英語日記を書こう

せっかく「英語を話したい」と思っているのに、「何から始めたらいいのかわかりません。」という方によく出会います。最近は、インターネットでも書籍でも、英語学習に関する情報が溢れ返っているので、何から手をつければいいのかわからなくなっても仕方ないですよね。

今回はそんな方の為に、おすすめ学習法のひとつをご紹介しようと思います。

おすすめ学習

今回ご紹介するおすすめ学習法は、「英語日記」!です。

TOEICでハイスコアを獲る為や、試験に合格する為に英語を勉強する必要がある方も、もちろんたくさんいらっしゃるとは思いますが、多くの日本人が苦手とするもの・・・
それは「スピーキング」ですよね?

みなさん、「英語が『話せる』ようになりたい」とおっしゃいます。だからたくさん手当たり次第お勉強します。単語を覚えたり、TOEICの問題集やったり、英会話の番組見たり、ラジオ聞いたり・・・etc。
もちろん、そういった学習も無駄では無いです。語学力はつきます。

でも、それでは『話せる』ようには、なかなかなりませんよ!!

問題点

英語のスキルは、「読む・聞く・書く・話す」の4技能に分かれます。そのうち「読む・聞く」はpassive skills(受動的技能)と言われ、「書く・話す」はactive skills(能動的技能)と呼ばれます。インプットする能力か、アウトプットする能力かで2つのグループに分けられるのです。

当たり前かも知りませんが、インプットの力をつけたければ、インプットする練習を。アウトプットの力をつけたければ、アウトプットする練習をしないといけないのです。

お気づきのように、「話せるようになりたい!」のに、問題集を解くだけでは、語彙力・文法力が知識として増えていくだけで、話せるようにはなりません。

自動車の免許を取る時に、マニュアルを完璧に覚えられたとしても、運転の練習をしなければ運転はできないのと同じですね♪

解決方法

では、肝心のアウトプットを高める練習って何をやればいいの?
と思われている方もいると思います。もちろん『話せる』ようになる為には『話す』練習をするのが一番です。でも初級者にとって、スピーキングの練習は話す相手がいなかったり、そもそも話し方がわからなかったり、少しハードルが高いですよね。

pen

そこで、英語で日記を書いてください!「書く」と「話す」は同じ能動的技能のグループです。初級者の方は、いきなり英語を話すと言っても、まずどういう風に文章を作ればいいのかがわからないことでしょう。辞書を使ってもいいです。中学生向けの文法書で調べてもいいです。インターネットで検索してみてもいいですよ。最初は、すごく単純で短い日本語の文章でも、いざ英語にするとなるとこんなに難しいんだ!と感じることでしょう。
また、「aなのかtheなのか」、「onなのかinなのか」等、細かいことがわからなくて調べているうちに、とても面倒臭く感じるかと思います。でも、その調べて自分の力で文章を組み立てるという行為が、しっかりとしたアウトプット力を身に付けることに後々繋がっていくのです。「書く」練習は「話す」練習の下準備となるというわけです。

日記を書くメリット

また「日記」を書くことで、

  • 自分に関する事を自分発信で言えるようになる。(日本人に多い「聞けるけど話せない」からの脱出!)
  • ネイティブとの初対面でも堂々と積極的に話せるようになる。
  • ビジネスシーンの間のスモールトークに困らない
  • 語彙、表現方法が格段に増える。
  • 文法力が確実に定着していく・・・etc

というようなメリットがあります。

多くの英語教育者が、英語日記学習を勧めるにはこういった理由があるのです。

まとめ

どんな分野でもそうですが、面倒臭いこと、地味なことを続けることが、一番力をつけると思います。

何から英語学習を始めたらいいのか迷っていた方、すごく短い文章でもいいです。毎日コツコツ英語日記を書いてみてください。確実に英語を話す力はついていきますよ♪

ABOUTこの記事をかいた人

あかね先生

カレッジを含む海外計6校への留学経験有り。2年半のバンクーバー留学中に、学んだことを軸に、「正確な文法で伝わる英語を話す」ためのプライベート英会話スクール『Lunima』を運営。また、英会話コミュニティ『Light』を立ち上げ、関西エリアを中心に、様々な英会話イベントを主催している。