オススメTED動画 テスラモーターズ、SpaceX、ソーラーシティの夢

イーロン・マスク 「テスラモーターズ、SpaceX、ソーラーシティの夢」

オススメポイント

起業家イーロン・マスクには大いなるプランがあります——しかもたくさん。PayPal、テスラモーターズ、SpaceXの創業者が、TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンと膝を交え、大衆向け電気自動車、太陽光発電装置のリース事業、完全に再利用可能なロケットといった、彼の野心的なプロジェクトについて詳しく語ります。

再生時間

21分04秒

オリジナル動画


英訳

Chris Anderson: Elon, what kind of crazy dream would persuade you to think of trying to take on the auto industry and build an all-electric car?

Elon Musk: Well, it goes back to when I was in university. I thought about, what are the problems that are most likely to affect the future of the world or the future of humanity? I think it’s extremely important that we have sustainable transport and sustainable energy production. That sort of overall sustainable energy problem is the biggest problem that we have to solve this century, independent of environmental concerns. In fact, even if producing CO2 was good for the environment, given that we’re going to run out of hydrocarbons, we need to find some sustainable means of operating.

CA: Most of American electricity comes from burning fossil fuels. How can an electric car that plugs into that electricity help?

EM: Right. There’s two elements to that answer. One is that, even if you take the same source fuel and produce power at the power plant and use it to charge electric cars, you’re still better off. So if you take, say, natural gas, which is the most prevalent hydrocarbon source fuel, if you burn that in a modern General Electric natural gas turbine, you’ll get about 60 percent efficiency. If you put that same fuel in an internal combustion engine car, you get about 20 percent efficiency. And the reason is, in the stationary power plant, you can afford to have something that weighs a lot more, is voluminous, and you can take the waste heat and run a steam turbine and generate a secondary power source. So in effect, even after you’ve taken transmission loss into account and everything, even using the same source fuel, you’re at least twice as better off charging an electric car, then burning it at the power plant.

CA: That scale delivers efficiency.

EM: Yes, it does. And then the other point is, we have to have sustainable means of power generation anyway, electricity generation. So given that we have to solve sustainable electricity generation, then it makes sense for us to have electric cars as the mode of transport.

CA: So we’ve got some video here of the Tesla being assembled, which, if we could play that first video — So what is innovative about this process in this vehicle?

EM: Sure. So, in order to accelerate the advent of electric transport, and I should say that I think, actually, all modes of transport will become fully electric with the ironic exception of rockets. There’s just no way around Newton’s third law. The question is how do you accelerate the advent of electric transport? And in order to do that for cars, you have to come up with a really energy efficient car, so that means making it incredibly light, and so what you’re seeing here is the only all-aluminum body and chassis car made in North America. In fact, we applied a lot of rocket design techniques to make the car light despite having a very large battery pack. And then it also has the lowest drag coefficient of any car of its size. So as a result, the energy usage is very low, and it has the most advanced battery pack, and that’s what gives it the range that’s competitive, so you can actually have on the order of a 250-mile range.

CA: I mean, those battery packs are incredibly heavy, but you think the math can still work out intelligently — by combining light body, heavy battery, you can still gain spectacular efficiency.

EM: Exactly. The rest of the car has to be very light to offset the mass of the pack, and then you have to have a low drag coefficient so that you have good highway range. And in fact, customers of the Model S are sort of competing with each other to try to get the highest possible range. I think somebody recently got 420 miles out of a single charge.

CA: Bruno Bowden, who’s here, did that, broke the world record.EM: Congratulations.

CA: That was the good news. The bad news was that to do it, he had to drive at 18 miles an hour constant speed and got pulled over by the cops. (Laughter)

EM: I mean, you can certainly drive — if you drive it 65 miles an hour, under normal conditions, 250 miles is a reasonable number.

CA: Let’s show that second video showing the Tesla in action on ice. Not at all a dig at The New York Times, this, by the way. What is the most surprising thing about the experience of driving the car?

EM: In creating an electric car, the responsiveness of the car is really incredible. So we wanted really to have people feel as though they’ve almost got to mind meld with the car, so you just feel like you and the car are kind of one, and as you corner and accelerate, it just happens, like the car has ESP. You can do that with an electric car because of its responsiveness. You can’t do that with a gasoline car. I think that’s really a profound difference, and people only experience that when they have a test drive.

