オススメTED動画 1歩踏み出した私たちのこれから

「リーン・イン」のその後――1歩踏み出した私たちのこれから

オススメポイント

シェリル・サンドバーグは、2010年にTEDでステージに立つのは怖かったと言います。実業界のトップにいる女性としての孤独な経験について、初めて公の場で話すからです。トークが何百万回も再生され、本もベストセラーになった今、Facebook最高執行責任者(COO)であるサンドバーグは、あのトークの後押しをしてくれた女性、パット・ミッチェルと対談します。サンドバーグは、彼女のアイデアから何が起こったか紹介し、女性が成功に向け いまだに苦戦する状況について話します。

 

再生時間

16分56秒

 

オリジナル動画

英訳

Pat Mitchell: Your first time back on the TEDWomen stage.

Sheryl Sandberg: First time back. Nice to see everyone. It’s always so nice to look out and see so many women. It’s so not my regular experience, as I know anyone else’s.

PM: So when we first started talking about, maybe the subject wouldn’t be social media, which we assumed it would be, but that you had very much on your mind the missing leadership positions, particularly in the sector of technology and social media. But how did that evolve for you as a thought, and end up being the TED Talk that you gave?

SS: So I was really scared to get on this stage and talk about women, because I grew up in the business world, as I think so many of us did. You never talk about being a woman, because someone might notice that you’re a woman, right? They might notice. Or worse, if you say “woman,” people on the other end of the table think you’re asking for special treatment, or complaining. Or worse, about to sue them. And so I went through — (Laughter) Right? I went through my entire business career, and never spoke about being a woman, never spoke about it publicly. But I also had noticed that it wasn’t working.

I came out of college over 20 years ago, and I thought that all of my peers were men and women, all the people above me were all men, but that would change, because your generation had done such an amazing job fighting for equality, equality was now ours for the taking. And it wasn’t. Because year after year, I was one of fewer and fewer, and now, often the only woman in a room. And I talked to a bunch of people about, should I give a speech at TEDWomen about women, and they said, oh no, no. It will end your business career. You cannot be a serious business executive and speak about being a woman. You’ll never be taken seriously again.

But fortunately, there were the few, the proud — like you — who told me I should give the speech, and I asked myself the question Mark Zuckerberg might — the founder of Facebook and my boss — asks all of us, which is, what would I do if I wasn’t afraid? And the answer to what would I do if I wasn’t afraid is I would get on the TED stage, and talk about women, and leadership. And I did, and survived. (Applause)

PM: I would say, not only survived. I’m thinking of that moment, Sheryl, when you and I were standing backstage together, and you turned to me, and you told me a story. And I said — very last minute — you know, you really should share that story.

SS: Oh, yeah. PM: What was that story?

SS: Well, it’s an important part of the journey. So I had — TEDWomen — the original one was in D.C. — so I live here, so I had gotten on a plane the day before, and my daughter was three, she was clinging to my leg: “Mommy, don’t go.” And Pat’s a friend, and so, not related to the speech I was planning on giving, which was chock full of facts and figures, and nothing personal, I told Pat the story. I said, well, I’m having a hard day. Yesterday my daughter was clinging to my leg, and “Don’t go.”

And you looked at me and said, you have to tell that story. I said, on the TED stage? Are you kidding? I’m going to get on a stage and admit my daughter was clinging to my leg? And you said yes, because if you want to talk about getting more women into leadership roles, you have to be honest about how hard it is. And I did. And I think that’s a really important part of the journey.

The same thing happened when I wrote my book. I started writing the book. I wrote a first chapter, I thought it was fabulous. It was chock-full of data and figures, I had three pages on matrilineal Maasai tribes, and their sociological patterns. My husband read it and he was like, this is like eating your Wheaties. (Laughter) No one — and I apologize to Wheaties if there’s someone — no one, no one will read this book. And I realized through the process that I had to be more honest and more open, and I had to tell my stories. My stories of still not feeling as self-confident as I should, in many situations. My first and failed marriage. Crying at work. Felling like I didn’t belong there, feeling guilty to this day. And part of my journey, starting on this stage, going to “Lean In,” going to the foundation, is all about being more open and honest about those challenges, so that other women can be more open and honest, and all of us can work together towards real equality.

