オススメTED動画 ゼロへのイノベーション

「ゼロへのイノベーション」 ビル=ゲイツ、エネルギーについて語る。

オススメポイント

TED2010において、ビル=ゲイツがエネルギーの将来についてのビジョンを明らかにしました。地球的規模の終末を避けるためには「奇跡」が必要であるとし、従来とは全く異なるタイプの原子炉をなぜサポートしている理由を説明します。必須の目標は?2050年には地球全体での炭酸ガス排出量をゼロにすることです。

 

再生時間

27分49秒

 

オリジナル動画

英訳

I’m going to talk today about energy and climate. And that might seem a bit surprising because my full-time work at the Foundation is mostly about vaccines and seeds, about the things that we need to invent and deliver to help the poorest two billion live better lives. But energy and climate are extremely important to these people — in fact, more important than to anyone else on the planet. The climate getting worse means that many years, their crops won’t grow: There will be too much rain, not enough rain, things will change in ways that their fragile environment simply can’t support. And that leads to starvation, it leads to uncertainty, it leads to unrest. So, the climate changes will be terrible for them.

Also, the price of energy is very important to them. In fact, if you could pick just one thing to lower the price of, to reduce poverty, by far you would pick energy. Now, the price of energy has come down over time. Really advanced civilization is based on advances in energy. The coal revolution fueled the Industrial Revolution, and, even in the 1900s we’ve seen a very rapid decline in the price of electricity, and that’s why we have refrigerators, air-conditioning, we can make modern materials and do so many things. And so, we’re in a wonderful situation with electricity in the rich world. But, as we make it cheaper — and let’s go for making it twice as cheap — we need to meet a new constraint, and that constraint has to do with CO2.

CO2 is warming the planet, and the equation on CO2 is actually a very straightforward one. If you sum up the CO2 that gets emitted, that leads to a temperature increase, and that temperature increase leads to some very negative effects: the effects on the weather; perhaps worse, the indirect effects, in that the natural ecosystems can’t adjust to these rapid changes, and so you get ecosystem collapses.

Now, the exact amount of how you map from a certain increase of CO2 to what temperature will be and where the positive feedbacks are, there’s some uncertainty there, but not very much. And there’s certainly uncertainty about how bad those effects will be, but they will be extremely bad. I asked the top scientists on this several times: Do we really have to get down to near zero? Can’t we just cut it in half or a quarter? And the answer is that until we get near to zero, the temperature will continue to rise. And so that’s a big challenge. It’s very different than saying “We’re a twelve-foot-high truck trying to get under a ten-foot bridge, and we can just sort of squeeze under.” This is something that has to get to zero.

Now, we put out a lot of carbon dioxide every year, over 26 billion tons. For each American, it’s about 20 tons; for people in poor countries, it’s less than one ton. It’s an average of about five tons for everyone on the planet. And, somehow, we have to make changes that will bring that down to zero. It’s been constantly going up. It’s only various economic changes that have even flattened it at all, so we have to go from rapidly rising to falling, and falling all the way to zero.

This equation has four factors, a little bit of multiplication: So, you’ve got a thing on the left, CO2, that you want to get to zero, and that’s going to be based on the number of people, the services each person’s using on average, the energy on average for each service, and the CO2 being put out per unit of energy. So, let’s look at each one of these and see how we can get this down to zero. Probably, one of these numbers is going to have to get pretty near to zero. Now that’s back from high school algebra, but let’s take a look.

First, we’ve got population. The world today has 6.8 billion people. That’s headed up to about nine billion. Now, if we do a really great job on new vaccines, health care, reproductive health services, we could lower that by, perhaps, 10 or 15 percent, but there we see an increase of about 1.3.

The second factor is the services we use. This encompasses everything: the food we eat, clothing, TV, heating. These are very good things: getting rid of poverty means providing these services to almost everyone on the planet. And it’s a great thing for this number to go up. In the rich world, perhaps the top one billion, we probably could cut back and use less, but every year, this number, on average, is going to go up, and so, over all, that will more than double the services delivered per person. Here we have a very basic service: Do you have lighting in your house to be able to read your homework? And, in fact, these kids don’t, so they’re going out and reading their school work under the street lamps.

Now, efficiency, E, the energy for each service, here finally we have some good news. We have something that’s not going up. Through various inventions and new ways of doing lighting, through different types of cars, different ways of building buildings — there are a lot of services where you can bring the energy for that service down quite substantially. Some individual services even bring it down by 90 percent. There are other services like how we make fertilizer, or how we do air transport, where the rooms for improvement are far, far less. And so, overall here, if we’re optimistic, we may get a reduction of a factor of three to even, perhaps, a factor of six. But for these first three factors now, we’ve gone from 26 billion to, at best, maybe 13 billion tons, and that just won’t cut it.

So let’s look at this fourth factor — this is going to be a key one — and this is the amount of CO2 put out per each unit of energy. And so the question is: Can you actually get that to zero? If you burn coal, no. If you burn natural gas, no. Almost every way we make electricity today, except for the emerging renewables and nuclear, puts out CO2. And so, what we’re going to have to do at a global scale, is create a new system. And so, we need energy miracles.