CA: I mean, this is a beautiful but expensive car. Is there a road map where this becomes a mass-market vehicle?

EM: Yeah. The goal of Tesla has always been to have a sort of three-step process, where version one was an expensive car at low volume, version two is medium priced and medium volume, and then version three would be low price, high volume. So we’re at step two at this point. So we had a $100,000 sports car, which was the Roadster. Then we’ve got the Model S, which starts at around 50,000 dollars. And our third generation car, which should hopefully be out in about three or four years will be a $30,000 car. But whenever you’ve got really new technology, it generally takes about three major versions in order to make it a compelling mass-market product. And so I think we’re making progress in that direction, and I feel confident that we’ll get there.

CA: I mean, right now, if you’ve got a short commute, you can drive, you can get back, you can charge it at home. There isn’t a huge nationwide network of charging stations now that are fast. Do you see that coming, really, truly, or just on a few key routes?

EM: There actually are far more charging stations than people realize, and at Tesla we developed something called a Supercharging technology, and we’re offering that if you buy a Model S for free, forever. And so this is something that maybe a lot of people don’t realize. We actually have California and Nevada covered, and we’ve got the Eastern seaboard from Boston to D.C. covered. By the end of this year, you’ll be able to drive from L.A. to New York just using the Supercharger network, which charges at five times the rate of anything else. And the key thing is to have a ratio of drive to stop, to stop time, of about six or seven. So if you drive for three hours, you want to stop for 20 or 30 minutes, because that’s normally what people will stop for. So if you start a trip at 9 a.m., by noon you want to stop to have a bite to eat, hit the restroom, coffee, and keep going.

CA: So your proposition to consumers is, for the full charge, it could take an hour. So it’s common — don’t expect to be out of here in 10 minutes. Wait for an hour, but the good news is, you’re helping save the planet, and by the way, the electricity is free. You don’t pay anything.

EM: Actually, what we’re expecting is for people to stop for about 20 to 30 minutes, not for an hour. It’s actually better to drive for about maybe 160, 170 miles and then stop for half an hour and then keep going. That’s the natural cadence of a trip. CA: All right. So this is only one string to your energy bow. You’ve been working on this solar company SolarCity. What’s unusual about that?

EM: Well, as I mentioned earlier, we have to have sustainable electricity production as well as consumption, so I’m quite confident that the primary means of power generation will be solar. I mean, it’s really indirect fusion, is what it is. We’ve got this giant fusion generator in the sky called the sun, and we just need to tap a little bit of that energy for purposes of human civilization. What most people know but don’t realize they know is that the world is almost entirely solar-powered already. If the sun wasn’t there, we’d be a frozen ice ball at three degrees Kelvin, and the sun powers the entire system of precipitation. The whole ecosystem is solar-powered.

CA: But in a gallon of gasoline, you have, effectively, thousands of years of sun power compressed into a small space, so it’s hard to make the numbers work right now on solar, and to remotely compete with, for example, natural gas, fracked natural gas. How are you going to build a business here?

EM: Well actually, I’m confident that solar will beat everything, hands down, including natural gas.

(Applause)CA: How?

EM: It must, actually. If it doesn’t, we’re in deep trouble.

CA: But you’re not selling solar panels to consumers. What are you doing? EM: No, we actually are. You can buy a solar system or you can lease a solar system. Most people choose to lease. And the thing about solar power is that it doesn’t have any feed stock or operational costs, so once it’s installed, it’s just there. It works for decades. It’ll work for probably a century. So therefore, the key thing to do is to get the cost of that initial installation low, and then get the cost of the financing low, because that interest — those are the two factors that drive the cost of solar. And we’ve made huge progress in that direction, and that’s why I’m confident we’ll actually beat natural gas.

CA: So your current proposition to consumers is, don’t pay so much up front.

EM: Zero.CA: Pay zero up front. We will install panels on your roof. You will then pay, how long is a typical lease?

EM: Typical leases are 20 years, but the value proposition is, as you’re sort of alluding to, quite straightforward. It’s no money down, and your utility bill decreases. Pretty good deal.

CA: So that seems like a win for the consumer. No risk, you’ll pay less than you’re paying now. For you, the dream here then is that — I mean, who owns the electricity from those panels for the longer term? I mean, how do you, the company, benefit?

EM: Well, essentially, SolarCity raises a chunk of capital from say, a company or a bank. Google is one of our big partners here. And they have an expected return on that capital. With that capital, SolarCity purchases and installs the panel on the roof and then charges the homeowner or business owner a monthly lease payment, which is less than the utility bill.