PM: I think that one of the most striking parts about the book, and in my opinion, one of the reasons it’s hit such a nerve and is resonating around the world, is that you are personal in the book, and that you do make it clear that, while you’ve observed some things that are very important for other women to know, that you’ve had the same challenges that many others of us have, as you faced the hurdles and the barriers and possibly the people who don’t believe the same. So talk about that process: deciding you’d go public with the private part, and then you would also put yourself in the position of something of an expert on how to resolve those challenges.

SS: After I did the TED Talk, what happened was — you know, I never really expected to write a book, I’m not an author, I’m not a writer, and it was viewed a lot, and it really started impacting people’s lives. I got this great — one of the first letters I got was from a woman who said that she was offered a really big promotion at work, and she turned it down, and she told her best friend she turned it down, and her best friend said, you really need to watch this TED Talk. And so she watched this TED Talk, and she went back the next day, she took the job, she went home, and she handed her husband the grocery list. (Laughter) And she said, I can do this.

And what really mattered to me — it wasn’t only women in the corporate world, even though I did hear from a lot of them, and it did impact a lot of them, it was also people of all different circumstances. There was a doctor I met who was an attending physician at Johns Hopkins, and he said that until he saw my TED Talk, it never really occurred to him that even though half the students in his med school classes were women, they weren’t speaking as much as the men as he did his rounds. So he started paying attention, and as he waited for raised hands, he realized the men’s hands were up. So he started encouraging the women to raise their hands more, and it still didn’t work. So he told everyone, no more hand raising, I’m cold-calling. So he could call evenly on men and women. And what he proved to himself was that the women knew the answers just as well or better, and he was able to go back to them and tell them that. And then there was the woman, stay-at-home mom, lives in a really difficult neighborhood, with not a great school, she said that TED Talk — she’s never had a corporate job, but that TED Talk inspired her to go to her school and fight for a better teacher for her child. And I guess it was part of was finding my own voice. And I realized that other women and men could find their voice through it, which is why I went from the talk to the book.

PM: And in the book, you not only found your voice, which is clear and strong in the book, but you also share what you’ve learned — the experiences of other people in the lessons. And that’s what I’m thinking about in terms of putting yourself in a — you became a sort of expert in how you lean in. So what did that feel like, and become like in your life? To launch not just a book, not just a best-selling, best-viewed talk, but a movement, where people began to literally describe their actions at work as, I’m leaning in.

SS: I mean, I’m grateful, I’m honored, I’m happy, and it’s the very beginning. So I don’t know if I’m an expert, or if anyone is an expert. I certainly have done a lot of research. I have read every study, I have pored over the materials, and the lessons are very clear. Because here’s what we know: What we know is that stereotypes are holding women back from leadership roles all over the world. It’s so striking. “Lean In” is very global, I’ve been all over the world, talking about it, and — cultures are so different. Even within our own country, to Japan, to Korea, to China, to Asia, Europe, they’re so different. Except for one thing: gender. All over the world, no matter what our cultures are, we think men should be strong, assertive, aggressive, have voice; we think women should speak when spoken to, help others.

Now we have, all over the world, women are called “bossy.” There is a word for “bossy,” for little girls, in every language there’s one. It’s a word that’s pretty much not used for little boys, because if a little boy leads, there’s no negative word for it, it’s expected. But if a little girl leads, she’s bossy.

Now I know there aren’t a lot of men here, but bear with me. If you’re a man, you’ll have to represent your gender. Please raise your hand if you’ve been told you’re too aggressive at work. (Laughter) There’s always a few, it runs about five percent. Okay, get ready, gentlemen. If you’re a woman, please raise your hand if you’ve ever been told you’re too aggressive at work. (Laughter) That is what audiences have said in every country in the world, and it’s deeply supported by the data.

Now, do we think women are more aggressive than men? Of course not. It’s just that we judge them through a different lens, and a lot of the character traits that you must exhibit to perform at work, to get results, to lead, are ones that we think, in a man, he’s a boss, and in a woman, she’s bossy. And the good news about this is that we can change this by acknowledging it.

One of the happiest moments I had in this whole journey is, after the book came out, I stood on a stage with John Chambers, the CEO of Cisco. He read the book. He stood on a stage with me, he invited me in front of his whole management team, men and women, and he said, I thought we were good at this. I thought I was good at this. And then I read this book, and I realized that we — my company — we have called all of our senior women too aggressive, and I’m standing on this stage, and I’m sorry. And I want you to know we’re never going to do it again.