Now, when I use the term “miracle,” I don’t mean something that’s impossible. The microprocessor is a miracle. The personal computer is a miracle. The Internet and its services are a miracle. So, the people here have participated in the creation of many miracles. Usually, we don’t have a deadline, where you have to get the miracle by a certain date. Usually, you just kind of stand by, and some come along, some don’t. This is a case where we actually have to drive at full speed and get a miracle in a pretty tight timeline.

Now, I thought, “How could I really capture this? Is there some kind of natural illustration, some demonstration that would grab people’s imagination here?” I thought back to a year ago when I brought mosquitos, and somehow people enjoyed that. (Laughter) It really got them involved in the idea of, you know, there are people who live with mosquitos. So, with energy, all I could come up with is this. I decided that releasing fireflies would be my contribution to the environment here this year. So here we have some natural fireflies. I’m told they don’t bite; in fact, they might not even leave that jar. (Laughter)

Now, there’s all sorts of gimmicky solutions like that one, but they don’t really add up to much. We need solutions — either one or several — that have unbelievable scale and unbelievable reliability, and, although there’s many directions people are seeking, I really only see five that can achieve the big numbers. I’ve left out tide, geothermal, fusion, biofuels. Those may make some contribution, and if they can do better than I expect, so much the better, but my key point here is that we’re going to have to work on each of these five, and we can’t give up any of them because they look daunting, because they all have significant challenges.

Let’s look first at the burning fossil fuels, either burning coal or burning natural gas. What you need to do there, seems like it might be simple, but it’s not, and that’s to take all the CO2, after you’ve burned it, going out the flue, pressurize it, create a liquid, put it somewhere, and hope it stays there. Now we have some pilot things that do this at the 60 to 80 percent level, but getting up to that full percentage, that will be very tricky, and agreeing on where these CO2 quantities should be put will be hard, but the toughest one here is this long-term issue. Who’s going to be sure? Who’s going to guarantee something that is literally billions of times larger than any type of waste you think of in terms of nuclear or other things? This is a lot of volume. So that’s a tough one.

Next would be nuclear. It also has three big problems: Cost, particularly in highly regulated countries, is high; the issue of the safety, really feeling good about nothing could go wrong, that, even though you have these human operators, that the fuel doesn’t get used for weapons. And then what do you do with the waste? And, although it’s not very large, there are a lot of concerns about that. People need to feel good about it. So three very tough problems that might be solvable, and so, should be worked on.

The last three of the five, I’ve grouped together. These are what people often refer to as the renewable sources. And they actually — although it’s great they don’t require fuel — they have some disadvantages. One is that the density of energy gathered in these technologies is dramatically less than a power plant. This is energy farming, so you’re talking about many square miles, thousands of time more area than you think of as a normal energy plant. Also, these are intermittent sources. The sun doesn’t shine all day, it doesn’t shine every day, and, likewise, the wind doesn’t blow all the time. And so, if you depend on these sources, you have to have some way of getting the energy during those time periods that it’s not available. So, we’ve got big cost challenges here, we have transmission challenges: for example, say this energy source is outside your country; you not only need the technology, but you have to deal with the risk of the energy coming from elsewhere.

And, finally, this storage problem. And, to dimensionalize this, I went through and looked at all the types of batteries that get made — for cars, for computers, for phones, for flashlights, for everything — and compared that to the amount of electrical energy the world uses, and what I found is that all the batteries we make now could store less than 10 minutes of all the energy. And so, in fact, we need a big breakthrough here, something that’s going to be a factor of 100 better than the approaches we have now. It’s not impossible, but it’s not a very easy thing. Now, this shows up when you try to get the intermittent source to be above, say, 20 to 30 percent of what you’re using. If you’re counting on it for 100 percent, you need an incredible miracle battery.

Now, how we’re going to go forward on this — what’s the right approach? Is it a Manhattan Project? What’s the thing that can get us there? Well, we need lots of companies working on this, hundreds. In each of these five paths, we need at least a hundred people. And a lot of them, you’ll look at and say, “They’re crazy.” That’s good. And, I think, here in the TED group, we have many people who are already pursuing this. Bill Gross has several companies, including one called eSolar that has some great solar thermal technologies. Vinod Khosla’s investing in dozens of companies that are doing great things and have interesting possibilities, and I’m trying to help back that. Nathan Myhrvold and I actually are backing a company that, perhaps surprisingly, is actually taking the nuclear approach. There are some innovations in nuclear: modular, liquid. And innovation really stopped in this industry quite some ago, so the idea that there’s some good ideas laying around is not all that surprising.

The idea of TerraPower is that, instead of burning a part of uranium — the one percent, which is the U235 — we decided, “Let’s burn the 99 percent, the U238.” It is kind of a crazy idea. In fact, people had talked about it for a long time, but they could never simulate properly whether it would work or not, and so it’s through the advent of modern supercomputers that now you can simulate and see that, yes, with the right material’s approach, this looks like it would work.

And, because you’re burning that 99 percent, you have greatly improved cost profile. You actually burn up the waste, and you can actually use as fuel all the leftover waste from today’s reactors. So, instead of worrying about them, you just take that. It’s a great thing. It breathes this uranium as it goes along, so it’s kind of like a candle. You can see it’s a log there, often referred to as a traveling wave reactor. In terms of fuel, this really solves the problem. I’ve got a picture here of a place in Kentucky. This is the leftover, the 99 percent, where they’ve taken out the part they burn now, so it’s called depleted uranium. That would power the U.S. for hundreds of years. And, simply by filtering seawater in an inexpensive process, you’d have enough fuel for the entire lifetime of the rest of the planet.

