オススメTED動画 ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて

キャメロン・ラッセル 「ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて」

オススメポイント

キャメロン・ラッセルは自身が「遺伝子の宝くじ」に当たったと認めています。彼女は長身で美しいファッションモデル。下着モデルとしても有名です。しかし外見だけで判断してはいけません。彼女はこの勇気ある 誠実なトークで、 わずか16歳だった自身を非常に魅惑的に作りあげてくれたモデル産業に、皮肉たっぷりの眼差しを送ります。

 

再生時間

9分37秒

 

オリジナル動画

英訳

Hi. My name is Cameron Russell, and for the last little while, I’ve been a model. Actually, for 10 years. And I feel like there’s an uncomfortable tension in the room right now because I should not have worn this dress.

(Laughter)

So luckily, I brought an outfit change. This is the first outfit change on the TED stage, so you guys are pretty lucky to witness it, I think. If some of the women were really horrified when I came out, you don’t have to tell me now, but I’ll find out later on Twitter.

(Laughter)

I’d also note that I’m quite privileged to be able to transform what you think of me in a very brief 10 seconds. Not everybody gets to do that. These heels are very uncomfortable, so good thing I wasn’t going to wear them. The worst part is putting this sweater over my head, because that’s when you’ll all laugh at me, so don’t do anything while it’s over my head. All right.

So, why did I do that? That was awkward.

(Laughter)

Well —

(Laughter)

Hopefully not as awkward as that picture. Image is powerful, but also, image is superficial. I just totally transformed what you thought of me, in six seconds. And in this picture, I had actually never had a boyfriend in real life. I was totally uncomfortable, and the photographer was telling me to arch my back and put my hand in that guy’s hair. And of course, barring surgery, or the fake tan that I got two days ago for work, there’s very little that we can do to transform how we look, and how we look, though it is superficial and immutable, has a huge impact on our lives.

So today, for me, being fearless means being honest. And I am on this stage because I am a model. I am on this stage because I am a pretty, white woman, and in my industry, we call that a sexy girl. I’m going to answer the questions that people always ask me, but with an honest twist.

So the first question is, how do you become a model? I always just say, “Oh, I was scouted,” but that means nothing. The real way that I became a model is I won a genetic lottery, and I am the recipient of a legacy, and maybe you’re wondering what is a legacy. Well, for the past few centuries we have defined beauty not just as health and youth and symmetry that we’re biologically programmed to admire, but also as tall, slender figures, and femininity and white skin. And this is a legacy that was built for me, and it’s a legacy that I’ve been cashing out on. And I know there are people in the audience who are skeptical at this point, and maybe there are some fashionistas who are like, “Wait. Naomi. Tyra. Joan Smalls. Liu Wen.” And first, I commend you on your model knowledge. Very impressive.

(Laughter)

But unfortunately, I have to inform you that in 2007, a very inspired NYU Ph.D. student counted all the models on the runway, every single one that was hired, and of the 677 models that were hired, only 27, or less than four percent, were non-white.

The next question people always ask is, “Can I be a model when I grow up?” And the first answer is, “I don’t know, they don’t put me in charge of that.” But the second answer, and what I really want to say to these little girls is, “Why? You know? You can be anything. You could be the President of the United States, or the inventor of the next Internet, or a ninja cardiothoracic surgeon poet, which would be awesome, because you’d be the first one.”

(Laughter)

If, after this amazing list, they still are like, “No, no, Cameron, I want to be a model,” well, then I say, “Be my boss.” Because I’m not in charge of anything, and you could be the editor in chief of American Vogue or the CEO of H&M, or the next Steven Meisel. Saying that you want to be a model when you grow up is akin to saying that you want to win the Powerball when you grow up. It’s out of your control, and it’s awesome, and it’s not a career path.

I will demonstrate for you now 10 years of accumulated model knowledge, because unlike cardiothoracic surgeons, it can just be distilled right now. So, if the photographer is right there, the light is right there, like a nice HMI, and the client says, “We want a walking shot,” this leg goes first, nice and long, this arm goes back, this arm goes forward, the head is at three quarters, and you just go back and forth, just do that, and then you look back at your imaginary friends, 300, 400, 500 times.

(Laughter)

It will look something like this.

(Laughter)

Hopefully less awkward than that one in the middle. That was — I don’t know what happened there.