PM: Can we send that to a lot of other people that we know? (Applause)

SS: And so John is doing that because he believes it’s good for his company, and so this kind of acknowledgement of these biases can change it. And so next time you all see someone call a little girl “bossy,” you walk right up to that person, big smile, and you say, “That little girl’s not bossy. That little girl has executive leadership skills.” (Laughter)

PM: I know that’s what you’re telling your daughter. SS: Absolutely.

PM: And you did focus in the book — and the reason, as you said, in writing it, was to create a dialogue about this. I mean, let’s just put it out there, face the fact that women are — in a time when we have more open doors, and more opportunities — are still not getting to the leadership positions. So in the months that have come since the book, in which “Lean In” focused on that and said, here are some of the challenges that remain, and many of them we have to own within ourselves and look at ourselves. What has changed? Have you seen changes?

SS: Well, there’s certainly more dialogue, which is great. But what really matters to me, and I think all of us, is action. So everywhere I go, CEOs, they’re mostly men, say to me, you’re costing me so much money because all the women want to be paid as much as the men. And to them I say, I’m not sorry at all. (Laughter) At all. I mean, the women should be paid as much as the men.

Everywhere I go, women tell me they ask for raises. Everywhere I go, women say they’re getting better relationships with their spouses, asking for more help at home, asking for the promotions they should be getting at work, and importantly, believing it themselves. Even little things. One of the governors of one of the states told me that he didn’t realize that more women were, in fact, literally sitting on the side of the room, which they are, and now he made a rule that all the women on his staff need to sit at the table.

The foundation I started along with the book “Lean In” helps women, or men, start circles — small groups, it can be 10, it can be however many you want, which meet once a month. I would have hoped that by now, we’d have about 500 circles. That would’ve been great. You know, 500 times roughly 10. There are over 12,000 circles in 50 countries in the world.

PM: Wow, that’s amazing.

SS: And these are people who are meeting every single month. I met one of them, I was in Beijing. A group of women, they’re all about 29 or 30, they started the first Lean In circle in Beijing, several of them grew up in very poor, rural China. These women are 29, they are told by their society that they are “left over,” because they are not yet married, and the process of coming together once a month at a meeting is helping them define who they are for themselves. What they want in their careers. The kind of partners they want, if at all. I looked at them, we went around and introduced ourselves, and they all said their names and where they’re from, and I said, I’m Sheryl Sandberg, and this was my dream. And I kind of just started crying. Right, which, I admit, I do. Right? I’ve talked about it before. But the fact that a woman so far away out in the world, who grew up in a rural village, who’s being told to marry someone she doesn’t want to marry, can now go meet once a month with a group of people and refuse that, and find life on her own terms. That’s the kind of change we have to hope for.

PM: Have you been surprised by the global nature of the message? Because I think when the book first came out, many people thought, well, this is a really important handbook for young women on their way up. They need to look at this, anticipate the barriers, and recognize them, put them out in the open, have the dialogue about it, but that it’s really for women who are that. Doing that. Pursuing the corporate world. And yet the book is being read, as you say, in rural and developing countries. What part of that has surprised you, and perhaps led to a new perspective on your part?

SS: The book is about self-confidence, and about equality. And it turns out, everywhere in the world, women need more self-confidence, because the world tells us we’re not equal to men. Everywhere in the world, we live in a world where the men get “and,” and women get “or.” I’ve never met a man who’s been asked how he does it all. (Laughter)

Again, I’m going to turn to the men in the audience: Please raise your hand if you’ve been asked, how do you do it all? (Laughter) Men only. Women, women. Please raise your hand if you’ve been asked how you do it all? We assume men can do it all, slash — have jobs and children. We assume women can’t, and that’s ridiculous, because the great majority of women everywhere in the world, including the United States, work full time and have children.

And I think people don’t fully understand how broad the message is. There is a circle that’s been started for rescued sex workers in Miami. They’re using “Lean In” to help people make the transition back to what would be a fair life, really rescuing them from their pimps, and using it. There are dress-for-success groups in Texas which are using the book, for women who have never been to college. And we know there are groups all the way to Ethiopia. And so these messages of equality — of how women are told they can’t have what men can have — how we assume that leadership is for men, how we assume that voice is for men, these affect all of us, and I think they are very universal. And it’s part of what TEDWomen does. It unites all of us in a cause we have to believe in, which is more women, more voice, more equality.