So, you know, it’s got lots of challenges ahead, but it is an example of the many hundreds and hundreds of ideas that we need to move forward. So let’s think: How should we measure ourselves? What should our report card look like? Well, let’s go out to where we really need to get, and then look at the intermediate. For 2050, you’ve heard many people talk about this 80 percent reduction. That really is very important, that we get there. And that 20 percent will be used up by things going on in poor countries, still some agriculture, hopefully we will have cleaned up forestry, cement. So, to get to that 80 percent, the developed countries, including countries like China, will have had to switch their electricity generation altogether. So, the other grade is: Are we deploying this zero-emission technology, have we deployed it in all the developed countries and we’re in the process of getting it elsewhere? That’s super important. That’s a key element of making that report card.

So, backing up from there, what should the 2020 report card look like? Well, again, it should have the two elements. We should go through these efficiency measures to start getting reductions: The less we emit, the less that sum will be of CO2, and, therefore, the less the temperature. But in some ways, the grade we get there, doing things that don’t get us all the way to the big reductions, is only equally, or maybe even slightly less, important than the other, which is the piece of innovation on these breakthroughs.

These breakthroughs, we need to move those at full speed, and we can measure that in terms of companies, pilot projects, regulatory things that have been changed. There’s a lot of great books that have been written about this. The Al Gore book, “Our Choice” and the David McKay book, “Sustainable Energy Without the Hot Air.” They really go through it and create a framework that this can be discussed broadly, because we need broad backing for this. There’s a lot that has to come together.

So this is a wish. It’s a very concrete wish that we invent this technology. If you gave me only one wish for the next 50 years — I could pick who’s president, I could pick a vaccine, which is something I love, or I could pick that this thing that’s half the cost with no CO2 gets invented — this is the wish I would pick. This is the one with the greatest impact. If we don’t get this wish, the division between the people who think short term and long term will be terrible, between the U.S. and China, between poor countries and rich, and most of all the lives of those two billion will be far worse.

So, what do we have to do? What am I appealing to you to step forward and drive? We need to go for more research funding. When countries get together in places like Copenhagen, they shouldn’t just discuss the CO2. They should discuss this innovation agenda, and you’d be stunned at the ridiculously low levels of spending on these innovative approaches. We do need the market incentives — CO2 tax, cap and trade — something that gets that price signal out there. We need to get the message out. We need to have this dialogue be a more rational, more understandable dialogue, including the steps that the government takes. This is an important wish, but it is one I think we can achieve.

Thank you. (Applause) Thank you.

Chris Anderson: Thank you. Thank you. (Applause) Thank you. So to understand more about TerraPower, right — I mean, first of all, can you give a sense of what scale of investment this is?

Bil Gates: To actually do the software, buy the supercomputer, hire all the great scientists, which we’ve done, that’s only tens of millions, and even once we test our materials out in a Russian reactor to make sure that our materials work properly, then you’ll only be up in the hundreds of millions. The tough thing is building the pilot reactor; finding the several billion, finding the regulator, the location that will actually build the first one of these. Once you get the first one built, if it works as advertised, then it’s just clear as day, because the economics, the energy density, are so different than nuclear as we know it.

CA: And so, to understand it right, this involves building deep into the ground almost like a vertical kind of column of nuclear fuel, of this sort of spent uranium, and then the process starts at the top and kind of works down?

BG: That’s right. Today, you’re always refueling the reactor, so you have lots of people and lots of controls that can go wrong: that thing where you’re opening it up and moving things in and out, that’s not good. So, if you have very cheap fuel that you can put 60 years in — just think of it as a log — put it down and not have those same complexities. And it just sits there and burns for the 60 years, and then it’s done.

CA: It’s a nuclear power plant that is its own waste disposal solution.

BG: Yeah. Well, what happens with the waste, you can let it sit there — there’s a lot less waste under this approach — then you can actually take that, and put it into another one and burn that. And we start off actually by taking the waste that exists today, that’s sitting in these cooling pools or dry casking by reactors — that’s our fuel to begin with. So, the thing that’s been a problem from those reactors is actually what gets fed into ours, and you’re reducing the volume of the waste quite dramatically as you’re going through this process.

CA: I mean, you’re talking to different people around the world about the possibilities here. Where is there most interest in actually doing something with this?

BG: Well, we haven’t picked a particular place, and there’s all these interesting disclosure rules about anything that’s called “nuclear,” so we’ve got a lot of interest, that people from the company have been in Russia, India, China — I’ve been back seeing the secretary of energy here, talking about how this fits into the energy agenda. So I’m optimistic. You know, the French and Japanese have done some work. This is a variant on something that has been done. It’s an important advance, but it’s like a fast reactor, and a lot of countries have built them, so anybody who’s done a fast reactor is a candidate to be where the first one gets built.

CA: So, in your mind, timescale and likelihood of actually taking something like this live?