Unfortunately, after you’ve gone to school, and you have a résumé and you’ve done a few jobs, you can’t say anything anymore, so if you say you want to be the President of the United States, but your résumé reads, “Underwear Model: 10 years,” people give you a funny look.

The next question is, “Do they retouch all the photos?” And yeah, they pretty much retouch all the photos, but that is only a small component of what’s happening. This picture is the very first picture that I ever took, and it’s also the very first time that I had worn a bikini, and I didn’t even have my period yet. I know we’re getting personal, but I was a young girl. This is what I looked like with my grandma just a few months earlier. Here’s me on the same day as this shoot. My friend got to come. Here’s me at a slumber party a few days before I shot French Vogue. Here’s me on the soccer team and in V Magazine. And here’s me today. And I hope what you’re seeing is that these pictures are not pictures of me. They are constructions, and they are constructions by a group of professionals, by hairstylists and makeup artists and photographers and stylists and all of their assistants and pre-production and post-production, and they build this. That’s not me.

Okay, so the next question people always ask me is, “Do you get free stuff?”

(Laughter)

I do have too many 8-inch heels which I never get to wear, except for earlier, but the free stuff that I get is the free stuff that I get in real life, and that’s what we don’t like to talk about.

I grew up in Cambridge, and one time I went into a store and I forgot my money and they gave me the dress for free. When I was a teenager, I was driving with my friend who was an awful driver and she ran a red and of course, we got pulled over, and all it took was a “Sorry, officer,” and we were on our way. And I got these free things because of how I look, not who I am, and there are people paying a cost for how they look and not who they are.

I live in New York, and last year, of the 140,000 teenagers that were stopped and frisked, 86% of them were black and Latino, and most of them were young men. And there are only 177,000 young black and Latino men in New York, so for them, it’s not a question of, “Will I get stopped?” but “How many times will I get stopped? When will I get stopped?” When I was researching this talk, I found out that of the 13-year-old girls in the United States, 53% don’t like their bodies, and that number goes to 78% by the time that they’re 17.

So, the last question people ask me is, “What is it like to be a model?” And I think the answer that they’re looking for is, “If you are a little bit skinnier and you have shinier hair, you will be so happy and fabulous.” And when we’re backstage, we give an answer that maybe makes it seem like that. We say, “It’s really amazing to travel, and it’s amazing to get to work with creative, inspired, passionate people.” And those things are true, but they’re only one half of the story, because the thing that we never say on camera, that I have never said on camera, is, “I am insecure.” And I’m insecure because I have to think about what I look like every day. And if you ever are wondering, “If I have thinner thighs and shinier hair, will I be happier?” you just need to meet a group of models, because they have the thinnest thighs, the shiniest hair and the coolest clothes, and they’re the most physically insecure women probably on the planet.

When I was writing this talk, I found it very difficult to strike an honest balance, because on the one hand, I felt very uncomfortable to come out here and say, “Look I’ve received all these benefits from a deck stacked in my favor,” and it also felt really uncomfortable to follow that up with, “and it doesn’t always make me happy.” But mostly it was difficult to unpack a legacy of gender and racial oppression when I am one of the biggest beneficiaries.

But I’m also happy and honored to be up here and I think that it’s great that I got to come before 10 or 20 or 30 years had passed and I’d had more agency in my career, because maybe then I wouldn’t tell the story of how I got my first job, or maybe I wouldn’t tell the story of how I paid for college, which seems so important right now.

If there’s a takeaway to this talk, I hope it’s that we all feel more comfortable acknowledging the power of image in our perceived successes and our perceived failures.

Thank you.

(Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

こんにちは キャメロン・ラッセルです ここ何年かの間 モデルをやっています ここ何年かの間 モデルをやっています 実際には10年になります この会場には 何かピリピリした 空気が漂っていますが この会場には 何かピリピリした 空気が漂っていますが きっと 私がこんな服を 着ているからですね (笑)

幸い 着替えを持ってきました TED史上初 ステージ上での 衣装替えなので これを見られる皆さんは ラッキーだと思います 私がステージに出てくるのを見て どうなる事かと心配した方がいましたら 別に手を挙げなくてもいいですけど 後ほどツイッターで見つけますから(笑) 別に手を挙げなくてもいいですけど 後ほどツイッターで見つけますから(笑)