PM: If you were invited now to make another TEDWomen talk, what would you say that is a result of this experience, for you personally, and what you’ve learned about women, and men, as you’ve made this journey?

SS: I think I would say — I tried to say this strongly, but I think I can say it more strongly — I want to say that the status quo is not enough. That it’s not good enough, that it’s not changing quickly enough. Since I gave my TED Talk and published my book, another year of data came out from the U.S. Census. And you know what we found? No movement in the wage gap for women in the United States. Seventy-seven cents to the dollar. If you are a black woman, 64 cents. If you are a Latina, we’re at 54 cents. Do you know when the last time those numbers went up? 2002. We are stagnating, we are stagnating in so many ways. And I think we are not really being honest about that, for so many reasons. It’s so hard to talk about gender. We shy away from the word “feminist,” a word I really think we need to embrace. We have to get rid of the word bossy and bring back — (Applause) I think I would say in a louder voice, we need to get rid of the word “bossy” and bring back the word “feminist,” because we need it. (Applause)

PM: And we all need to do a lot more leaning in.

SS: A lot more leaning in.

PM: Thank you, Sheryl. Thanks for leaning in and saying yes.

SS: Thank you.

(Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

パット・ミッチェル: TEDWomenの舞台はあのとき以来ですね シェリル・サンドバーグ: また 皆さんにお会いできて光栄です これだけ多くの女性が 集まるなんて 皆さんもそうでしょうけど 普段はないですから 嬉しいですよ TEDでの講演をお受けいただいたとき ソーシャル・メディアについて お話しされるものと思っていましたが 意外にも あなたの心にあったのは― 特に技術やソーシャル・メディア分野で 欠けている女性リーダーのことでした あなたの中で それがどう昇華され あのTEDトークに結実したのでしょうか? 当時 ここで女性について 話すのは怖かったですよ 皆さん同様 私も ずっと実業界で生きてきたわけで 女性がどうとか決して言わないんです 気付かれると困るでしょう―自分が女性だって 「女性」なんて口にしようものなら テーブルの向こう側の人たちに 特別待遇を求めているとか 不満を言っているとか思われかねません さらには 訴えようとしているとかね ですから―(笑) 私はそれまで 仕事がらみでは一度も 女性であることに触れたり 公の場で話したことはなかったんです 同時に それが良くないことにも 気付いていました 私が大学を卒業した 20年以上前 同期に女性はいたものの 上の人は全員 男性でした でも それも変わるはず そう思っていました あなたの世代が道を切り開いたお蔭で 私たちは平等を手に入れたのですから でも 違ったんです 時間が経つにつれ 仲間は減っていき 今では― 会議室で女性は私一人なんて しょっちゅうです ですから いろんな人に 意見を聞きました TEDWomenで女性について話すべきって? 