BG: Well, we need — for one of these high-scale, electro-generation things that’s very cheap, we have 20 years to invent and then 20 years to deploy. That’s sort of the deadline that the environmental models have shown us that we have to meet. And, you know, TerraPower, if things go well — which is wishing for a lot — could easily meet that. And there are, fortunately now, dozens of companies — we need it to be hundreds — who, likewise, if their science goes well, if the funding for their pilot plants goes well, that they can compete for this. And it’s best if multiple succeed, because then you could use a mix of these things. We certainly need one to succeed.

CA: In terms of big-scale possible game changes, is this the biggest that you’re aware of out there?

BG: An energy breakthrough is the most important thing. It would have been, even without the environmental constraint, but the environmental constraint just makes it so much greater. In the nuclear space, there are other innovators. You know, we don’t know their work as well as we know this one, but the modular people, that’s a different approach. There’s a liquid-type reactor, which seems a little hard, but maybe they say that about us. And so, there are different ones, but the beauty of this is a molecule of uranium has a million times as much energy as a molecule of, say, coal, and so — if you can deal with the negatives, which are essentially the radiation — the footprint and cost, the potential, in terms of effect on land and various things, is almost in a class of its own.

CA: If this doesn’t work, then what? Do we have to start taking emergency measures to try and keep the temperature of the earth stable?

BG: If you get into that situation, it’s like if you’ve been over-eating, and you’re about to have a heart attack: Then where do you go? You may need heart surgery or something. There is a line of research on what’s called geoengineering, which are various techniques that would delay the heating to buy us 20 or 30 years to get our act together. Now, that’s just an insurance policy. You hope you don’t need to do that. Some people say you shouldn’t even work on the insurance policy because it might make you lazy, that you’ll keep eating because you know heart surgery will be there to save you. I’m not sure that’s wise, given the importance of the problem, but there’s now the geoengineering discussion about — should that be in the back pocket in case things happen faster, or this innovation goes a lot slower than we expect?

CA: Climate skeptics: If you had a sentence or two to say to them, how might you persuade them that they’re wrong?

BG: Well, unfortunately, the skeptics come in different camps. The ones who make scientific arguments are very few. Are they saying that there’s negative feedback effects that have to do with clouds that offset things? There are very, very few things that they can even say there’s a chance in a million of those things. The main problem we have here, it’s kind of like AIDS. You make the mistake now, and you pay for it a lot later.

And so, when you have all sorts of urgent problems, the idea of taking pain now that has to do with a gain later, and a somewhat uncertain pain thing — in fact, the IPCC report, that’s not necessarily the worst case, and there are people in the rich world who look at IPCC and say, “OK, that isn’t that big of a deal.” The fact is it’s that uncertain part that should move us towards this. But my dream here is that, if you can make it economic, and meet the CO2 constraints, then the skeptics say, “OK, I don’t care that it doesn’t put out CO2, I kind of wish it did put out CO2, but I guess I’ll accept it because it’s cheaper than what’s come before.” (Applause)

CA: And so, that would be your response to the Bjorn Lomborg argument, that basically if you spend all this energy trying to solve the CO2 problem, it’s going to take away all your other goals of trying to rid the world of poverty and malaria and so forth, it’s a stupid waste of the Earth’s resources to put money towards that when there are better things we can do.

BG: Well, the actual spending on the R&D piece — say the U.S. should spend 10 billion a year more than it is right now — it’s not that dramatic. It shouldn’t take away from other things. The thing you get into big money on, and this, reasonable people can disagree, is when you have something that’s non-economic and you’re trying to fund that — that, to me, mostly is a waste. Unless you’re very close and you’re just funding the learning curve and it’s going to get very cheap, I believe we should try more things that have a potential to be far less expensive. If the trade-off you get into is, “Let’s make energy super expensive,” then the rich can afford that. I mean, all of us here could pay five times as much for our energy and not change our lifestyle. The disaster is for that two billion.

And even Lomborg has changed. His shtick now is, “Why isn’t the R&D getting more discussed?” He’s still, because of his earlier stuff, still associated with the skeptic camp, but he’s realized that’s a pretty lonely camp, and so, he’s making the R&D point. And so there is a thread of something that I think is appropriate. The R&D piece, it’s crazy how little it’s funded.

CA: Well Bill, I suspect I speak on the behalf of most people here to say I really hope your wish comes true. Thank you so much.

BG: Thank you. (Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

今日はエネルギーと気候について話そうと思います 少し驚かれるかもしれません 私の財団での主な仕事はワクチンとか農業といったものだからです 貧しい暮らしをしている20億の人々の生活を改善するため 投資や援助が必要な分野です でも エネルギーや気象も 貧しい人々に大きな影響があります 最も影響を受けるのが貧しい人々なのです 気候が悪くなれば 何年も作物が育たなくなります 雨が降りすぎたり 足りなかったり 彼らの脆弱な環境の限界を越えて 様々な変化が起きるでしょう 飢餓が発生し 混乱や争乱が起こります つまり 気候変動は貧しい人々への脅威となるのです

エネルギーの価格にも 大きな意味があります 何か一つだけ価格を下げて 貧困を減らせるとしたら 間違いなく エネルギーを選択することでしょう エネルギーの価格は時代とともに低下してきています まさに 先進文明はエネルギーの進歩をその基礎としています 石炭革命によって産業革命に火がつきました また 1900年代にすでに 電力価格は急激に低下しています だからこそ 冷蔵庫やエアコンを使い 新素材を創り出し いろいろなことが可能になっているのです 豊かな世界では 電力によって素晴らしい環境がもたらされています しかし価格が低下すると – たとえば価格を半分としてみましょう – 別の制約に直面します CO2に関する制限です

