ふりかけは持っていったほうがいいのか?

ふりかけを持っていったほうがいいリストにあるけど。

フィリピン留学関係の情報サイトで、持っていったほうが便利なものとして「ふりかけ」が記載されていることがあります。皆さんどう思いますか?知っておいて損しない情報です。

ふりかけを持っていったほうがいいリストにあるけど。

韓国料理2わたしは複数の学校で留学を経験しましたし、その後、留学アドバイザーとして、多くの学校視察で食事もチェックさせていただきました。フィリピン留学といっても学校や宿泊施設によって、提供される食事は全く違うことを、まずお伝えしたいです。

まず3食提供がない学校もありますし、土日祝日含めすべて1日3食の提供がある学校もあります。また韓国人オーナーの学校に多いのですが、3食にほぼすべてキムチがついてくるような韓国式の食事だったり、日本人にあわせて煮物や味噌汁がある日本式の食事を提供してくれるところもあります。

つまりフィリピン留学といっても、食事は学校によって大きく違うので、一概にふりかけをもっていっても使わないこともありえます。

薄味の食事には、ふりかけは助かるのかもしれない。

たまに薄味の食事に出くわすことがあります。その時にはふりかけは活躍するのかもしれません。薄味というより、留学したお客様から、おかずが日本人にはあわないと、よく聞きます。その際はふりかけを使って、ご飯をかきこんだという話もあります。そういう意味では、口に合わない料理の対策として、ふりかけが活躍するかもしれません。

あとおかずが辛すぎて食べられないときに、白米だけをふりかけで食べるということなら助かるかもしれない。

これも先ほどの薄味の時と似ているかもしれませんが、韓国式の料理は基本的に味が濃く、また辛い傾向にあります。辛い食べ物が苦手な方は、このような韓国式の辛い料理は全く食べられないという方もいます。その方たちはおかずには手を触れず、ふりかけを使って、ご飯だけ食べたという人もいるようです。そういう方には、ふりかけが活躍するのかもしれません。

問題はご飯のザラザラ感なのではないだろうか?

富士そばただし、わたしのこれまでの経験から、そもそも日本人留学生にとって一番つらいと聞くのが、白米がザラザラしていて、日本で食べる白米のようなツヤツヤ感や、甘みを感じることがないというだと思います。私はずっとそれを感じていました。
根本的にですが、日本の白米は世界の中でも群を抜いておいしく、評価も高いです。これをフィリピンで食べようとするのは、かなり限定された場所になるでしょう。わたしはいろいろなところで食べ歩きましたが、日本クオリティの白米が食べられたと思うのは、マニラにある「富士そば」くらいでした。

ふりかけがあっても使うのは数日だけ?

また、わたしが留学しているときに、確かにバッチメイトでふりかけを持ってきている人はいました。ただその方ははじめの数日は使っていましたが、すぐに使うのをあきらめていました。いくらふりかけでごまかしても、それさえも飽きてしまうようです。

結局のところ、あまり意味がないと思う。

カップめんだからわたしはふりかけを、わざわざ日本から持ってくる必要はないと思っています。わたしはそんなに口に合わなければ、カップめんをショッピングモールでたくさん購入して、カップめん生活をすればいいと思っていますし、留学といっても数週間から数ヶ月ですから、ちょっとぐらい我慢して、日本に帰ったら日本食が食べたい!と思いながら、留学をがんばったほうが、楽しみができていいのではないのか?と思います。

弊社サービスでは、必ず必要なもの、もしくは持っていったほうが良いものに、ふりかけを記載していないのは、そういう理由です。これから留学に行く方は、相談できる人もいないだろうし、アドバイスしてもらえる人もいないだろうから、不安になってふりかけを持っていってしまうのでしょうけど、フィリピンの現場を熟知している私たちにとっては、ふりかけは全く要らないと判断しています。

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。