのか

この講演の終わりまでに 皆さんを説得したいのは 自分が今いる場所を 探索するということです 理由の1つは もっと 貢献できるように もう1つは 他の人を もっと理解し もっと認め 今日の社会が直面する問題に 歯止めをかけられる 「つながり」を 作り出すためです 私たちを繋ぐテクノロジーで 問題は拡大するばかりです テクノロジーで私たちは接し合いますが 接し合うことが必ずしも 「皆が皆を理解し 皆が皆を認める」 という視点を 作り出しはしないからです

私が30年間 夢中になってきたのは 「何が人生の質に違いをもたらし 何が成果の違いをもたらすのか?」 ということです それが私の仕事です 今すぐ結果を出すこと それが30年間 私のやってきたことです 電話がかかってきます 全国放送で中継されるゴルフの試合で 選手が大きなミスをして 5打差もあったのに コースに戻れなくなったと 即座に答えを出さないと 無に帰します あるいはまた 電話で 子どもが自殺を図っていると 即座に何とかしなければならない この29年間 ありがたいことに 私は一度もやり損ねませんでした これから先もやり損ねない とは言えませんが そうできた理由は 人間のニーズへの理解にあります

そういった電話を受けたとき 問題なのは そこなんです どうやって変えるか? それに人が自分を越えた何かに 貢献する能力を形作るのは何か ということも探求しています だから本当の疑問が 何かというと 人生を見ていると 2つ大きな教訓があって 1つは達成の科学 うまくいくものがすべて よく身に付けているものです 見えないものを どうやって 見えるようにするか 夢見ていることを どうやって 実現するか ビジネス 社会貢献 お金 何であれ 自分 友達 家族 誰のためであれ

一方で 身に付けられる人が少ないのは 充足の技です 科学は易しいですからね 規則があり コードを書けば 結果が出ます 一度ゲームを理解すれば 掛け金を上げられます しかし充足となると これは技です というのも それは 認めることであり 貢献することだからです 自分で感じ取るしかありません ある現実の疑問に答えるための 面白い実験の機会が あったんですが その疑問とは「すべてを与えられた時に 人はどう変わるか?」です リソースやなにか 必要と言うものを すべて与えます 100ドルPCではなく 最高級のPCをあげます 愛や喜びを与え 彼らの満足のために 尽くします そうした人たちは 得てして 皆さんご存じと思いますが 愛 教育 お金 後ろ盾に 恵まれながら 更正施設を出入りして 人生の残りを過ごすのです 一方で 究極の苦難の 中にある人々が 心理的 性的 精神的 感情的に 虐げられながらも 社会に大きく 貢献することがあります

これはどういうことなのか 我々は問わねばなりません 我々を形作るのは 一体何なのか? 我々はセラピー文化に 生きています その意味は すべては過去で決まると 思い込んでいるということです そのように考えているなら そもそも この場にいないでしょうが 多くの社会で人生は 運命だと考えられています 過去と未来に違いはありません そこに生きていればそうなります この場のみんなが 知っていて 思い起こさなければならないのは— というのも 何をすべきか 頭で分かっていても 実際やるとは限らないので—

思い起こすべきなのは 決断には究極の力がある ということです 何か達成しそこねたことについて 尋ねてみたなら 人生で重要なことを達成し そこねたかことのある人は 「はい」と答えてください

はい

熱意ある参加ありがとう (笑)

なぜできなかったのか 聞いてみたなら 部下や パートナーや 自分自身に 失敗した理由を聞いたなら どう答えるでしょう? 知識が足りなかった 資金がなかった 時間がなかった 技術がなかった マネージャーがダメだった

(アル・ゴア) 連邦最高裁がダメだった

それでは— (拍手) それでは— (拍手) 連邦最高裁も含め ここで共通しているものは何か? (笑) リソースが足りなかったと言います それはその通りかもしれません 資金や 連邦最高裁の 問題かもしれない でも それは決定的要因 ではないんです (拍手) 間違っていたら 正してください 決定的要因はリソースではなく 問題解決力です 私が言いたいのは もし人間的な 感情があるなら これは一昨日の あなたの姿に 強く見出したものですが もしあの感情をもって 話していたなら きっと勝っていたはずです (拍手)