CA: But you yourself get a long-term commercial benefit from that power. You’re kind of building a new type of distributed utility.

EM: Exactly. What it amounts to is a giant distributed utility. I think it’s a good thing, because utilities have been this monopoly, and people haven’t had any choice. So effectively it’s the first time there’s been competition for this monopoly, because the utilities have been the only ones that owned those power distribution lines, but now it’s on your roof. So I think it’s actually very empowering for homeowners and businesses.

CA: And you really picture a future where a majority of power in America, within a decade or two, or within your lifetime, it goes solar?

EM: I’m extremely confident that solar will be at least a plurality of power, and most likely a majority, and I predict it will be a plurality in less than 20 years. I made that bet with someone —CA: Definition of plurality is?

EM: More from solar than any other source.

CA: Ah. Who did you make the bet with?

EM: With a friend who will remain nameless.

CA: Just between us. (Laughter)

EM: I made that bet, I think, two or three years ago, so in roughly 18 years, I think we’ll see more power from solar than any other source.

CA: All right, so let’s go back to another bet that you made with yourself, I guess, a kind of crazy bet. You’d made some money from the sale of PayPal. You decided to build a space company. Why on Earth would someone do that? (Laughter)

EM: I got that question a lot, that’s true. People would say, “Did you hear the joke about the guy who made a small fortune in the space industry?” Obviously, “He started with a large one,” is the punchline. And so I tell people, well, I was trying to figure out the fastest way to turn a large fortune into a small one. And they’d look at me, like, “Is he serious?”

CA: And strangely, you were. So what happened?

EM: It was a close call. Things almost didn’t work out. We came very close to failure, but we managed to get through that point in 2008. The goal of SpaceX is to try to advance rocket technology, and in particular to try to crack a problem that I think is vital for humanity to become a space-faring civilization, which is to have a rapidly and fully reusable rocket.

CA: Would humanity become a space-faring civilization? So that was a dream of yours, in a way, from a young age? You’ve dreamed of Mars and beyond?

EM: I did build rockets when I was a kid, but I didn’t think I’d be involved in this. It was really more from the standpoint of what are the things that need to happen in order for the future to be an exciting and inspiring one? And I really think there’s a fundamental difference, if you sort of look into the future, between a humanity that is a space-faring civilization, that’s out there exploring the stars, on multiple planets, and I think that’s really exciting, compared with one where we are forever confined to Earth until some eventual extinction event.

CA: So you’ve somehow slashed the cost of building a rocket by 75 percent, depending on how you calculate it. How on Earth have you done that? NASA has been doing this for years. How have you done this?

EM: Well, we’ve made significant advances in the technology of the airframe, the engines, the electronics and the launch operation. There’s a long list of innovations that we’ve come up with there that are a little difficult to communicate in this talk, but —

CA: Not least because you could still get copied, right? You haven’t patented this stuff. It’s really interesting to me.

EM: No, we don’t patent.CA: You didn’t patent because you think it’s more dangerous to patent than not to patent.

EM: Since our primary competitors are national governments, the enforceability of patents is questionable.(Laughter) (Applause)

CA: That’s really, really interesting. But the big innovation is still ahead, and you’re working on it now. Tell us about this.

EM: Right, so the big innovation—

CA: In fact, let’s roll that video and you can talk us through it, what’s happening here.

EM: Absolutely. So the thing about rockets is that they’re all expendable. All rockets that fly today are fully expendable. The space shuttle was an attempt at a reusable rocket, but even the main tank of the space shuttle was thrown away every time, and the parts that were reusable took a 10,000-person group nine months to refurbish for flight. So the space shuttle ended up costing a billion dollars per flight. Obviously that doesn’t work very well for —

CA: What just happened there? We just saw something land?

EM: That’s right. So it’s important that the rocket stages be able to come back, to be able to return to the launch site and be ready to launch again within a matter of hours.

CA: Wow. Reusable rockets.EM: Yes. (Applause) And so what a lot of people don’t realize is, the cost of the fuel, of the propellant, is very small. It’s much like on a jet. So the cost of the propellant is about .3 percent of the cost of the rocket. So it’s possible to achieve, let’s say, roughly 100-fold improvement in the cost of spaceflight if you can effectively reuse the rocket. That’s why it’s so important. Every mode of transport that we use, whether it’s planes, trains, automobiles, bikes, horses, is reusable, but not rockets. So we must solve this problem in order to become a space-faring civilization.

