オススメTED動画 水中の驚き

水中の驚き by デイビッド・ガロ

オススメポイント

私たち人類は海についてまだ3%しかわかっていません。残り97%にどんな驚きがあるのか?イカやタコを例に解説しています。最後には、驚きが!プレゼンテーションの勉強にもなりますね。このプレゼンテーションでは、未確認の生物が多く残っているということに気づかされるプレゼンテーションです。理系の方には是非観ていただきたいです。

再生時間

5分27秒

オリジナル動画


英訳

We’re going to go on a dive to the deep sea, and anyone that’s had that lovely opportunity knows that for about two and half hours on the way down, it’s a perfectly positively pitch-black world. And we used to see the most mysterious animals out the window that you couldn’t describe: these blinking lights — a world of bioluminescence, like fireflies. Dr. Edith Widder — she’s now at the Ocean Research and Conservation Association — was able to come up with a camera that could capture some of these incredible animals, and that’s what you’re seeing here on the screen.

That’s all bioluminescence. Like I said: just like fireflies. There’s a flying turkey under a tree.

(Laughter)

I’m a geologist by training. But I love that. And you see, some of the bioluminescence they use to avoid being eaten, some they use to attract prey, but all of it, from an artistic point of view, is just positively amazing. And a lot of what goes on inside — There’s a fish with glowing eyes, pulsating eyes. Some of the colors are designed to hypnotize, these lovely patterns. And then this last one, one of my favorites, this pinwheel design. Just absolutely amazing, every single dive.

That’s the unknown world, and today we’ve only explored about 3 percent of what’s out there in the ocean. Already we’ve found the world’s highest mountains, the world’s deepest valleys, underwater lakes, underwater waterfalls — a lot of that we shared with you from the stage. And in a place where we thought no life at all, we find more life, we think, and diversity and density than the tropical rainforest, which tells us that we don’t know much about this planet at all. There’s still 97 percent, and either that 97 percent is empty or just full of surprises.

But I want to jump up to shallow water now and look at some creatures that are positively amazing. Cephalopods — head-foots. As a kid I knew them as calamari, mostly.

(Laughter)

This is an octopus. This is the work of Dr. Roger Hanlon at the Marine Biological Lab, and it’s just fascinating how cephalopods can, with their incredible eyes, sense their surroundings, look at light, look at patterns. Here’s an octopus moving across the reef, finds a spot to settle down, curls up and then disappears into the background. Tough thing to do.

In the next bit, we’re going to see a couple squid. Now males, when they fight, if they’re really aggressive, they turn white. And these two males are fighting. They do it by bouncing their butts together, which is an interesting concept. Now, here’s a male on the left and a female on the right, and the male has managed to split his coloration so the female only always sees the kinder, gentler squid in him.

(Laughter)

Let’s take a look at it again. Watch the coloration: white on the right, brown on the left. He takes a step back, he’s keeping off the other males by splitting his body, and comes up on the other side — Bingo! Now, I’m told that’s not not just a squid phenomenon with males, but I don’t know.

(Laughter)

Cuttlefish. I love cuttlefish. This is a Giant Australian Cuttlefish. And there he is, his droopy little eyes up here. But they can do pretty amazing things, too. Here we’re going to see one backing into a crevice, and watch his tentacles — he just pulls them in, makes them look just like algae. Disappears right into the background. Positively amazing. Here’s two males fighting. Once again, they’re smart enough, these cephalopods; they know not to hurt each other. But look at the patterns that they can do with their skin. That’s an amazing thing.

Here’s an octopus. Sometimes they don’t want to be seen when they move, because predators can see them. This guy can make himself look like a rock, and, looking at his environment, can actually slide across the bottom, using the waves and the shadows so he can’t be seen. His motion blends right into the background — the moving rock trick.

So, we’re learning lots new from the shallow water. Still exploring the deep, but learning lots from the shallow water. There’s a good reason why: the shallow water’s full of predators — here’s a barracuda — and if you’re an octopus or a cephalopod, you need to really understand how to use your surroundings to hide.

In the next scene, you’re going to see a nice coral bottom. And you see that an octopus would stand out very easily there if you couldn’t use your camouflage, use your skin to change color and texture. Here’s some algae in the foreground — and an octopus. Ain’t that amazing?

Now, Roger spooked him, so he took off in a cloud of ink, and when he lands, the octopus says, “Oh, I’ve been seen. The best thing to do is to get as big as I can get.” That big brown makes his eyespot very big. So, he’s bluffing. Let’s do it backwards. I thought he was joking when he first showed it to me. I thought it was all graphics. So here it is in reverse. Watch the skin color; watch the skin texture. Just an amazing animal, it can change color and texture to match the surroundings. Watch him blend right into this algae. One, two, three.

(Applause)

And now he’s gone, and so am I. Thank you very much.

