あなたはどう?海外でも活躍できるコミュニケーションスキル3選

海外で活躍しているビジネスマンと、日本でコミュニケーションに苦手意識のあるビジネスマンにはどのような違いがあるのでしょうか?

海外で活躍しているビジネスマンは英語が話せる以外に、どんなスキルを持ち合わせているのでしょうか?

今回は、海外で活躍しているビジネスマンのコミュニケーションテクニックを紹介します。

海外でも活躍できるコミュニケーションスキル3選

握手

海外で活躍している人は英語が最低限使える以外に、以下のテクニックを使っています。

1. リアクションが大きく感情表現が豊か

話は普通の内容なんですが、とにかく表情やジェスチャー、声が大きいのが特徴です。あなたの周りにいませんか?表情が豊かで、身振り手振りなどのジェスチャーがすごくて、とにかく声が大きい人!

こういう人は海外で活躍できる要素があります。逆に海外だと、こういうジャスチャーや声の大きさは重要視されます。声が小さかったり、ジェスチャーがなかったりすると、自信がないように見えて、せっかく良いことを言っても、うまく伝わらないことがあります。

日本人にとっては、オーバーと思えるぐらいのリアクションが、海外では普通です。

2. お互いのイメージを共有できる

難しい話を長い時間していると、いつの間にか、話の内容がかみ合わなかったりしませんか?海外では、日本とは文化や習慣が違うので、こういうことは起こりやすいです。

あなたの周りに、例え話がうまい人はいませんか?難しい話も、「例えば…」といろいろなものに例えて、わかりやすくイメージを共有するのが上手な方。

こういう人も海外で活躍できる要素があります。難しい話でなくとも、文化や商習慣が違うので、しっかりと確認する作業の方法として、話の内容を可視化できないと、思わぬトラブルに見舞われるかもしれません。例え上手な人は、お互いのコミュニケーションを潤滑に進められます。

このスキルは、海外だけでなく、日本でも、非常に需要なスキルでしょう。

3. 自分のことも話しながら質問をする

質問しづらいことを質問するときに、コミュニケーションが上手な人は、「私だったら…なのですが…」と自分のことも話しながら、相手の話を引き出します。このスキルが高い人は、海外で活躍できる要素があります。

海外ではカクテルパーティなど、様々な場所で交流する機会がありますが、日本人はポツンと一人で、お酒を片手に、立っているだけの人も少なくありません。これは自己主張や、話が上手ではない人にありがちなことです。

このスキルは、ビジネスだけでなく、プライベートでも充分に通用するスキルでしょう。

なぜ、コミュニケーションスキルが必要なのか?

ミーティング

なぜ、コミュニケーションスキルが必要なのか?なかなか難しい質問ですが、結論的にいえるのは、どんな人も、このスキルはトレーニングして、できるようになったということです。

はじめからこれらのスキルができる人なんていません。みなさん、いろいろ悔しい経験や、失敗した経験があって、これらのコミュニケーションスキルを習得しています。

これから海外で頑張って生きていこうと思っている方なら、この壁は絶対にぶつかるでしょう。日本人だけのコミュニティで、すでに自分の知り合いだらけという環境だったら話は別ですが、これから海外に挑戦しようと思っている方のほとんどが、文化も習慣も違う人と、コミュニケーションをとって、お互いを信頼できる関係を構築しなければならないでしょう。

握手

海外で活躍するため必要なことは、英語だけではありません。
こういったコミュニケーションスキルがとても重要です。

このコミュニケーションスキルは普段の生活で意識さえすれば、習得できます。

ぜひ海外で挫折する前に、このコミュニケーションスキルの必要性を覚えておいて欲しいです。

まとめ

まとめ

英語の勉強をしながら、海外で活躍するためのコミュニケーションスキルも普段の生活で習得しましょう。

ポイントは、
1. リアクションが大きく感情表現が豊か
2. お互いのイメージを共有できる
3. 自分のことも話しながら質問をする

です。

これがマスターできると、コミュニケーションに自信がつきますよ。
ぜひ挑戦してみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本陽介

インドネシアのジャカルタにて海外勤務経験在り。フィリピンにて語学留学を複数学校で経験後、株式会社サムライエージェントを設立。現在、英語留学を通じてキャリアアップサポートや、企業の海外進出および組織のグローバル化においてコンサルティング等をしている。