CA: You asked me the question earlier of how popular traveling on cruises would be if you had to burn your ships afterward.EM: Certain cruises are apparently highly problematic.

CA: Definitely more expensive. So that’s potentially absolutely disruptive technology, and, I guess, paves the way for your dream to actually take, at some point, to take humanity to Mars at scale. You’d like to see a colony on Mars.

EM: Yeah, exactly. SpaceX, or some combination of companies and governments, needs to make progress in the direction of making life multi-planetary, of establishing a base on another planet, on Mars — being the only realistic option — and then building that base up until we’re a true multi-planet species.

CA: So progress on this “let’s make it reusable,” how is that going? That was just a simulation video we saw. How’s it going?

EM: We’re actually, we’ve been making some good progress recently with something we call the Grasshopper Test Project, where we’re testing the vertical landing portion of the flight, the sort of terminal portion which is quite tricky. And we’ve had some good tests.

CA: Can we see that?EM: Yeah. So that’s just to give a sense of scale. We dressed a cowboy as Johnny Cash and bolted the mannequin to the rocket. (Laughter)

CA: All right, let’s see that video then, because this is actually amazing when you think about it. You’ve never seen this before. A rocket blasting off and then —

EM: Yeah, so that rocket is about the size of a 12-story building. (Rocket launch) So now it’s hovering at about 40 meters, and it’s constantly adjusting the angle, the pitch and yaw of the main engine, and maintaining roll with cold gas thrusters.

CA: How cool is that? (Applause) Elon, how have you done this? These projects are so — Paypal, SolarCity, Tesla, SpaceX, they’re so spectacularly different, they’re such ambitious projects at scale. How on Earth has one person been able to innovate in this way? What is it about you?

EM: I don’t know, actually. I don’t have a good answer for you. I work a lot. I mean, a lot.

CA: Well, I have a theory.EM: Okay. All right.

CA: My theory is that you have an ability to think at a system level of design that pulls together design, technology and business, so if TED was TBD, design, technology and business, into one package, synthesize it in a way that very few people can and — and this is the critical thing — feel so damn confident in that clicked-together package that you take crazy risks. You bet your fortune on it, and you seem to have done that multiple times. I mean, almost no one can do that. Is that — could we have some of that secret sauce? Can we put it into our education system? Can someone learn from you? It is truly amazing what you’ve done.

EM: Well, thanks. Thank you. Well, I do think there’s a good framework for thinking. It is physics. You know, the sort of first principles reasoning. Generally I think there are — what I mean by that is, boil things down to their fundamental truths and reason up from there, as opposed to reasoning by analogy. Through most of our life, we get through life by reasoning by analogy, which essentially means copying what other people do with slight variations. And you have to do that. Otherwise, mentally, you wouldn’t be able to get through the day. But when you want to do something new, you have to apply the physics approach. Physics is really figuring out how to discover new things that are counterintuitive, like quantum mechanics. It’s really counterintuitive. So I think that’s an important thing to do, and then also to really pay attention to negative feedback, and solicit it, particularly from friends. This may sound like simple advice, but hardly anyone does that, and it’s incredibly helpful.

CA: Boys and girls watching, study physics. Learn from this man. Elon Musk, I wish we had all day, but thank you so much for coming to TED.

EM: Thank you. CA: That was awesome. That was really, really cool. Look at that. (Applause)

Just take a bow. That was fantastic. Thank you so much.

日本語字幕


日本語訳

イーロン どんなクレージーな夢が 電気だけで動く車を作って 自動車業界に挑戦しようなんて気を 起こさせたんですか?

大学時代に遡ります 未来の世界や 人類の将来に 最も影響する問題は 何だろうかと考えていました そして持続可能な輸送手段と 持続可能なエネルギー生成が 極めて重要だろうと 思ったのです 環境問題を 別にしたとしても 持続可能なエネルギーの問題は 私たちが今世紀中に 解決しなければならない 最大の課題です 仮に 二酸化炭素排出が 環境に悪くなかったとしても 炭化水素資源を使い果たして しまうことを考えれば 何か持続可能な手段を 見つける必要があります

アメリカでは 電力のほとんどを 化石燃料を燃やすことで 得ています 電気自動車が どうしてエネルギー問題の 解決に繋がるんですか?