CO2は地球を暖めます CO2の方程式は非常に分かりやすいものです CO2排出の蓄積が 気温上昇につながります 気温が上昇すると 大変困ったことがいくつか起きます 気候はもちろん おそらく最悪の 直接目に見えない影響は 自然のエコシステムが急激な変化に対応できず エコシステムを崩壊に追いやってしまうことです

一定量のCO2 の増加が どれほどの温度上昇に相当するのか 正確な関係や 正のフィードバックがどう作用するのかに関して 不明点があるにしても ほぼ解明されています どの程度の悪影響があるかは確かに不明なのですが 大きな影響であることは確かです 優秀な科学者になんどか尋ねてみました 本当にゼロにする必要があるのかどうか 半分とか1/4ではダメなのか? ゼロに近づけるまでは 気温は上昇を続ける という答えでした これは大きな課題です 12フィートのトラックが10フィートの橋の通り抜けるのとは違います 掘り下げればいいのですからね ゼロにしなければなりません

毎年 我々は大量の炭酸ガスを排出しています 260億トン以上にもなります アメリカ人一人あたり20トンです 貧困国では1トンにもなりません 地球全体を平均すればひとり5トンになります なんとかして状況を変えなければなりません ゼロに近づける必要があるのです 排出量は増え続けてきました 増加を抑えることができたのは 経済的要因のみでした つまり 急上昇から 下降へ 下降を続けてゼロにまで下げなければならないのです

この方程式には4つの変数があります 掛け算が必要です 左側にゼロに減らしたいCO2があります この量を決定するのは 人の数 一人当たりのサービス量 サービス当たりのエネルギー量 エネルギー単位あたりのCO2排出量です それぞれの量を検討して どうすればゼロにできるかを考えましょう いずれかの数値をほぼゼロにすることが必要なはずです 高校の代数の授業のようですが 少し我慢してください

まずは人口です 現在 世界の人口は68億人です 90億人程度まで増加します しかし 新ワクチンや保健医療 生殖関連で十分な成果を納めれば おそらく 10%から15%抑えることができるかもしれません しかし今は 増加率を1.3と見ています

二つ目の変数はサービスです 食べ物 衣料 テレビ 暖房 全ての物がサービスに含まれます どれも素晴らしい物です 貧困からの脱出とは サービスを地上の全ての人々に 行き渡らせることなのです この数値が増加するのは素晴らしいことです 豊かな国 おそらく上位の10億人については 利用するサービスを削減することが可能でしょう しかし毎年 平均するとこの数値は上昇してゆくはずです 一人当たりに配分されるサービスの量は 二倍以上になることでしょう 基本的なサービスです 家に電灯があるからこそ 家で勉強をすることができます しかしこの子たちは違います 外で街灯の明かりで宿題をするのです

次に効率(efficiency)Eはサービス当たりのエネルギー量です この点に関しては良いニュースがあります 上昇していないのです 照明に関する多くの発明や 新しい照明方法 新タイプの自動車 従来とは異なる建築方法 必要なエネルギーを大幅に引き下げることができる サービスがたくさんあります 中には90%も削減できるサービスもあります しかし一方で 化学肥料の製造や 航空輸送のように 削減の余地がほとんど無いサービスもあります しかし楽天的に考えれば 1/3 ないし おろらく 1/6 に削減できるはずです しかし この最初の3つの変数だけでは 最良の場合でも260億トンを130億トンに削減できる程度でしょう それ以上の削減は望めません

では4番目の変数を考えましょう この変数が鍵になります エネルギー量あたりのCO2排出量を示しています 問題はこの数値を実質ゼロに近づけることができるかです 石炭を燃やしたのでは ダメです 天然ガスを燃やしても ダメです 現在行われている発電の方法では 新しい再生可能エネルギーや原子力を除き CO2を排出します 従って 今必要なことは 地球規模で 新しいシステムを創り出すことです つまり 「奇跡の」エネルギーが必要なのです

「奇跡」ではあっても 不可能ではありません マイクロプロセッサは奇跡です パソコンも奇跡 インターネットやそのサービスも奇跡です 我々は数多くの奇跡をつくりだしてきました 通常は 締め切り日は設定されていません いつまでに奇跡を起こさなければならない とは決まっていないのです 向上するもの しないものがあり それをじっと待つのが普通です しかし このケースでは全速力で前進しなければなりません 厳しいスケジュールで奇跡を起こさなければならないのです

どうすればうまく表現できるでしょうか? どんな 自然の風景や デモをお見せすれば 人々のイマジネーションを刺激できるでしょうか? 一年前 蚊を持ってきたときのことを思い出しました 皆さん 喜んでくれましたね (笑い) 蚊と共に暮らしている人々がいることを よく考えていただけたと思います エネルギーに関してはこれを持ってきました ホタルを放すことを 環境に対する今年の貢献にしようと思ったのです 野生のホタルを持ってきました 噛まれることはないそうですが ビンから離れないかもしれません (笑い)