まあ どうすべきか 言うのは簡単ですけどね (笑) 「ロビンズのばかが」 でもあの時 討論を見ていて この人の知性や能力に対する 理解を妨げる感情がありました それがあの日 ある人々に訪れたのです あなたに投票したかったのに しなかった人がいるのを知っています 私は苛立ちましたが そこにはある感情があったのです 私の言うことが分かる人?

(観衆) はい

つまり感情なのです 適切な感情を持ったなら 何だって やり遂げられます クリエイティブで 陽気で 楽しかったなら 意志は通じるでしょ?

(観衆) はい

お金がなくても 創意と決意で 道は見つけられる それが究極のリソースなのです でもみんなが言い訳する話は 違っています みんないろんな 言い訳をします リソースがどうとか でも究極的には こちらを見てもらうと 達成できなかった言い訳は— その次のスライドです 誰かさんのお陰で すっかり調子が狂いました (笑) 熱意は評価しますよ (笑)

リソースを決めるのは何か? 決断が運命を作ると言いました その決断には3つあります 何に集中するか 集中するところを すぐ決める必要があります 意識するにせよ しないにせよ 集中するものを決めた瞬間 それに意味付け するようになり そして意味は 感情を生み出すのです これは終わりなのか始まりなのか? 神は罰しているのか報いているのか あるいはサイコロの目に過ぎないのか そして感情が 行動を引き出すのです

決断が運命を開いた時を 思い起こしてください 重たい話に聞こえるでしょうが ここ5年 10年 15年で もし違う決断を していたら 人生がまったく違う ものになっていた そういう例を いくつ思い付くでしょう? 良くも悪くも ありますよね?

(観衆) はい

結果は 勤め先だったり 人生の伴侶だったり 仕事上の決断かもしれません ここにいたGoogleの天才たちは 最初技術を 売るつもりでした もし彼らが 自ら文化を 生み出す代わりに そうしていたなら 世界はどう違っていたか? 彼らの人生やインパクトは どう違っていたか? 歴史はそういった 決断の結果なのです ある女性が立ち上がって 「バスの後ろに行く気はないわ」と言う 自分の人生だけでなく 文化全体に影響を与えたのです あの戦車の前に立ちはだかる男もそう ランス・アームストロングの 立場だったとして 「精巣癌です」と告知されたら 男性には辛いことです 特に自転車乗りには (笑) 脳に腫瘍ができたら 肺にできたら 彼は何に集中する決断を したでしょう? 多くの人とは 違うことです それは終わりではなく 始まりです そこで自分は何をするのか? それまで勝ったことのない選手権で 彼はその後 7回優勝します 感情的にタフになったからです 心理的な強さです 人間として違うところです 私はラボを通し

29年に渡り 80カ国の 300万人と関わってきて そのうちパターンが 見えるようになりました 南アメリカとアフリカは 昔繋がっていたのかもしれない みんな「ばかばかしい」と言います ランスを形作ったのは何か? 2つの見えない力です 1つは「状態」 みんな経験があると思いますが 何かをしては 振り返り 「何でやったんだ?」 「馬鹿じゃないのか」と思う そういうことのある人?

(観衆) はい

何かやった後に 「あれやったの俺だぜ!」 と思ったことは? (笑) これは能力でなく 状態です 世界のモデルが 長期的には 自分を形作るのです 世界のモデルはフィルタです それが私たちを形作ります それが決断をさせます 誰かに影響を与えたいなら 何に影響されるか 知ることです 3つの部分が あると思います 1つは目的 何を追い求めているのか これは欲求とは違います これまでにゴールを達成して 「もっとないのか?」と 思ったことのある人? そういう経験あるでしょう?