答えは2つあります 1つは たとえ同じ燃料を使って 発電所で発電し 電気自動車を 充電するのであっても その方が状況は 良くなるということで たとえば天然ガス これは最も一般的な 炭化水素燃料ですが 現在のゼネラル・ エレクトリック製の 天然ガスタービンで 燃やすと 効率は60%くらいですが 同じ燃料を内燃機関の 自動車で使うと 効率は20%程度になります その理由は 発電所では 重量のある物や 嵩張る物でも 使うことができ 廃熱で蒸気タービンを回して 二次動力源とすることも できるからです 結果として 送電時のロス等を考慮しても 発電所で燃やして 電気自動車を充電する方が 同じ燃料を 少なくとも2倍 効率良く使えるのです

スケール・メリット があるわけですね

そうです もう1つの理由は 持続可能な発電手段は どのみち必要になる ということです そうであるなら 輸送手段として 電気自動車を選ぶのは 理にかなった ことでしょう

テスラの組立工場の 映像があるんですが 最初の映像を 流しましょう この自動車の製造工程の どこが革新的なのでしょう?

電動輸送時代の到来を 加速させるためには— 実際あらゆる輸送手段は 1つの例外を除いて 完全に電化されるだろうと 思っています 例外は ロケットなんですが— ニュートンの第3法則を 覆す方法はないので 問題は どうやって 電動輸送時代の到来を 加速させるかということです 自動車に関して言えば エネルギー効率の 極めて良い車を 考え出す必要があって それにはまず 車体をすごく 軽くすることです ご覧いただいているのは 北米で生産されているものとしては 唯一 総アルミ製の ボディとシャーシです 大きなバッテリーパックを付けても 軽量な車を作るために ロケット設計の技術を たくさん取り入れています そして このサイズの 車としては 最小の抗力係数を 持っています だから基本的に エネルギー消費量が非常に低く また最も先進的な バッテリーパックを備えていて 実用に耐える走行距離を 実現しています 実際400キロくらい 走ることができます

バッテリーパックは すごく重たいものですが それでも うまくやれば 軽量な車体と 重いバッテリーの組み合わせで 優れた効率性を 実現できるということですね

ええ バッテリーの重さを 相殺するため 車の他の部分を 非常に軽くし 高速で長く走れるよう 空気抵抗を小さくしているんです モデルSのユーザの間では どれだけ長く走れるか 競うなんてことも 行われています 最近1回の充電で676キロ走った という強者がいました

その記録を作ったブルーノ・バウデンが この会場にいますよ お見事

それは良かったんですが 問題は 記録を作ろうと時速29キロで ずっと走っていたため 警官に止められたそうです (笑)

そこまでしなくとも 通常のコンディションなら 時速105キロで 400キロ走れます 悪くない数字でしょう

次のビデオを 見てみましょう テスラが雪の中を 走っているところです 別にニューヨーク・タイムズを 当てこすってるわけじゃありません この車を運転していて 一番驚くことは 何でしょう?

電気自動車を 扱っていると 車の反応性には 本当に驚くものがあります 皆さんに あの感覚を 体験して頂きたいのですが 車に溶け込んで 一体になったかのような 感じがします ターンや加速が 超能力でも使っているかのように 瞬時にできるんです 電気自動車の 反応性の為せる技です ガソリン自動車には 無理な話です とても本質的な違いで 実際に運転してみて 初めて分かることです

とても素晴らしい車だと 思いますが 高価ですよね これを大衆向けの乗り物にする 計画というのは あるんでしょうか?

ええ テスラではずっと 3段階のプロセスを 考えてきました 第1段は 少量の高価な車 第2段は 中くらいの数量と価格の車 第3段は 大量で低価格の車です だから今は 第2段階です 最初は10万ドルの スポーツカーのロードスターでした 次が5万ドルからという モデルS そして第3世代の車は 3〜4年内に 開発したいと 考えていますが 3万ドルくらいに なるでしょう 本当に新しい テクノロジーというのは 大衆市場に 受け入れられるまでに 3つのメジャーバージョンを 要するのが普通です 私たちはその方向に 進んでおり 実現できることに 自信を持っています

短い通勤であれば 運転していって 帰ってから家で 充電すればよいわけですが 高速な充電ステーションの全国的な ネットワークというのは現在ありません そのようなものは 実現されるのか それとも一部の主要ルートにだけ できるのでしょうか?