様々の工夫をこらしたソリューションを集めてみました しかし あまり納得できるものではありません ソリューションは一つであるとは限りませんが 規模が非常に大きく 信頼性が非常に高くなくてはなりません 人々は様々な方向に進もうとしていますが 大きな成果を得ることができるのは5つだけだと思います 波 地熱 核融合 バイオ燃料は含めていません ある程度の貢献は見込めるでしょう 期待を上回ってくれるのであれば それに超したことはありません しかし ここでお話ししたいことは この5つに注力せねばならないということなのです 手強そうだからといって 一つでも諦めることはできません どれも大きな課題を有しているからです

まず 化石燃料の使用について考えましょう 石炭や天然ガスを燃焼させることです 行うべきことは単純に思えるかもしれませんが 単純ではないのです 煙突から出るCO2をすべて取り去り 与圧して液体化し どこかへ保管しなければなりません じっとその場に留まってくれと祈ります 60%から80%のレベルで この処理を行う試験運用を行っています しかし 100%を達成するには工夫が必要なのです また 大量のCO2をどこに保管すべきかを合意することも難関となります 非常に長期にわたる課題であることが最も難しい点でしょう 誰が保証できるのでしょうか? 原子力やその他 従来の廃棄物と比較して何十億倍にもなる 廃棄物を誰が保証してくれるのでしょうか? それほどの量なのです 非常に難しい挑戦です

次に原子力はどうでしょうか 原子力も3つの大きな問題を抱えています 規制の厳しい国においては特に コストが高くなります 安全性については 問題がなければ それに超したことはありません 監視員がいるにしても 燃料が兵器に使われないかどうかは安全上の問題なのです 廃棄物の処理はどうすればいいのでしょうか? 大量の廃棄物ではありませんが 懸念が大きい点となっています この懸念を晴らす必要があります この3つは難しい問題ですが解決可能なはずです さらに努力を重ねなければなりません

残りの3つについては まとめてあります よく 再生可能エネルギー源と呼ばれているものです 現実のところ これらは燃料を必要としない点では優れていますが 不利な点も持ち合わせているのです ます こういった技術で収集できるエネルギー密度が 発電所に比べ著しく低い点です エネルギー農場であり 広大な面積が必要になります 普通に思いつく発電所の何千倍もの面積が必要なのです また 安定した供給源でもありません お日様は毎日 一日中 照っている訳ではありません 風も常に吹いているわけではないのです もし こういった供給源に頼るとすると それを利用できない間 エネルギーを得る 別の手段を用意しなければなりません コスト上の大きな問題となります エネルギーを送信する上での課題もあります 例えば 供給源が国外にあるとすると 技術上の課題が発生するだけでなく エネルギーを国外から得るリスクも考慮が必要になります

また 貯蔵に関する課題もあります この問題を検討するために あらゆるタイプのバッテリを チェックしてみました 自動車用 コンピュータ用 携帯用 フラッシュライト用など様々なバッテリを調査したのです 世界規模で必要になる電力量と比較してみました 現在入手できるバッテリをすべて集めても 必要なエネルギーを10分供給することができません つまり劇的な技術革新が必要なのです 現在私たちが採っているアプローチに比べ 百倍単位で貯蔵能力を改善できるような技術革新です 不可能ではありませんが 容易なことではありません 不安定な供給源からエネルギーを得る場合 必要量の20%から30%が上限になるでしょう 100%頼るとなると 驚くべき「奇跡の」バッテリが必要になるのです

では どう進めてゆけばよいのでしょうか 正しいアプローチは何でしょうか? マンハッタン計画でしょうか? どうすれば目的が達成できるのでしょうか? この問題に取り組む企業が数多く必要です 数百でしょう 5つの方法にそれぞれに 最低でも100人が取り組む必要があります 多くはクレイジーだと言われるでしょう それで構いません このTEDグループの中にも 既にこの方向に進んでいる多くの方々がいます ビル=グロスが持っている会社の中に eSolarがあります この会社は優れた太陽熱の技術を有しています ビノッド=コースラは数十社に投資をしていますが 優れたビジネスを行っており 将来の可能性もあります 私も協力しています ネイサン=ミアボルドと私は ある会社を支援しています 驚かれるでしょうが 原子力利用のアプローチを採っている会社です モジュラー型や冷却型など 原子炉に関する技術革新がありました この産業においては技術革新は以前からストップしています 従って 優れたアイデアが放置されているという考えは的外れではありません

ウランの一部分 つまり1%のU235を燃焼させる代わりに 残りの99%であるU238を燃焼させてみよう というのが Terrapowerのアイデアでした クレイジーなアイデアです この方法は昔から考えられていました しかし 上手く行くかどうか 正確にシミュレートできなかったのです 最新のスーパーコンピュータを利用できるようになったことで シミュレートが可能になり 適切な燃料を使うアプローチで 上手く行きそうだと分かりました

99%を燃料として使用することで コスト面で劇的な改善が得られます 燃やしているのは廃棄物であり 既存の原子炉でできる すべての残留廃棄物を燃料とすることができるのです 廃棄物を懸念するのではなく 利用するのです 優れた方法です ウランを取り込んで燃焼します ローソクのようなものです 丸太のようなものがあります 進行波炉と呼ばれています 燃料の面では これが解決策となります ケンタッキー州で撮影した写真です 99%にあたる 残留物です 燃料として利用できる部分は取り去られていますので 劣化ウランと呼ばれます アメリカに数百年間 エネルギーを供給できます 低価格の方法で海水を濾過するだけで この惑星が未来永劫必要とする量の燃料を入手できるのです