答えは「ノー」で 「キャリアが台無しになる」 「企業の幹部がすることじゃない」 「まともに取り合ってもらえなくなる」 と言われました 幸いなことに あなたのように 誇るべき支持者も少数ながらいました ですから自らに問うたのです マーク・ザッカーバーグ― Facebook設立者の 私の上司が 私たちに投げかけるように 「怖がらなければ 何ができる?」と 私の答えは TEDのステージに立ち 女性やリーダーシップについて話すことでした そして うまく切り抜けました(拍手) 切り抜けただけではないでしょう シェリル あのときのことです 二人で舞台裏にいたとき あなたは私の方をふり向き ある話をしてくれました そのとき― 本番直前でしたが 私は その話をステージでするよう言いました そうでしたね― 話してくれますか? あれは この旅でも重要な出来事でした 当初 TEDWomenは ワシントンD.C.で開催されていて ここから 前日に飛行機で移動したのですが 当時3歳の娘が 私の足にしがみついて 「ママ 行かないで」と言うんです パットには 友人だから話しましたが 予定していた講演は全然違って 事実や数字ばかりで 個人的な話は一切なしでした パットにこう話しました 「今日はすごく辛いわ 昨日 娘が足にしがみついて 行かないでって泣くのよ」 すると パットは 「その話をしなさい」と 私は「TEDのステージで? 冗談でしょう?」という感じでした 「ステージに上がって 娘が足にしがみつくと言えと?」 あなたは そうだと言ったんです 女性のリーダーを増やしたいなら それが どれだけ大変なことか 正直に話すべきだと それで 私はその話をして この旅の重要な転換点になりました 本を執筆したときも 同じことがあったんです 書き始めて第1章ができあがり 出来ばえに満足していました データと数字がぎっしりのものです マサイ族の母系制や その社会学的特徴に 3ページを費やしていました 夫はそれを読んで 「もうお腹いっぱいだよ」と(笑) 誰も こんな本なんか 読みませんよね それで もっと正直にオープンになり 私自身の話をしなければ いけないと気づきました ここぞという場面で自信が持てないとか そんな私の話です 離婚したことや 職場で大泣きしたこと 今でも 疎外感や後ろめたさを 覚えることも 私の旅は このステージに始まり 『リーン・イン』や団体設立につながりましたが 重要なのは こうした課題に よりオープンで正直にあることです 自ら示すことで 他の女性にもそうなってもらい 真の平等に向けて 皆で一緒に歩んで行けるようにするのです あなたの本が 最も心を打つ理由の一つは― 人々を揺さぶり 世界中で反響を呼んだ 理由の一つだとも思うのですが― 自分自身をさらけ出し しかも 隠し立てすることなく― 他の女性が知っておくべき とても重要なことを分かった上で― 多くの人に共通する課題を 経験したことを書いているからでしょう 様々な障害や 考えを異にする人とも 向き合いながらの経験です さて あなたがプライベートな部分も さらけだすと決め あなたは こうした問題を解決する いわば専門家のような 立場になられた そのあたりについて伺えますか? TEDトークのあと 何が起こったかというと― 本を書くなんて思ってもみませんでした 作家でも 文筆家でもないですから― トークは 何度も再生され 人々の人生に影響を与え始めました まもなく私は ある女性から 素晴らしい手紙を受け取りました その手紙によると 彼女は 職場での大きな昇進の機会を断り その話を親友にしたところ その親友に このTEDトークを 強く勧められ 実際に見たそうです そして 翌日 彼女は昇進を受け 帰宅後 彼女は夫に 買い物リストを渡しました(笑) 「私は これができるんだ」と 私にとって重要だったのは― 実業界の女性だけではなかったことです 実業界から色々な声を頂戴し 多くの方に影響も与えましたが それとは違う環境にいる方々にも 影響を与えていたのです あるお医者さんとお会いしました ジョンズ・ホプキンス病院の指導医の彼は― 私のTEDトークを見て 初めて気付いたそうです 彼が指導する医学生の半分は 女性だと言うのに 回診のとき 男性ほど 女性は発言をしていなかったのです 彼が注意して見ると 質問をしても手を挙げるのは男性だけでした そこで 女性に もっと手を挙げるよう言いました でも 効果は ありませんでした そこで 皆に 挙手方式はやめ 指名して行くと宣言しました 男性も女性も 平等に当てて行きます すると― 女性は 男性と同じか それ以上の出来でした これでちゃんと評価を 伝えられたそうです それから ある女性は専業主婦で 近所に良い学校がありませんでした 会社勤めの経験はないものの 彼女は 私のTEDトークに刺激を受け 学校に行き 子供のために 良い先生を雇うよう交渉を始めたのです あのとき 私は声を上げようと していたのだと思いますし ほかの女性も男性も これを通じて 声を上げることができました それで 私はトークの後 執筆に取りかかったのです 本にも 明確に強く表れている通り あなたは声を上げました でも それだけではなく あなたが学んだことを共有し 他の人の経験も 共有してくれました それこそ 私が考えていたことで― あなたが専門家になったんだと思います リーン・イン(一歩踏み出すこと)のね どのように感じましたか? 