実際には みんなが思っているより ずっと多くの 充電ステーションがあります テスラでは スーパーチャージング・テクノロジー というのを開発していて モデルSを買った人は 永久的に 無料で利用できます これは多くの人が 知らずにいることかもしれません カリフォルニア州とネバダ州は 既に網羅していて 東海岸のボストンから ワシントンDCの間も 網羅しています 今年末には ロサンゼルスから ニューヨークまで スーパーチャージャー網で 大陸を横断して 行けるようになります これを使うと 他のより 5倍速く充電できます 重要なのは 運転時間と 停止時間の比率を 6〜7程度まで持っていく ということです 3時間運転したら 20〜30分休憩したいでしょう 普通の人はそうします だから朝9時に 出発したら 昼には休憩して 何かお腹に入れ トイレに行き コーヒーを飲んでから 出発するという具合です

消費者向けのアピールとしては フル充電には1時間かかり 10分ではできないことを 分かってもらう必要があるけど 良い報せは 環境保護に 貢献できることで おまけに電気がタダになって 一文も払わなくていいと

多くの人は 1時間でなく 20〜30分休むという使い方を すると思っています 実際のところ 260〜270キロくらい走ったら 30分ほど休んでから 出発した方が 良いでしょう それが自然なリズムです なるほど これはあなたの エネルギーへの取り組みの一面で 別に ソーラーシティという 太陽光発電の会社もやっていますね これはどこが 特別なんでしょう?

前にも言いましたが 私たちは電気の持続可能な 消費だけでなく 生産も行う必要があります 発電の中心的な方法は 太陽光になると 私は確信しています これはいわば 間接的核融合です 空には太陽という 巨大核融合炉があり 私たちは ただそれを 人類文明のために 少しばかり利用すれば いいだけです 多くの人があまり 意識していないのは 世界は既にほとんど太陽エネルギーで 動いているということです 太陽がなかったら 地球は絶対温度3度の 凍った世界に なってしまいます 水が循環するのも 太陽の力によってです 生態系全体が太陽エネルギーで 動いているんです

でも石油には 何千年分もの 太陽エネルギーが 凝縮されているわけで 太陽光でそれと張り合うのは 難しいでしょう たとえばシェールガスとは とても競合できない どうやって商売しようと しているんですか?

実際のところ 太陽エネルギーは 天然ガスを含め あらゆるものを 圧倒することになるだろうと思っています

(拍手) どうやって?

そうでなければいけません でないと深刻な問題を抱えることになります

ソーラーパネルを消費者に 売っているわけではありませんよね? 何をやっているんですか? いいえ 売ってもいます ソーラーパネルを買うこともできるし リースすることもできます 多くの人は リースする方を選びます 太陽光システムの いいところは 燃料も運用コストも かからないことで 一度 設置すれば ほっといても 何十年も機能し続けます たぶん100年くらい使えるでしょう だから重要なのは 初期の設置コストを いかに引き下げるか 融資のコストをいかに 低くするかということで この2つが太陽光発電の 主要なコストなんです この面で私たちは 大きな前進をしており それが天然ガスに勝てると 自信を持っている理由です

つまり消費者に 対するウリは 初期費用が そんなにかからず—

ゼロです 初期費用ゼロで 皆さんの屋根に パネルを設置しますと その後 お支払い頂く リース期間は通常どれくらいですか?

20年リースが一般的です ここでのセールスポイントは あなたが言われたように明快で 初期投資不要で 電気代が下がる いい話だと思います

消費者にとっては いいことずくめですね リスクなし 支払いは今よりも下がる でも あなたにとっては どうです? 長期的には ソーラーパネルの電気は 誰のものになるのか? 会社としてどうやって 利益を出すのか?

基本的に ソーラーシティ自身は 資金を 企業や— 銀行から 調達します Googleはここで 大きなパートナーの1社です 彼らは投資のリターンを 期待しています この資金を使って ソーラーシティは ソーラーパネルを買って屋根に取り付け 家や会社の持ち主に 月々のリース料を払ってもらいます リース料は電気代よりも 安くなります

あなた自身は その電力から 長期的に利益を得られますね 新しい種類の分散型電力網を 構築しているわけで

その通りです 巨大な分散型電力網ができます これは良いことだと思います 電力はずっと独占事業で 人々に選択肢はありませんでした この独占に 競争をもたらせる 初めての機会なんです 電力網は電気会社が 独占していたのを 今やみんなが屋根の上に 持てるようになった 家を持つ人や 企業にとって とても力になることだと 思います

そして あなたは 将来— アメリカの主要な電力源は 10年 20年 あるいは— あなたの生きているうちに 太陽光になると思っているわけですね?