課題も多く存在します しかし これは数多く存在する 我々が推進すべき アイデアの一例に過ぎません 自分をどうやって評価すべきでしょうか? 通信簿をどう作れば良いのでしょう? まず最終目標について考えた後 その中間地点を振り返ってみることにしましょう 2050年に80%の削減という表現をよく聞きます これは非常に重要で 我々が目指すところです 残りの20%は貧しい国々で使い切ることになるでしょう 農業もあります 林業やセメントの問題は片付いていると思います ですから 80%を達成するには 中国のような国々を含む先進国は 発電の方法を完全に変えてしまわなければなりません さらに成績を上げるため 排出量ゼロの技術を展開しています すべての先進国での技術展開が完了し その他の国々にも展開をしているとことです これは非常に重要です 通信簿の観点となります

振り返って 2020年の通信簿はどうなっているべきでしょうか? やはり二つの要素があるはずです 削減を進展させるためにはこれらのあらゆる効率化の手段が必要です 排出量を減らせば CO2排出量の合計も減らすことができ 気温も下がります しかし 我々の評価において 大幅な削減にまで至らないことを行うことは もう一方の評価ほど重要ではないのです それはブレイクスルーに属する様々のイノベーションです

これらのブレイクスルーは全速力で推進しなければなりません 企業やテストプログラム 法規制などがどのように変わったか によってその成果を測定することができるでしょう これについては 素晴らしい本が沢山あります アル=ゴアの「私たちの選択(Our Choice)」 デヴィッド=マッケイの”Sustainable Energy Without the Hot Air.” 彼等の真剣な取り組みから フレームワークが創られました このフレームワークは広く議論されるべきです 幅広い支援が必要なのですから やるべきことは沢山あります

願い事です 具体的な願い事をすることで このテクノロジーが生まれました 次の50年に 一つだけ願い事ができるとしたら 大統領の指名を選ぶでしょうか 私の天職である ワクチンを選ぶでしょうか あるいは これを選ぶでしょうか CO2を排出しない技術のコストを半減する発明を 私はこれを選ぶでしょう 非常に影響力の大きな選択肢です これを願わなければ 短期を考える人 長期を考える人の溝は広がり続けます アメリカと中国 貧しい国と豊かな国 20億人の暮らしはさらに悪化することでしょう

では何をすればいいのでしょうか? 何を推進してゆかなければならないのでしょうか? さらに研究資金を得る必要があります コペンハーゲンのような場で国々が集まった際には CO2についてのみ議論してもだめなのです イノベーションのアジェンダについて議論すべきです 革新的なアプローチに対する 支出があまりに低いことに愕然とすることでしょう 炭素税やキャップ=アンド=トレードのような市場に対するインセンティブが必要です 価格によって信号を発信すべきです メッセージを発信しなければなりません この対話をさらに合理的で 理解を得られるものにしなければなりません それには政府が採るステップも含まれます これは非常に重要な願い事であり 必ず成し遂げられると思っています

ありがとう (拍手) ありがとう

クリス=アンダーソン:ありがとう ありがとう (拍手) ありがとう Terrapowerについて理解を深めたいと思うのですが まず 投資の規模としてはどのくらいなのでしょうか?

ビル=ゲイツ:ソフト開発やスパコンの購入 優秀な科学者の雇用は終わっています 数千万しか要していません 一度 ロシアの原子炉で資材のテストができれば 問題がないことがはっきりするはずです それでも数億で済みます 難関は試験炉の建設です 数十億が必要で 監視機関や建設場所を探して 第一号を実際に建設することになります 第一号を建設し 宣伝文句通りであることが分かれば 明白になります なぜなら経済面 エネルギー密度が 既知の原子炉とは全く異なるからです

CA: 地中奥深くに 核燃料 使用済みウランの柱を 垂直に立てると理解していいでしょうか? そして 上部からプロセスが始まり 下の方へ続いてゆくのでしょうか?

BG:そうです 現在の原子炉では常に燃料補給が必要です 多くの人が複雑な管理をしていて 間違いも起こります 容器を開けて 移動して 中身を出し入れするような 良くないことです 60年間使える安価な燃料があれば 丸太と同じだと思って下さい 置いておくだけで 従来の複雑さはないのです 60年間燃え続け 最後には無くなります

CA:廃棄物処理のソリューションとなる原子力発電所ですね

BG:そうです 廃棄物は ずっと少なくなりますから そのまま置いておけます 実際には 廃棄物を取り出して 次の燃料と入れ替えて使うことになります 最初の燃料としては 既に存在している廃棄物 冷却プールやドライ・キャスク(貯蔵槽)にある廃棄物を利用します 最初の燃料となる訳です 従来の原子炉でずっと問題になっていた物が 我々の原子炉に送り込まれるのです このプロセスによって 廃棄物を 劇的に削減することができるはずです

CA:このアプローチの可能性について 世界中の人々と 話されたと思いますが 実際にこれを行うことに最も関心を示した国はどこですか?