人生ではどんな意味が? 単に本や ベストセラー、人気トークを 世に出しただけでなく ムーブメントも起こしました 職場での行動を 文字通り 「リーン・イン」と 言うようになったんです とても嬉しく光栄に思います それこそ まさにスタート地点で 自分が専門家か そもそも専門家がいるのか わかりませんが 徹底したリサーチを行いました あらゆる研究に目を通し 資料もじっくり読みました 教訓はとても明白でした 分かっていることはこうです 世界中で女性をリーダーから 遠ざけているのはステレオタイプです 衝撃的なことに 「リーン・イン」はグローバルです 世界各地で この話をしました 当然 文化は違います 国内でさえそうですし 日本、韓国、中国、アジア、ヨーロッパ どれも全然違います でも ジェンダーは同じです 世界中の どんな文化においても 男性は強く、主張し、積極的で 発言力があるとされ 女性は 求められたときだけ話し 他人を助けるものだとされます そして 世界中で 女性は― 「威張っている」と言われます どの言語でも 女の子には 「威張っている」という 表現がありますが そのような言葉は 男の子には使いません 男の子がリードしても それに否定的な表現はありません 当然のことだからです でも女の子なら 「威張っている」のです ここでは男性は少数派ですが ご容赦下さい 男性の方には 男性代表ということでお願いします 職場で 積極的過ぎる と言われたことのある方は? いつも少ないんです(笑) まあ5%ですね 男性の皆さん 覚悟してください 女性の方で 職場で積極的過ぎる と言われた方は?(笑) 世界中 どの国で聞いても こんな感じでした データによく 裏付けされているわけです 女性は男性よりも積極的なのでしょうか? いいえ もちろん違います 単に色眼鏡で 人を見ているだけです 仕事で成果を出し リーダーシップを発揮する姿は それが男性であれば 「リーダー」に見られますが 女性なら 「威張っている」のです 幸いなことに これを認めれば 私たちは変われます この旅を通じて 最高に幸せと感じた ひと時は 出版後 シスコ社CEOのジョン・チェンバースと ステージに立ったときです 私の本を読んでくれた彼は 共に登壇し 女性もいる経営陣の前で 私を招き こう言ったのです 「私たちも 私も偏見はないと思っていました でも この本を読んで気付きました 私たち―私の会社も言っていたのです 女性管理職は皆 積極的過ぎると そこで このステージに立って お詫びします 同じことは繰り返さないと お約束します」 それ 知っている人全員に 送りたい感じですね(拍手) ジョンの発言は 会社のためを思ってのことです こうして偏見を認めてこそ 変われるのです ですから 誰かが女の子を 「威張ってる」なんて言っていたら その人のところに行き 満面の笑みで こう言いましょう 「その子は威張ってないわ 経営者並みのリーダーシップがあるだけよ」(笑) お嬢さんにもそう言っているんでしょうね ―もちろん あなたが本に集中し― 本を書かれた理由は 対話を促すためでした つまり 問題を日の目にさらし 事実に向き合おうと言うのです これだけ門戸が開かれ たくさんの機会がある時代に 女性は まだリーダーから 遠い場所にいるという事実に 本が出版されてから 数ヶ月が経ちました 『リーン・イン』では この現状に焦点を当て まだ課題は残っているが その多くを自分の問題として捉え 自らを見つめ直すべきと提言しました その後 どんな変化が? 何か変化は 見られたでしょうか? 確実に対話は増えています 素晴らしいことです でも 私―いえ 皆にとって 本当に大事なのは「行動」です どこに行っても CEOの方々― たいていは男性ですが―に言われます 「君のお蔭で お金がかかるよ 女性が皆 男性と同じ給料を要求するからね」 私の答えは 「ちっとも悪いと思わないわ」(笑) 全くですよ 女性は男性と同じ給料で当然です 行く先々で 女性から 「昇給を求める」と聞きます 行く先々で 女性から 「夫婦関係が良くなっている」 「家事をもっと助けてもらい 仕事でも 昇進を求める」と聞きます 重要なのは 自ら信じること 小さなことでもいいんです ある州知事の方には 女性の多くが 文字通り部屋の隅に 座っていることに 気付かなかったと言われました 今では 女性スタッフ全員を テーブルに着かせると決めました 本にあわせて立ち上げた団体 「リーン・イン」は 女性や男性の 小さなグループ― サークル作りを手助けしています 10名でも何名でもいいのですが 皆で1ヶ月に1回会うのです 今頃までに500のサークルが できれば最高だと思っていました 