こんなこと出来て本当にうれしいんです 皆さんの私に対する考えを ほんの10秒のうちに変えられるなんて そんなチャンス滅多にありませんものね このヒールは疲れるので 別の靴を持ってきて良かったわ このヒールは疲れるので 別の靴を持ってきて良かったわ セーターをかぶる時 みんな笑うんですよ 滑稽な姿をしていても バカにしないでくださいね これでいいですね

なぜこんな事 お見せしたと思いますか? お見苦しいものを お見せしました まあでも この写真よりは マシだったと良いんですが イメージというものは 強烈です しかし同時に イメージとは 表面的なものなんです 私はたった今 数秒で 自分のイメージを変えました この写真の当時 実は男の子と付き合ったこともなく やりにくい撮影で カメラマンの指示に従い 背中を反らせたり 男性の髪に手をやったりしたんです もちろん 手術や こんな撮影のため数日前にやった ニセ日焼けが無ければ 容姿を変えることなど ほとんどできません 単に表面的で 変えられないものだと 分かっていても 外見というものは 私生活に莫大な影響を及ぼします

私にとって このイベントのテーマである 「勇気」とは真実を話す事だと思います 私はモデルだから このステージに立っています 顔立ちがよく そして白人なので このステージにいるんです 業界用語では セクシーガールといいます 今日は よく聞かれる質問に 答えたいと思います 普段と違って 正直にね

まず聞かれるのは どうやってモデルになったか いつも 「スカウトされたから」 と答えますが これでは答えになっていません モデルになれた真の理由は 偉大な伝承物をうけとったからです 受け継がれた伝承物は何かというと この数世紀の間 私たちの定義する美しさは 単に健康 若さ 均整といった 生物学的に 称賛するよう 仕込まれてきた要素だけでなく 長身で すらっとした体型 女性らしさや 白い肌なども 含むようになりました この様に 私に都合良く 受け継がれて来た ものを使って稼いでいるわけです この様に 私に都合良く 受け継がれて来た ものを使って稼いでいるわけです これを疑問視する人もいるでしょう ファッションに詳しい方は こう言うかもしれません ファッションに詳しい方は こう言うかもしれません 「ナオミやタイラ、ジョン・スモールズ、リウ・ウェンなど 白人以外のモデルもいるぞ」 モデルのことを よくご存知で すばらしいですね (笑) でも実は そうではないんです 2007年 ニューヨーク大の 聡明な博士課程の大学院生が ランウェイを歩くモデルを 一人残らず数えました 雇用された677人のモデルのうち 白人以外の人種は 4%未満の27人だけだったんです

次によく聞かれる質問は 「大人になったら 私もモデルになれますか?」 「さあ それは私が決めることでないし」 とまず言ってから 尋ねてきた少女たちに訊くんです 「なぜモデルになりたいの? 他にも いろいろなれるじゃない 米国大統領とか 次世代インターネットの発明者とか 米国大統領とか 次世代インターネットの発明者とか あるいは 忍者心胸外科医詩人なんてどう? まだ誰もなってないんだから 最高じゃない?」 (笑) こうやって他の選択肢を挙げても 「私はモデルになりたいの」と言ったら 「だったら私のボスになるといいわ」 と私は答えるの 私には何の権限もないけれど 米版『ヴォーグ』の編集長や H&MのCEO あるいは 次のスティーヴン・マイゼルに なれるかもしれません モデルになりたいというのは 「宝くじを当てたい」と言うのと 同じことなんです 素晴らしいことですが 自分の力ではどうにもならないことであり キャリアとして 成長できるものでもないんです 10年間積み上げてきた モデルの知識を披露します 心胸外科医と違って 短く要約 できちゃいます カメラマンがそこにいるとします ここにライトがあって 「歩いている写真が撮りたい」 と言われたら 左足を 前方に 真っ直ぐ伸ばし 左手は後ろ 右手は前にやります 頭は45度に保ち こうやって前後を繰り返します 友だちがいると想定して 振り向くんです 300回・・400回・・500回くらいね(笑) そしてこんな感じに 仕上がります(笑) 真ん中の写真は ちょっと不自然ですが なんで こうなったんでしょうね

学校を卒業して 仕事の経験もあるとしても それ以上 履歴書に書けることはありません 例えば 米国大統領に なりたいとします しかし履歴書には 「下着モデル10年」 採用担当者は おかしな顔をします