(観衆) はい

私たちが持っているのはニーズで 人のニーズには6つあります もう1つは 自分を動かす 目的を把握したら それを顕わにします 作るのではなく顕わにするのです すると地図が見つかります ニーズを満たす方法を示す 信念システムです ニーズを満たす方法が 世界の破壊という人もいます 何かを作ることだという人 誰かを愛することだという人もいます それが自分に合った燃料なのです では6つのニーズを簡単に説明しましょう

1つ目は「確実性」です ニーズは ゴールや欲求と違い 普遍的です みんな苦痛を避け 快適さを求めるため 確実性を必要とします どうやって手に入れるか? 人を支配する? スキルを磨く? あきらめる? 煙草を吸う? すっかり確実性を手に入れると 皮肉なことに 必要なものであるにもかかわらず 健康や子どもやお金への 不安があると あまり考えられなくなります 天井が崩れ落ちないか不安なら 講演なんて上の空になります しかし確実性を追って すっかり手に入れたなら どう感じるでしょう? 何が いつ どう起きるか 分かっていたら どう感じるか 退屈するでしょう 神はその無限の叡智で— (笑) 人間に第2のニーズとして 「不確かさ」を与えたのです 私たちは変化を 驚きを必要とします 驚きが好きな人は?

(観衆) はい

ウソだね 好きなのは 好ましい驚きだけでしょう (笑) 問題を起こしたくはないけれど 必要としているのです 変化は重要です 見たことのある映画を 借りたことありますか? やったことのある人? 他にやることないの? (笑) どうしてそんなことを するのか? いい映画だし 前に見たのは随分前で 忘れているので 変化があると期待するのです

第3のニーズは 「重要性」です 重要だ 特別だ 唯一だと感じたい お金を稼ぐことで得られ 精神性を求めることで得られます タトゥーやピアスを 誰も見たがらないような場所に 入れることで 得られます でも一番手っ取り早いのは 暴力です 何の経歴も 文化も 信条も リソースも 能力もないなら 暴力です 頭に銃を突きつけたなら 相手にとって私は即座に 重要になります 0 から10のレベルのどこかと 言えば 10でしょう 相手が私に反応する確実性は 10 です では不確実性は? 何が起こるか分からない興奮です 洞窟をよじ登って 下まで滑り降りるような まったくの変化と不確実性です そして命を賭けようと思うのも 重要性のためです それが常に暴力が 存在する理由です 種として意識的に 変わろうとでもしない限り 重要性を得る方法は 無数にありますが ユニークで違ったものに なる必要があります

そして本当に必要なもの「繋がりと愛」 第4のニーズです みんな愛を望みますが 多くの人は繋がりに落ち着きます 愛は怖いからです 傷つきたくない 深い関係で傷ついた ことのある人 (笑) 手を挙げない人は 別な問題を 抱えることになるね (笑) そしてまた傷つくことになる このポジティブな集まりに 来て良かったでしょう? (笑) これは必要なもので 親密さ 友情 祈り 自然の中を歩くこと などを通して得られます どれもうまくいかなかったら 犬を飼いましょう ほんの数分離れていただけでも 半年ぶりに会うかのように 喜びます (笑)

はじめの4つのニーズは 誰もが出会えるものです 自分に嘘をつこうと 人格を分裂させる必要があろうと でも残りの2つは違います 最初の4つは人格的ニーズでしたが あとの2つは精神的ニーズです これこそ 充足の 得られるものです 最初の4つで充足は得られません 喫煙 飲酒なんかでも最初の4つは得られますが あとの2つはそうはいきません 第5のニーズ「成長」 これはみんな知っています 成長しなければ 人間関係が発展しなければ ビジネスが成長しなければ 自分が成長しなければ お金がいくらあっても 無意味です どれほど友達や 愛してくれる人がいようと 地獄のように感じるでしょう 私たちが成長する理由は 与えられる価値あるものを 持つためです

