オススメTED動画 12歳のiPhoneアプリ開発者

トーマス・スウォレズ 「12歳のiPhoneアプリ開発者」

オススメポイント

12歳の子の多くはビデオゲームで遊ぶのが好きですが、トーマス・スウォレズの場合はゲームの作り方を学びました。モグラたたきゲーム「バスティン・ジーバー」のようなiPhoneアプリを作ったあと、彼はそのスキルを生かして他の子どもたちが開発者になる手助けをしています。(TEDxManhattanBeachより)理系の方には是非観ていただきたいです。

 

再生時間

4分40秒

 

オリジナル動画

英訳

I’ve always had a fascination for computers and technology, and I made a few apps for the iPhone, iPod Touch, and iPad. I’d like to share a couple with you today. My first app was a unique fortune teller called Earth Fortune that would display different colors of earth depending on what your fortune was. My favorite and most successful app is Bustin Jieber, which is — (Laughter) — which is a Justin Bieber Whac-A-Mole. I created it because a lot of people at school disliked Justin Bieber a little bit, so I decided to make the app. So I went to work programming it, and I released it just before the holidays in 2010. A lot of people ask me, how did I make these? A lot of times it’s because the person who asked the question wants to make an app also. A lot of kids these days like to play games, but now they want to make them, and it’s difficult, because not many kids know where to go to find out how to make a program. I mean, for soccer, you could go to a soccer team. For violin, you could get lessons for a violin. But what if you want to make an app? And their parents, the kid’s parents might have done some of these things when they were young, but not many parents have written apps. (Laughter) Where do you go to find out how to make an app? Well, this is how I approached it. This is what I did. First of all, I’ve been programming in multiple other programming languages to get the basics down, such as Python, C, Java, etc. And then Apple released the iPhone, and with it, the iPhone software development kit, and the software development kit is a suite of tools for creating and programming an iPhone app. This opened up a whole new world of possibilities for me, and after playing with the software development kit a little bit, I made a couple apps, I made some test apps. One of them happened to be Earth Fortune, and I was ready to put Earth Fortune on the App Store, and so I persuaded my parents to pay the 99 dollar fee to be able to put my apps on the App Store. They agreed, and now I have apps on the App Store. I’ve gotten a lot of interest and encouragement from my family, friends, teachers and even people at the Apple Store, and that’s been a huge help to me. I’ve gotten a lot of inspiration from Steve Jobs, and I’ve started an app club at school, and a teacher at my school is kindly sponsoring my app club. Any student at my school can come and learn how to design an app. This is so I can share my experiences with others. There’s these programs called the iPad Pilot Program, and some districts have them. I’m fortunate enough to be part of one. A big challenge is, how should the iPads be used, and what apps should we put on the iPads? So we’re getting feedback from teachers at the school to see what kind of apps they’d like. When we design the app and we sell it, it will be free to local districts and other districts that we sell to, all the money from that will go into the local ed foundations. These days, students usually know a little bit more than teachers with the technology. (Laughter) So — (Laughter) — sorry — (Laughter) — so this is a resource to teachers, and educators should recognize this resource and make good use of it. I’d like to finish up by saying what I’d like to do in the future. First of all, I’d like to create more apps, more games. I’m working with a third party company to make an app. I’d like to get into Android programming and development, and I’d like to continue my app club, and find other ways for students to share knowledge with others. Thank you. (Applause)

 

日本語字幕

日本語訳

僕は昔からコンピュータや テクノロジーに惹かれていて iPhoneや iPadのための アプリを作りました 今日はそのことを お話しします 最初のアプリは「地球占い」という 変わった占いゲームです 運の善し悪しによって 違った色の地球が 表示されます 僕のお気に入りで 一番成功したアプリは 「バスティン・ジーバー」です (笑) ジャスティン・ビーバーを使った モグラたたきゲームです このゲームを作ったのは ジャスティン・ビーバーのことを あんまり好きじゃない人が 学校にたくさんいたので いいかもと思ったからです それでプログラミングに 取りかかり 2010年のクリスマス前に 公開しました 「どうやって作ったの?」と いろんな人から聞かれました 聞いた人の多くは 自分でもアプリを 作りたいと 思っていました 最近の子どもの多くは ゲームで遊ぶだけでなく 自分でもゲームを 作りたいと思っています でも それが難しいのは どこへ行けばプログラムの 作り方が分かるのか 知らないからです サッカーを学びたければ サッカーチームに入ればいいし バイオリンを学びたければ レッスンを受ければいいですが アプリの作り方を学びたい人は どうすればいいのか? 親は サッカーやバイオリンなら 若い頃にしたことがあるかも しれませんが アプリを作ったことのある親なんて あんまりいないでしょう (笑) アプリの作り方は どこへ行けば 分かるのでしょう? 僕の場合は こんな風にしました まずいろんな プログラミング言語で プログラミングをして 基礎を覚えました Pythonや Cや Java なんかをやりました それからAppleが iPhoneを発売して それには iPhoneソフトウェア 開発キットがありました ソフトウェア開発キット というのは iPhoneアプリを作るための ツール集です これは僕にまったく新しい可能性を 開いてくれました ソフトウェア開発キットで いろいろ試した後 いくつか実験的に アプリを作りました その1つが「地球占い」で App Storeに登録する 準備ができたので App Storeにアプリを 登録するために必要な 99ドルを出してくれるよう 親を説得しました 賛成してもらえたので 自分のアプリを App Storeに登録することができました いろんな人が 励ましてくれました 両親 友達 先生 それにアップルストアの 人たちまで すごく助けられました スティーブ・ジョブズには ものすごく刺激を受けました 学校でアプリクラブを作って ある先生が顧問を 引き受けてくれました うちの学校の生徒なら 誰でもクラブに来て アプリのデザイン方法を 学ぶことができます こうして僕は自分の経験を他の人に 伝えられるようになりました iPadパイロット・ プログラムというのを 所々でやっているんですが 幸運にも 僕はこれに 参加できました 難しいのが何かというと iPadはどのように使われるのか どんなアプリをiPadに入れるべきか ということです それでどんな アプリがほしいか 先生たちに意見を 聞きました 作ったアプリは 地元の人は無料で買え 他の地域の人が買った 収益は全て地元の教育基金に 入ることになっています 近頃は 技術に関しては 先生よりも生徒の方が 詳しいんです (笑) なんというか・・・(笑) 気に入らないかも しれませんけど・・・(笑) でも これは先生にとって 良いリソースなんです 教育者は このリソースを認めて 有効に使うべきです 今後やりたいことを話して 終わりにしようと思います まず もっといろんなアプリや ゲームを作りたいです 今は ある会社といっしょに アプリを作っています アンドロイドのプログラミングも やりたいと思っています そしてアプリクラブを続けて 生徒が知識を 共有できる方法を もっと見つけたいと思います ありがとうございました (拍手)

 

まとめ

ぜひ通勤時間や空き時間の英語学習に活かしてください。

 

Quate from「TED Talks」
https://www.ted.com/talks/thomas_suarez_a_12_year_old_app_developer

 

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。