(Applause)

日本語字幕


日本語訳

深海へ潜っていきましょう このすばらしい体験をしたことがある人であれば知っていると思いますが 2時間半ほど潜っていくと 完全に真っ暗な世界にたどり着きます そこでは言葉では言い表すことのできない 最も神秘的な生物を見ることができます。 生物発光の世界です エディス・ウィッター博士は現在、海洋調査保護団体に所属し、 これらの驚くべき生物を 撮影することができるカメラを発明しました これがその映像です

ホタルと同じ生物発光です これは、空飛ぶ七面鳥です 私は地質学者としての教育を受けましたが、これは大好きです この発光生物は食べられないように、 この発光生物は天敵から食べられないように、 または獲物をおびき寄せる為に光っているのです そんなことよりも、ただただ芸術的に美しい。 深海ではいろんなことが中で起こっています これは光を発し、脈打つ目を持った魚です 天敵に催眠をかけるための色もあります かわいらしい模様ですね。そして最後は 私のお気に入りの一つで、かざぐるまのような模様をしています 深海に潜るといつも本当に感嘆するのです

これはまだ未知の世界です。そして私達人類はまだ 海について3%しかわかっていないのです 私達はすでに世界一高い山や、 世界一深い谷、世界一の湖、滝などを 発見してきました これらは我々が共通して知っていることです しかし、生物がいないと思っていた場所に 熱帯雨林以上に多くの生物が 多様に、密集して存在していたのです 人間はそれほどこの惑星のことを知らなかったのです まだ97%も残っているのです。そこには何もないのか、驚きに満ちているのか

さて、お次は浅瀬にあがって 実に見事な生き物を見てみましょう 頭足類といっても子供のころ私はイカフライぐらいしか知りませんでした 今映っているのはタコです 海洋生物研究所の ロジャー・ハンロン博士の研究によれば、頭足類は 並外れた目で周りの状況を感じ取り、 周りの光や様子を見ているのです 珊瑚礁の上を這っているこのタコは 静止できる場所を見つけ、縮こまってその背景にとけ込んでしまいます 至難のわざですね

次は、2匹のイカです イカのオス同士がけんかをするとき もし攻撃的であれば、体の色を白くさせます このオス2匹はけんかしています このイカは互いのお尻をぶつけ合ってけんかするのです 面白いですね。次は、左側がオスで 右側がメスです ここではオスが自分の体の色を半分で分けています そしてメスはオスの親切で優しい色の方だけ見ているのです そしてオスはーもう一回見てみましょう もう一回です。見てください、この色分け。 右側は白色で、左側は茶色です 彼は少し後ろに下がり、一方の色を攻撃的な白にすることで、 他のオスを近寄らせないようにしているのです ほら! これはイカのオスに限った現象ではないようですが (拍手)

これはオーストラリアのダイオウイカです 垂れ下がった小さな目がありますね しかし、彼らは信じられないことができます 岩の割れ目に隠れようとしている一匹がいます そして彼の足に注目してください 足を引っ込めて、まるで海藻のように変えてしまうのです そして、背景にとけこんでいきます 次は2匹のオスがケンカをしています ここでも、彼らは本当に賢くて、この2匹のイカは 互いに傷つけません でも彼らの皮の表面のパターンを見てください 見事です

これはオーストラリアのダイオウイカです 垂れ下がった小さな目がありますね しかし、彼らは信じられないことができます 岩の割れ目に隠れようとしている一匹がいます そして彼の足に注目してください 足を引っ込めて、まるで海藻のように変えてしまうのです そして、背景にとけこんでいきます 次は2匹のオスがケンカをしています ここでも、彼らは本当に賢くて、この2匹のイカは 互いに傷つけません でも彼らの皮の表面のパターンを見てください 見事です

次は、美しい珊瑚の海底の場面です タコが体の色や質感を変えるなどして カモフラージュしなかったら ごく簡単に敵に見つかってしまいます ここでは海藻がゆれています そしてここにタコがいたのです。信じられないですよね?そして驚かすと、 黒い墨をはいて逃げ出そうとします そして海底に落ち着くと、「あー見つかっちゃった。」 「今度はできるだけ大きくなろう」 この大きな茶色い模様で目はものすごく大きく見えます 彼はだましていたんです。巻き戻して見ましょう 私は初め、これはジョークで、 CGかと思いました。逆再生しましょう 皮の表面の色とその質感を見てください ただただ感嘆させられます。周りの環境にとけ込むために 色と質感をも変えてしまうなんて。海藻に変身する様子を見てください 1、2、3 ここでタコは見えなくなりました。では私もここで…ありがとう

まとめ

タコが姿を消したので、私も姿を消します。とは。ユーモアあふれるプレゼンテーションですね。最後のタコのカモフラージュには驚かされました。純粋に水中の生物の映像を見て、驚いたり、すごいと感じたりするものです

地球上には、まだ未確認の生物が多く残っているということに気づかされるプレゼンです。地球の外の環境も分かり、宇宙の何万光年先の画像も見ることができ宇宙の誕生も徐々に解明されようとしていますが、まだまだ地球の中には多くの発見が残っているのですね。

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

Quote from「TED Talks」
http://www.ted.com/talks/david_gallo_shows_underwater_astonishments

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。