第6のニーズは 自分を越えた 「貢献」です 言い古されてますが 生きる秘訣は与えることです 人生とは「私」ではなく「私たち」のもの 文化はそれを知っており この場のみんなが知っています ネグロポンテが 100ドルPCの話をしたとき 何よりも興奮するのは 今や彼は天才というだけでなく 使命があるということです 彼の変化を感じられ それは素晴らしいことです 彼の使命は 他の人も感化します 私の人生にもありました 11歳の時ですが 感謝祭にお金も食べ物もなく 飢えていました 父はまったく失敗し 母は父にそれを 分からせようとしていました そこへ誰かが戸口にやってきて 食べ物を届けてくれました 父は3つの決意をしました 「これは慈善だ それはどういう意味か 自分は無価値ということ 何をすべきだったのか? 家族を離れよう」 それが父のしたことです これは私の最も辛い体験でした 私の3つの決意は違った道を辿りました 1番目「食料確保への集中」 なんて考えでしょう! (笑)

2番目 これは私の人生を 形作ったものですが 「知らない人からの贈り物」 父はいつも言っていました 「誰も気にかけてくれはしない」 それが突然 知らない人が 何も求めることなく ただ私の家族に気を配り 食べ物をくれたのです それは私に考えさせました 「他人が気にかけてくれるというのは どういうことだろう?」 他人が自分を気に かけてくれるなら 自分も人のことを 気にかけて 何かをしよう それで17歳の時の感謝祭の日に それまで貯めていたお金で 2つの家族に 食べ物を届けたのです 私の人生で最高に楽しく 感動的な体験でした 次の年は4家族に 誰にもその話はせずにです その次の年は8家族 褒められたくてやったんじゃありません でもその後に クソッ 誰かの助けがいる と思いました (笑)

それで私はどうしたでしょう? 友達を誘って 会社を作りました 11の会社ができ 基金を作りました 18年たった今 誇りを持って言えます この基金を通じて 35カ国の200万人に 感謝祭やクリスマスの休日に 食べ物を届けました (拍手) 世界中のあらゆる国で 素晴らしいことでした (拍手) ありがとうございます (拍手) この話をするのは 自慢のためではなく 人間であることに誇りを感じるからです みんな貢献できることにワクワクしています 言えるからではなく 体験できるからです

もう時間切れですが 最後に 目的が人間を作るという話をします 人によって違うところです 同じニーズを持っていても 一番重視するのは 確実性か それとも不確実さか? 洞窟を登る人間は確実性派ではありません 動かされるのは 重要性か愛か 6つとも必要ですが どれを優先するかによって 向かう方向が変わってきます そして向かう方向によって 行き着く先も変わります もう1つの要素は地図です 目的地への行き方を示してくれる システムと考えください ある人の地図は 「たとえ自分の命にかえても 人の命を救う」 消防士です あるいは 「目的のためには人を殺しもする」 重要性のニーズを満たそうとします 神や家族のために働こうとしますが 持っている地図が違います

異なる信条が7つあります 時間がないので この話ははしょります そして最後の要素が感情です 地図のある部分は時間ですが 長い時間が100年を指す人もいれば 3秒の人もいます 私に残された時間ですね (笑) 最後のやつは自分に かかってきます 目的があって 地図があれば Macでうまく動かないので Googleマップを使えないんですが MapQuestを使うという 致命的な判断をした人は どれくらいいますか? (笑) 目的地にたどり着けません 自分の信念が 目的地にたどり着けないことを 保証するとしたらどうでしょう? (笑)

最後は感情です 英語で名前のついている感情は 6000種類あります 単なる言語表現ですが 言語によって違います しかし支配的な感情が— もっと時間があれば 普段体験する あらゆる感情を みんなに書いてもらい 必要なだけ時間をかけて 紙の両面に それぞれ 力付ける感情と 無力化する感情を書きます 何種類の感情を体験すると思いますか? 12個以下です その半分はクソみたいに感じさせるもので 良い感情は5、6個 たがらこんな感じです 「嬉しい 嬉しい 興奮する くそっ むかつく むかつく 落ち込む うんざりする」 何が起ころうとも 腹を立てる人間を 知っているという人は どれくらいいますか? (笑) 一方で 何が起きようとも 幸せや興奮を 見出す人もいるでしょう?