約10名かける500ですよ 実際は 世界50ヶ国で 1万2千以上のサークルができています それは 素晴らしいですね 毎月欠かさずに 会合を重ねる人たちの中で あるグループに会いました 北京でのことです 29歳か30歳の女性の集まりで 北京初の「リーン・イン」サークルです 何人かは とても貧しい田舎の出身です 29歳の彼女たちは 世間では「残り物」と言われています まだ結婚して いないからです 月に1度の集まりを 重ねることで 彼女たちは 自分探しをしています キャリアで何を目指すかや どんなパートナーがほしいかなどです 彼らを前に 順番に自己紹介を始めました それぞれ 名前と出身を言いました 私は「シェリル・サンドバーグです これが私の夢でした」と言い 泣き始めて しまいました そう 私は泣くんです 前にもお話ししましたね 世界の中心から遠く離れた 田舎の村で育った女性は 結婚したくもない相手と 結婚するよう言われてきました でも 今は月1度仲間に会い 世間が押しつけるものを拒み 自分なりの人生を 探すことができています これこそ 私たちが望むべき変化です このメッセージが世界共通なのに 驚かされたことはありますか? この本が世に出たとき 多くの方が考えたと思うんです これは 若い女性が人生を歩む上で 大切な教科書になると 若い女性こそ この問題に向き合い 来たる障害を予想し認識し 包み隠すことなく 話し合わないといけません まさに こうした女性のためです 実業界でキャリアを積む人もです 今や この本は田舎や開発途上国でも 読まれています 何か驚いたことはありますか? 新しい気付きがあったでしょう この本は 自信と平等について 書いていますが やはり 世界中の女性は もっと自信を持つ必要があるのです 世間は 私たちは 男性と違うと言います 世界中どこででも 男性は 仕事と家庭を両立できるのに 女性は どちらかだけです どうやって両立させているかなんて 男性は聞かれないでしょう(笑) ここで 再び 会場の男性陣に質問です どうやって仕事と家庭を両立させているか 聞かれた人は? (笑) 男性だけです 女性の皆さん どう両立させているか聞かれた方は? 男性は両方できて当然なんです 仕事も 子供も持てます でも 女性はできません おかしなことです アメリカを含め 世界中どこでも 大多数の女性は フルタイムで働き 子供もいるんですから このメッセージの重大さを 皆 本当に理解していないのです マイアミで 元セックスワーカーのための 集まりができました 『リーン・イン』を活用して 未来のある人生に戻れるよう 支援をしています 売春あっせん業者から助けるのです テキサスの「成功のための服装」を 提供するグループでは この本を使い 高卒女性の 就労支援をしています 遙か彼方のエチオピアにも サークルがあります こうした平等のメッセージは― どれほど「女性だから無理」と言われているか どれだけ「リーダーや発言権は 男性のものだ」とされているか 私たち皆に影響を与えるもので とても普遍的なことだと思います TEDWomenも そうなのですが これは 信じるべき目標に向け 私たちを結集させてくれます より多くの女性 より大きな声 より平等に という目標です またTEDWomenでの講演に 招かれたとしたら この経験から 個人的に何を得て この旅を通して 女性 そして男性について 何を学んだと 話しますか? そうですね 強く言いたいことは― より強く言える と思いますが― 現状に甘んじては いけないことです まだ現状では不十分で 変化の速さも十分ではありません TEDトークや 本の出版後 米国国勢調査の新しい統計が出ました どうだったと 思われますか? 米国における男女の賃金格差は ちっとも変っていません 男性1ドルに対し 女性は77セント 黒人女性なら 64セントで ラテンアメリカ系女性なら 54セントです これらの数字が 最後に上がったのはいつでしょう? 2002年です ずっと停滞しているんです 色んな意味で 私たちは このことに 正直になれていないと思います 色んな理由があるでしょう ジェンダーは話しにくいことですし 本当は受け入れるべきなのに 「フェミニスト」という言葉も敬遠してしまいます 「威張っている」なんて言葉は なくして 戻すべきは― (拍手) ここは強調したいと思いますが 「威張っている」という言葉をなくし 「フェミニスト」を復活させるべきです 必要なんですから (拍手) 私たちは皆 もっと踏み出さないといけませんね もっと踏み出しましょう シェリル ありがとう 一歩を踏み出してくれて ありがとうございました (拍手)

 

まとめ

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/sheryl_sandberg_so_we_leaned_in_now_what

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。