オススメTED動画 Wii リモコンHack

ジョニー・リーが披露するWii リモコンHack

オススメポイント

安価なパーツから高度な教育ツールを作るWii リモコンHack をジョニー・リー氏が披露しています。ゲーム機コントローラが、デジタルホワイトボードやタッチスクリーンや3D ヘッドマウントビューアへと変わります。研究者、技術者にとっては非常に参考になるプレゼンテーションです。

 

再生時間

5分40秒

 

オリジナル動画

英訳

So, as researchers, something that we often do is use immense resources to achieve certain capabilities, or achieve certain goals. And this is essential to the progress of science, or exploration of what is possible. But it creates this unfortunate situation where a tiny, tiny fraction of the world can actually participate in this exploration or can benefit from that technology. Something that motivates me, and gets me really excited about my research, is when I see simple opportunities to drastically change that distribution and make the technology accessible to a much wider percentage of the population.

I’m going to show you two videos that have gotten a lot of attention that I think embody this philosophy. And they actually use the Nintendo Wii Remote. For those of you who aren’t familiar with this device, it’s a $40 video game controller. And it’s mostly advertised for its motion-sensing capabilities: so you can swing a tennis racket, or hit a baseball bat. But what actually interests me a lot more is the fact that in the tip of each controller is a relatively high-performing infrared camera. And I’m going to show you two demos of why this is useful.

So here, I have my computer set up with the projector, and I have a Wii Remote sitting on top of it. And, for example, if you’re in a school that doesn’t have a lot money, probably a lot of schools, or if you’re in an office environment, and you want an interactive whiteboard, normally these cost about two to three thousand dollars. So I’m going to show you how to create one with a Wii Remote. Now, this requires another piece of hardware, which is this infrared pen. You can probably make this yourself for about five dollars with a quick trip to the Radio Shack. It’s got a battery, a button and an infrared LED — you guys can’t see it — but it turns on whenever I push the button. Now, what this means is that if I run this piece of software, the camera sees the infrared dot, and I can register the location of the camera pixels to the projector pixels. And now this is like an interactive whiteboard surface.

(Applause)

So for about $50 of hardware, you can have your own whiteboard. This is Adobe Photoshop.

(Applause)

Thank you.

(Laughter)

The software for this I’ve actually put on my website and have let people download it for free. In the three months this project has been public, it’s been downloaded over half a million times. So teachers and students all around the world are already using this.

(Applause)

Although it does do it for 50 dollars, there are some limitations of this approach. You get about 80 percent of the way there, for one percent of the cost. Another nice thing is that a camera can see multiple dots, so this is actually a multi-touch, interactive whiteboard system as well.

(Applause)

For the second demo, I have this Wii Remote that’s actually next to the TV. So it’s pointing away from the display, rather than pointing at the display. And why this is interesting is that if you put on, say, a pair of safety glasses, that have two infrared dots in them, they are going to give the computer an approximation of your head location. And why this is interesting is I have this sort of application running on the computer monitor, which has a 3D room, with some targets floating in it. And you can see that it looks like a 3D room. kind of like a video game, it sort of looks 3D, but for the most part, the image looks pretty flat, and bound to the surface of the screen. But if we turn on head tracking — the computer can change the image that’s on the screen and make it respond to the head movements. So let’s switch back to that.

(Laughter)

(Applause)

So this has actually been a little bit startling to the game-development community.

(Laughter)

Because this is about 10 dollars of additional hardware if you already have a Nintendo Wii. So I’m looking forward to seeing some games, and actually Louis Castle, that’s him down there, last week announced that Electronic Arts, one of the largest game publishers, is releasing a game in May that has a little Easter egg feature for supporting this type of head tracking. And that’s from less than five months from a prototype in my lab to a major commercial product.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

But actually, to me, what’s almost more interesting than either of these two projects is how people actually found out about them. YouTube has really changed the way, or changed the speed, in which a single individual can actually spread an idea around the world. I’m doing some research in my lab with a video camera, and within the first week, a million people had seen this work, and literally within days, engineers, teachers and students from around the world were already posting their own YouTube videos of them using my system or derivatives of this work. So I hope to see more of that in the future, and hope online video distribution to be embraced by the research community.

So thank you very much.

(Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

研究者である私たちは 何かを実現したり 目的を達するために 巨大なリソースを用いることがよくあります これは科学の進歩のためには 必要なことなのですが その反面 残念な状況も生んでいます そういう探求に実際に参加したり 技術の恩恵を受けられるのは ごく一部の人に限られるからです やる気の元であり 研究がエキサイティングになるのは そのような偏りを劇的に変え そういった技術に ずっと多くの人が 触れられるようにする簡単な方法を 見出したときです

お見せするのは その実例であり 最近ネットで注目を集めました Nintendo Wii のリモコンを使っています ゲームに馴染みのない人のために言っておくと これはゲーム機のコントローラで 40 ドルで手に入ります モーションセンサが組み込まれており ゲームでテニスラケットや 野球バットのように使える点ばかりが宣伝されていますが このコントローラの先端にある かなり高性能な赤外線カメラの方が 私にはずっと興味深く思えます それがどう役に立つのか 例を2 つお見せしましょう

ここにプロジェクタにつないだパソコンがあり Wii リモコンをその上に取り付けます たとえば学校にいてあまり予算がないとか 多くの学校はそうだと思いますが あるいは会社で 対話的ホワイトボードを使いたいとします 買うと通常2~3千ドルします それをWii リモコンを使って 作れるのだということをお見せしたい それにはハードウェアがもう1 つ必要になります この赤外線ペンです 電気製品のディスカウントショップに行けば 5 ドルくらいで簡単に作れます 必要なのは電池と ボタンと 赤外線LEDだけで 見えないでしょうけど ボタンを押すと 点くようになっています そしてこのソフトを動かすと カメラが赤外線の光点を捕捉します カメラのピクセル位置とプロジェクタのピクセル位置を登録してやると 電子ホワイトボードとして機能するようになります (拍手) 50 ドルほどのハードで 自分のホワイトボードが作れるのです 今使っているのはAdobe Photoshop です (拍手) (“Hell!”と手書きする) どうも (笑)

このソフトウェアは私のWeb サイトに置いてあり 自由にダウンロードできるようにしてあります このプロジェクトを公開して3 ヶ月で 50 万回以上ダウンロードされました 世界中の教師や学生が このソフトを使っているのです (拍手) 50 ドルで実現できるこのやり方には 制限もありますが しかしやりたいことの80% が1% のコストで 実現できるのです もう1 ついいことは カメラは複数の点を捕らえられるので 対話的ホワイトボードだけじゃなく マルチタッチだって可能だということです (拍手)

2 つ目のデモは このWii リモコンを テレビの方に取り付けます 画面に向けるのでなく 画面からこちらに向けるようにします こうすると何が面白いかというと このような2 つの赤外線光源の付いた 保護眼鏡を着用すると コンピュータが 人のおおよその頭の位置を把握できます それからコンピュータで このような標的が浮かんだ3D の部屋を 表示するプログラムを動かします テレビゲームでよくある 3D の部屋のように見えますね しかし画像がほとんど平坦で 表面に張り付いたように見えます しかしヘッドトラッキングをオンにしてやると コンピュータは頭の動きに応じて 表示イメージを変えられるようになります やってみましょう (笑) (拍手)

ゲーム開発者のコミュニティにとっては ちょっとショックかも (笑) なにしろこれは Nintendo Wii を持っていれば 10 ドル分のハードの追加でできてしまうからです これを使ったゲームが現れるのを期待しています 実際ルイス キャッスルが あそこにいますけど 先週発表していました ゲームソフト最大手のエレクトロニックアーツが5 月に出すゲームには ヘッドトラッキングを使った 隠し機能が組み込まれるそうです 私が研究室でプロトを作ってから たった5 ヶ月で メジャーな商用製品が出てくるのです (拍手) どうも

しかし私にとって この2 つの製品以上に 興味深かったのは 人々がそれを見つけ出した方法です YouTube は 一個人が自分のアイデアを 世界に広める方法やスピードを 根本的に変えました 私は研究室でビデオカメラを使った研究をしていますが 最初の週だけで100 万もの人々がこの作品を見 ほんの数日のうちに 世界中の技術者や教師や学生が 私のシステムを使い あるいはそれを改造したものを使って YouTube にビデオを投稿したのです だから将来このようなものがさらに現れて オンラインビデオが研究者のコミュニティで 広く使われるようになることを望んでいます どうもありがとうございました (スタンディングオベーション)

 

まとめ

技術者にとって、もっともエキサイティングするのは、開発した技術が一部の人だけではなく、多くの人に触れられる簡単な方法を見出した時という表現は、技術者や研究者なら共感できるのではないでしょうか?

このプレゼンテーション終了後は、スタンディングオーベーションで、オーディエンスの歓声が非常に大きいと思います。

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/johnny_lee_demos_wii_remote_hacks

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。