9.11テロが起こったとき 私はハワイにいました 45カ国から2000人が参加し 4カ国語に同時通訳される 1週間に渡るプログラムでした その夜のテーマは 「感情をマスターする」でしたが 何をするかまだ決めてなくて 花火や何やら 楽しいものを用意していて こういう予定ですと 言うつもりでしたが 予定通りにやったためしがなく 突然こう言いました 「人が本当に生き始めるのはいつか? 死に直面したときです」 そしてこう続けました 9日後にこの島を出ることなく 死ぬとしたら 誰に電話して何と言い 何をしますか? これは 9.11テロの起きている 最中でしたが ある女性がセミナーに 来て話しました 前の彼氏は 誘拐され 殺されていました 今の彼氏にプロポーズされましたが 彼女は断りました

「もしそのハワイのセミナーに行くなら 僕たちは終わりだ」 「終わりにしましょう」 セミナーの後 彼女は彼に電話し 彼は貿易センタービルの 最上階で働いていていたんですが 伝言を残しました 「愛してるわ 結婚したいとだけ伝えたかったの 私バカだったわ」 彼が電話をかけ返してきたとき こちらでは朝の3時で 彼女は眠っていました 「これが何を意味するのか わからないけど 君は僕にとても素晴らしい 贈り物をしてくれたんだ 僕は死んでいくんだから」 彼女はその録音をみんなに 聞かせてくれました 彼女は後にラリー・キングの番組にも出ています 彼は言いました 「何で2度もこんなことが 起きるのかと思うだろうけど これは君への神の メッセージだと思う これからの人生 日々 持てるものを与え 全力で愛しなさい 何者にも立ち止まらずに」 彼女が話し終えると 男が立ち上がりました 「私はパキスタン人で イスラム教徒です あなたの手を握って言いたい お気の毒ですが これは報いです」 続きは話せませんね 時間切れです (ブーイング) じゃあ10秒で (拍手)

10秒で話しましょう 時間は守りたい その男性と 世界貿易センターで働く ニューヨークの男性に ステージに上がってもらいました その場にニューヨークから来た人が 200人ほどいて 会社や 友人を失った人も 50人いました トレーダーをしている鉄のような女性が 30人の友人を失い 泣いていました 私は彼ら言いました 「何に焦点を当てましょうか? これは何を意味しているのか 我々は何をすべきか?」

このテーマをみんなに 考えてもらいました 今日 誰かを失わなかった人は 他の誰かを どう助けるか がテーマです ある女性が立ち上がって すごく怒って叫び出しました ニューヨークの人でも アメリカ人でもないのに 誰も知っている人はいませんでした 「いつも怒っているんですか?」 彼女は「ええ」と 罪のある人は罪を 悲しい人は悲しみを感じました それからさっきの2人に 代表として議論してもらいました 占領地区に家族のいるユダヤ人で もし普段通り仕事に行っていたら 死んでいただろうニューヨークの人と テロリストになりたいという 意志を持つ人です ビデオがありますので ご覧になりたい方には お送りします 私の話よりいいでしょう 2人は歩み寄っただけでなく 信条と世界観を変えました 彼らはもう4年も一緒に モスクやシナゴーグを通して 平和のための活動をしています 彼はまた 「私の聖戦 — 平和への道」という本も 書きました 変化は起こせるのです

だから皆さんに 頭の中にある織物— 自分をコントロールしている ニーズ 信念 感情を 探求してほしいのです 2つの理由があります より多くの人が与え 達成すること みんなそうしたいとは 思っています 与えることでこそ 私たちは満たされるのです もう1つは 認められるようになること 知的に理解するだけでなく 他の人を動かしているものを 認めるということです それこそが この世界を変えられる 唯一のものです ありがとうございました お役に立てたなら光栄です (拍手)

 

まとめ

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/tony_robbins_asks_why_we_do_what_we_do

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。