BG:まだ特定の場所を選択してはいません 核と名のつく物には奇妙な開示ルールがつきものです 多くの人が関心を示します ロシア インド 中国の会社の人たちと会っています こちらでエネルギー大臣ともお会いできたので このアプローチがエネルギー計画に合致するかどうか話しました ですから楽観しています 日仏の企業はすでに対応をしています 今までに行われてきたことの改良なのです 著しく進歩していますが 高速炉と同じです 高速炉は既に多くの国々で建設されています 高速炉の経験があれば 1号機を建設できる候補者です

CA: 実現までの期間と可能性を どう見ていますか?

BG:高度な発電施設を すごく安く 建設しなければなりません 開発に 20 年 普及に 20 年かかります 環境モデルから導かれる その デッドラインには間に合わせないといけません Terrapowerがうまくゆけば 簡単なことでしょう そう望んでいます また現在 幸いにも数十の会社が取り組み ― 数百社に増えて欲しいのですが ― 同様に その科学技術が成果を収め 試験施設の資金集めが順調に進めば よい競合となるはずです 多くの会社が成功すれば 良い部分を取り入れて使うことができます まず 一つが成功する必要があります

CA:長期間の間には状況が激変する可能性もあります 最も大きな関心事は他にあるのでしょうか?

BG:エネルギー革命は最も重要なことです もし環境問題がなかったとしても それは変わりません 環境問題は単に エネルギー革命の重要性を大きくしているだけです 原子力の分野では他にもイノベータが存在します 我々と同じくらい良い仕事をしているかどうかは分かりませんが モジュラー型で 別のアプローチを採っている人々もいます 冷却型もありますが 難しそうです 我々も難しそうと評価されるかもしれません 様々な型の原子炉がありますが 素晴らしい点は ウランの分子が 石炭などに比べて 百万倍ものエネルギーを有しており もしマイナスの面を克服できれば つまり放射能の問題ですが 環境への影響やコスト 土地の有効利用などの面での 効率といった観点から 他とは比較にならないでしょう

CA:うまく行かなかった場合は? 気温を安定させるための試みとして なにか緊急手段を検討しなければならないでしょうか?

BG:そういう状況というのは 食べ過ぎて 心臓発作を起こしてしまったようなものです どうしますか?心臓手術が必要かもしれません 地球工学と呼ばれる一連の研究があります 温熱効果を遅らせる様々な技術があり 20年か30年の時間的猶予を与えてくれるでしょう これが一種の保険となります 必要なければ良いと思います 中には 保険なんて掛けない方が良いという人もいます 保険があるから 怠惰な生活を続け 食べ続けるのだ 心臓手術で助かるだろうと考えるからだ というのですが― 問題の重要性を考えれば 良い考えには思えません しかし 地球工学についての議論も始めておくべきでしょう 状況が予想より早く悪化したり 技術改革が予想より遅い可能性もあるのですから

CA:気候変動に懐疑的な人々に話しておくことはありますか 彼らが間違っていると納得させることはできるでしょうか?

BG:残念ですが 懐疑論者とは全く立場が異なります 科学的な議論をしている人は僅かです 雲によって相殺が行われることに関する 負のフィードバック効果について言及しているのでしょうか? 百万分の一の確率でそういうことがある というのも難しいのではないでしょうか 主要な問題はAIDSの場合と同じです 今間違いを犯せば 将来にツケを残します

緊急の課題がたくさんある場合 後で有利になるなら 今は我慢もしようという考えです どれほどの我慢かはっきりしなくてもです 事実 IPCCのレポートは 最悪のケースを想定しているとは限りません IPCCを知っているのは豊かな世界の人々です 大騒ぎすることはないよ と言えるのです 不明確な部分があるからこそ 私たちは行動をしています 私の夢は もし これを経済的にも合理的で CO2 の制約もクリアしてしまえば 懐疑論者も こう言うでしょう OK CO2を排出しないことは気にしない 少しくらい排出してもいいんだが 以前より値段が下がっているから 問題ないと思うよ (拍手)

CA:ビヨルン=ロンボルグの論理に対する答えになると思いますが つまり 彼は CO2の問題にすべての資源をつぎ込んでしまえば 貧困問題やマラリア対策など 他の目標をすべて達成することができなくなる という論理で 他に私たちができることがあるのに この問題にお金を出すのは 馬鹿げた無駄遣いだろうというのです

BG: 実際のところ R&Dに関する支出では 米国は現在より年間100億ドル多く支出するべきです 驚くような金額ではありません 他のことが犠牲になるわけではないのです 経済的に価値がないものに対して出資を行っている それなら 分別のある人が反対するのも理解できます 私も無駄遣いだと思うでしょう ゴールも間近で習熟曲線に従った投資が 価格を下げていくのです 可能性のあることに もっと挑戦して 価格を下げるべきだと信じています このトレードオフで エネルギーの価格が上昇したとして 豊かな人々には問題にならないでしょう ここにいる人は5倍を支払えるはずですし それでもライフスタイルは変わりません 問題は20億の人々です

R&Dについての議論が高まらないという点に ロンボルグは論点を変えています 彼の立場から 懐疑論に寄った意見をもっています しかし 賛成が少ないことを理解して R&Dを問題にしているのでしょう 私も適切だと思う点があります R&Dに対して出資されている資金の少なさです

CA:ではビル みんなを代表して 願いが叶うことを期待しています ありがとう

BG:ありがとう (拍手)

 

まとめ

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/bill_gates

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。