オススメTED動画 目標は人に言わずにおこう

デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

オススメポイント

素晴らしい計画を新しく思いついたとき、私たちが最初に考えるのはそれを誰かに話すということですが、目標は秘密にしておいた方が良いとデレク・シヴァーズは言います。彼は1920年代まで遡る研究を援用しながら、自分の野心について話すことはその実現の見込みを下げる可能性があることを示しています。これから何かをやろうと思っている方にはぜひ観ていただきたいです。

再生時間

3分15秒

オリジナル動画


英訳

Everyone, please think of your biggest personal goal. For real — you can take a second. You’ve got to feel this to learn it. Take a few seconds and think of your personal biggest goal, okay? Imagine deciding right now that you’re going to do it. Imagine telling someone that you meet today what you’re going to do. Imagine their congratulations, and their high image of you. Doesn’t it feel good to say it out loud? Don’t you feel one step closer already, like it’s already becoming part of your identity?

Well, bad news: you should have kept your mouth shut, because that good feeling now will make you less likely to do it. The repeated psychology tests have proven that telling someone your goal makes it less likely to happen. Any time you have a goal, there are some steps that need to be done, some work that needs to be done in order to achieve it. Ideally you would not be satisfied until you’d actually done the work. But when you tell someone your goal and they acknowledge it, psychologists have found that it’s called a “social reality.” The mind is kind of tricked into feeling that it’s already done. And then because you’ve felt that satisfaction, you’re less motivated to do the actual hard work necessary.

(Laughter)

So this goes against conventional wisdom that we should tell our friends our goals, right? So they hold us to it.

So, let’s look at the proof. 1926: Kurt Lewin, founder of social psychology, called this “substitution.” 1933: Wera Mahler found when it was acknowledged by others, it felt real in the mind. 1982, Peter Gollwitzer wrote a whole book about this, and in 2009, he did some new tests that were published.

It goes like this: 163 people across four separate tests. Everyone wrote down their personal goal. Then half of them announced their commitment to this goal to the room, and half didn’t. Then everyone was given 45 minutes of work that would directly lead them towards their goal, but they were told that they could stop at any time. Now, those who kept their mouths shut worked the entire 45 minutes on average, and when asked afterward, said that they felt that they had a long way to go still to achieve their goal. But those who had announced it quit after only 33 minutes, on average, and when asked afterward, said that they felt much closer to achieving their goal.

So if this is true, what can we do? Well, you could resist the temptation to announce your goal. You can delay the gratification that the social acknowledgment brings, and you can understand that your mind mistakes the talking for the doing. But if you do need to talk about something, you can state it in a way that gives you no satisfaction, such as, “I really want to run this marathon, so I need to train five times a week and kick my ass if I don’t, okay?”

So audience, next time you’re tempted to tell someone your goal, what will you say?

(Silence)

Exactly! Well done.

(Laughter)

(Applause)

日本語字幕


日本語訳

皆さん 自分の 大きな個人目標について考えてください 真剣にです 理解するには 自分で感じる必要があります 集中して 大きな個人目標を考えましょう できましたか? それに取り組むことに 決めたと想像してください 今日会う人に そう話すのを想像してください その人たちがほめて 自分を見直すのを想像してください 口に出して言うのは いい気分です それだけでもう ゴールに一歩近づいて すでに自分のものになった気がしませんか?

悪いニュースは 口を閉じなきゃいけないということです 話すことの気持ち良さが 実際にやる可能性を下げてしまうのです 目標を人に話すことが 実現の可能性を下げることは 心理学の実験で繰り返し示されています 目標を目指すときには 実現のため踏むべき段階があり やるべき苦しい作業があります 本来なら実現するまで満足は得られないはずなのに 目標を人に話し 認めてもらうと それが一種の― 社会的現実になることに 心理学者は気づきました もう実現したかのように 心が錯覚してしまうのです そして満足を感じることで 必要な努力を実際に行う― 動機づけが低下してしまうのです これは 支えが得られるよう 目標は友達に話すべきだという 一般通念に反しますよね?

証拠を見てみましょう 1926年 社会心理学者クルト レヴィンは これを「代償行為」と呼び 1933年 ヴェラ マーラーは 他の人に認められると 心は現実のように感じることを示し 1982年 ピーター ゴルウィツァーは これに関して本を書き 2009年には 新たな実験結果を公開しました

こんな実験です 163人が4つのテストを受けます みんな個人目標を紙に書いて 半分の人はみんなに向かってそれをやると宣言します あとの半分は口外しません それからみんな45分与えられて 自分の目標に近づくための作業をしますが 好きな時にやめてよいと言われます 目標を言わずにいた人たちは みんな45分間全部を使い 後で質問すると 目標の実現までは まだ遠いと感じると言います しかし目標を口外した人たちは 平均で33分過ぎたところでやめてしまい 後で質問されると ゴールにずいぶん近づいた気がすると言うのです

もしこれが本当なら どうすればよいのでしょう? 目標を人に言いたい誘惑に 抵抗してみましょう 社会的に認められるという満足を 後に取っておきましょう そして言うことと実行することを 取り違える心理を理解しましょう 言わなければならない場合にも 満足感を与えないように 言えばよいのです たとえば― 「今度のマラソン大会で走りたいから 週5日トレーニングしなきゃいけないんだ サボっていたら喝を入れてくれない?」

そういうわけで皆さん この次誰かに目標を話したくなったら どう言えばよいのでしょう? そうです よくできました

(拍手)

まとめ

一般的には、目標はどんどん話していったほうがいい!というのが定説ですが、一概にそう言えないというのは意外ですね。確かに承認欲求が満たされるという側面はあるのかもしれません。みなさんはどう感じられたでしょうか?

ぜひ英語学習ということで、この動画を観てから、目標は人に言うべきか、黙っておくべきか、考えてみてください。

Quote from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/derek_sivers_keep_your_goals_to_yourself

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。