さて 次に聞かれる質問は 「画像修整はしているの?」 ほぼ全ての写真が修整されます でも それだけではないんです この写真は私の処女作です 人生で初めて ビキニを着た時でもあります 生理すら始まっていませんでした 私生活のことに触れますが 私は ごく普通の少女でした これは撮影数ヶ月前に おばあちゃんと撮った写真です 2つは同じ日に撮った写真です 友だちが一緒に来てくれました 仏版『ヴォーグ』の撮影数日前に パジャマパーティをした写真です サッカーチームでの写真と 『V マガジン』の写真です そして最近の写真です 皆さんが見ているのは 本当の私ではないですよね これらは作品であり ヘアスタイリスト メイクアップアーティスト カメラマン スタイリスト等の専門家を初め ヘアスタイリスト メイクアップアーティスト カメラマン スタイリスト等の専門家を始め 彼らのアシスタントや プリプロ・ポスプロ等 皆で作りあげる作品であり 「私」ではないんです

さて 次によく聞かれるのは 「無料で色々もらえるの?」 日常では絶対に使わない 20cmのヒールなら余るほどあります 撮影前には履きますけどね 無料でもらえるものと言えば 私生活で得られるもので 普通はあまり口にされません 地元のケンブリッジで ショッピングに行ったとき お金を忘れてしまいました しかし 欲しかったドレスが タダで貰えたんです ティーンの時 友だちと ドライブしていました 赤信号を突っ切ってしまい 警察に止められましたが 「お巡りさん ごめんなさい」 と言うと 見逃してもらえました こういった無料のものは 私自身に関係なく 私の外見のおかげで 得られるんです 反対に 単に外見のため 犠牲を払う人たちもいます 私の住むニューヨークで 昨年 14万人のティーンが 所持品検査を受けさせられましたが そのうち86%が 黒人かラテン系であり そのほとんどが若い男性でした ニューヨークには黒人とラテン系の 若者は17万7千人しかいませんから 彼らにしてみれば 「検査を受けさせられるのか?」ではなく 「何回受けさせられるのか? それはいつか?」なんです 今回話す内容を検討中に あることを発見しました アメリカに住む13歳の少女のうち 53%が自分の体を嫌っていて 17歳になるころには その値は78%にも上がっています

さて よく聞かれる最後の質問は 「モデルってどうなの?」です さて よく聞かれる最後の質問は 「モデルってどうなの?」です 質問者の期待する答えというのは 「すらっとして 髪が美しかったら 幸せで 有名になれるわ」です 舞台裏でのインタビューとかを聞いて そう思うのかもしれません 私たちはこう答えます 「世界中を飛び回り 才能があり 情熱を持つ クリエイティブな人たちと 仕事ができるのは 素晴らしいです」 確かに嘘では ありませんが 真実の半分でしかありません 誰もカメラに向かっては 絶対に言わないもの 現に私も言ったことはありませんが 私たちは不安なんです なぜ不安なのかと言うと 毎日 自分の外見を 気にしなくてはいけないからです 「足が細くて 髪がもっと艶々してたら もっと 幸せになれるかしら?」 と思うことがあるならば モデルたちに会ってみることです と思うことがあるならば モデルたちに会ってみることです 申し分のない脚や髪 そしてステキな服も着ていますが 彼女たちは おそらく世界で一番 身体的不安を抱えています

私は この話の原稿を書いているとき どうしたら正確に話の 釣り合いが取れるか悩みました このステージで こんな事を言うのは 気が引けました 「私は運が良かったから こんなに得をした」 その一方 こう付け足すのも 簡単な事ではないのです 「だからと言って いつも幸せなわけではないの」 でも一番難しかったのは 私たちの受け継いできた 性別と人種の抑圧を話す事でした それによって 特に恩恵を受けているのが 私自身だからです しかし このステージに上がれて 幸せで 誇りにも思います 今日 ここで話せて 良かったと思います 10年後 20年後 30年後 もっとエージェントがついたら たぶん どうやってこの職を得たかとか 学費をどう稼いだかなんて 話さなかったかもしれません 現在 私にとって勉強はとても大切なものです

今日の私の話を聞いて 外見上の成功や失敗の裏には イメージの持つ力の影響があるという事を 考えられるように なって頂ける事を 願っています

ありがとうございました (拍手)

 

まとめ

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
http://www.ted.com/talks/cameron_russell_looks_aren_t_everything_believe_me_i_m_a_model

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。