太陽光が主力になることには とても自信を持っています たぶん大半が そうなるでしょう 私は20年以内に 主力が 太陽光になると予言していて ある人と賭けもしています (クリス) その「主力」の定義は?

他のどの電力源よりも 多くなること

なるほど ちなみに誰と賭をしたんですか?

友人ですが 名前は伏せておきます

私たちだけに教えてよ (笑)

この賭をしたのは 2、3年前なので 18年後には 他の何よりも太陽光発電が 多くなっていると考えています

あなたがした もう1つの賭けの 話にいきましょう ある種クレージーな賭です あなたはPayPalを 売って得た資金で 宇宙事業を始めることにした よりにもよって なんでまた そんなことを? (笑)

その質問ならよくされます 宇宙事業で小金持ちに なったという 男のジョークで からかわれかねません お察しの通り「元々は大金持ちだった」 というのがオチです だから先手を打って 大金を小金に変える一番早い方法を— 探していたんだと 答えることにしています すると相手は 「マジかよ?」と

妙なことに あなたはマジだった で どうなったんです?

危ない時もありました 全然うまくいかなくて 瀬戸際までいきましたが 乗り越えられました 2008年のことです SpaceXの目標は ロケット技術を発展させることで 宇宙に進出する文明に なることは 人類にとって 極めて重要だと 思っています そのために素早く完全に再利用できる ロケットが必要なんです

人類が宇宙進出する文明に? それは子どもの頃からの 夢とかですか? 火星に行くことを 夢見ていたとか?

子どもの頃 確かにロケットを 作ったりしましたが 将来の仕事としては 考えていませんでした それはむしろ 未来をワクワクする 刺激的なものにするために 何が起きる必要があるか という視点から来たものです これは根本的な違いを もたらすと思っています 宇宙に進出する文明を持ち 星々を探検し 複数の惑星に広がる— すごくエキサイティングな 人類の未来と 永遠に地球に閉じ込められたまま 絶滅をもたらす事態が— 起こるのを待つ という違いです

あなたはロケット製造のコストを 75%も削減したとか 計算の仕方で数字は多少変わりますが どうしてそんなことが 出来たんですか? NASAはずっと長い間 やってきたわけですよね?

私たちは様々な技術を 大きく進めました 機体 エンジン 電子機器 打ち上げの運用 革新したことは 山ほどあります 私たちがしたことを この場でお話しするのは ちょっと難しいんですが—

真似されたら 困りますものね 特許を取ってないから 私からするとすごく興味深いことです

ええ 特許は取りません 特許を取るのは 取らないのより危険だと?

我々の主要な競争相手は国家で 特許を強制できるか 疑わしいもので (笑いと拍手)

すごく興味深いですね でも やらなければならない 大きなイノベーションが まだ残っていますね それについて話してください

その大きなイノベーション というのは—

あのビデオを流しましょう これを見ながら何をやっているのか教えてください

ロケットの問題が 何かというと 使い捨てだと言うことです 現在のロケットは みんな使い捨てです スペースシャトルは 再利用可能ロケットを 作る試みでしたが メインタンクは毎回捨てていたし 再利用される部分も 次の飛行までに9ヶ月と1万人の人手をかけて 修理する必要がありました 結果としてスペースシャトルは 1回の打ち上げに10億ドルもかかり どう見ても割が良くない

いったい今の何ですか? なんか着陸したみたいですが?

ロケットの各段が自分で 打ち上げ場に戻ってきて 数時間内にまた 打ち上げの準備ができる— ということが 重要なんです

すごい 本当の再利用可能ロケットですね (イーロン) ええ (拍手) 多くの人が知らないのは 燃料のコストはすごく 小さいということです ジェット機と 大して違いません 燃料のコストは ロケットのコストのうちの 0.3%ほどに過ぎません ロケットが本当に 再利用可能になれば 宇宙飛行のコストは 百倍も改善できるんです それが再利用の 重要な理由です 私たちが使う 輸送手段は 飛行機 電車 自動車 バイク 馬 いずれも再利用可能で ロケットだけが例外です 宇宙に進出する文明になるために これは解決すべき問題なんです

さきほど私に 聞かれましたが 毎回 船を焼かなきゃいけないとしたら 船旅に果たして— どれほど人気があるかと (イーロン) ある種の船旅には かなり問題でしょう

高くなるのは確かですね 再利用は確かに 転換をもたらす技術で あなたの夢である いつか人類を大規模に 火星に送るということの実現に 道を開くことになるでしょう あなたは火星への植民を 考えているんですよね?

ええ SpaceXは 他の会社や政府と協力して そういう方向に進まなければ と思っています 複数の惑星に広がり 他の惑星—現実的な 選択肢としては火星ですが 基地を作り 本当に複数の 惑星にまたがる 種となるまで 築いていく必要があります

その「再利用可能にしよう」というのは どこまで進んでいるんですか? 今見たのは シミュレーション映像でしたが 実際はどうなんでしょう?

最近 その点で 大きな進展がありました グラスホッパー・テスト・ プロジェクトと呼んでいますが 垂直着陸の部分を テストしています この飛行の最終段階が 特に難しいんですが テストで良い結果が 出ています

見せていただけますか? サイズが分かるように ジョニー・キャッシュの 格好をした カウボーイのマネキンを ロケットにくくりつけてあります (笑)

では映像を見ましょう 何をしているか考えると すごい映像です こんなの見たことないと思います ロケットが飛び立ち それから—

このロケットは 建物の12階くらいの 大きさです (ロケット打ち上げ) 40メートルの高さで ホバリングしています 絶えず角度を 調整しています ピッチとヨーを メインエンジンで ロールを石炭ガス噴射機で 制御しています

すごいね (拍手) イーロン いったいどうやって やったんですか? これらのプロジェクトは PayPal ソーラーシティ テスラ SpaceX どれもかけ離れていて ものすごく野心的な プロジェクトです どうして そのような革新が 1人の人間に できるのでしょう? あなたの何が 特別なのか?

正直なところ 分かりません 良い答えを 持ち合わせていません ものすごく働きはします

(クリス) 私は仮説を持っています (イーロン) 承りましょう

私の理論では あなたにはデザインを システムのレベルで考える能力があって デザインと テクノロジーと ビジネスを TEDならぬTBDですね デザイン テクノロジー ビジネスを ひとまとめにして わずかな人にしか 出来ないような仕方で 総合することができる そして ここが肝心なんですが そのまとめ上げたものに すごく自信を持っていて とんでもなく大きなリスクも 負うことができる あなたは自分の財産をそれに賭け しかも何度もやっています ほとんど誰にも できないことです その秘伝のタレを教えることは できないでしょうか? それを教育システムに組み込んだり 誰かに伝えることはできないものか? あなたがしたのは 本当に驚くべきことだから

ありがとうございます 考えるための素晴らしい フレームワークがあります 物理学です 原理と推論— つまり物事を本質的な 真理まで煮詰め そこから 推論するということです アナロジーで推論する というのでなく 我々は生きていく上で アナロジーによる 推論をしています これは本質的には 人のしていることを真似て 少しだけ変えるということです それは必要なことです そうしなければ 日常生活も 精神的に困難になります しかし何か新しいことを しようという時は 物理学のアプローチを 使う必要があります 物理というのは 量子力学のような 直感に反する 新しいものを 見つける方法なんです だから そのようにするのが 重要だと思っています そしてまたネガティブなフィードバックに 注意を払うことも重要です 特に友人に意見を 求めることが大切です シンプルなアドバイスに 聞こえるかもしれませんが ほとんど誰も やっていないことで すごく力になるんです

見ている子どもたち 物理を勉強しよう この人に倣って 丸一日でも続けたいところですが TEDに来ていただき感謝します

(イーロン) こちらこそ (クリス) すごく良かった 本当にいかしてました ご覧なさい (スタンディングオベーション)

拍手に答えなきゃ 本当に素晴らしかった ありがとうございました

まとめ

イーロンマスクのTED動画です。宇宙ロケットの使い捨てを再利用可能にするために、着陸可能なロケットを研究開発しているなんて。
ペイパル事業を売って、スペースX事業に投資し、また電気自動車のテスラモーターズ事業も好調で、すごいですね。
ぜひイーロンマスクは、天才発明家と言われていますから、知らない方はチェックしてみることをオススメします。

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

Quote from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/elon_musk_the_mind_behind_tesla_spacex_solarcity

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。