寮で自炊ができない理由

集団生活で火を使うのが危険だからです。

キッチン語学留学の寮には多くて300人ぐらいの留学生が宿泊しています。またフィリピン留学に来ているのは日本人以上に韓国人も多いです。ほとんどの留学生は韓国人がルームメイトとなって一緒に寮生活をします。韓国人は兵役制度もあり、寮生活は慣れています。
ほとんどの学校で食事を土日や祝日も含め、1日3食を提供しているため、自炊を禁止にしているところがほとんどです。そもそも宿泊部屋のキッチンには、シンクや冷蔵庫はあるものの、ガスコンロはもちろん、包丁やまな板なども設置されていません。

食事がおいしくないから、自炊したい。

韓国料理2留学生の皆さんは、毎日数時間、英語漬けの生活になるので、息抜きの食事は、おいしいものを食べたいと思う人は多いはずです。ただしほとんどの学校の食事は、このような韓国料理です。韓国人のようにキムチが好きな人ならいいのですが、さすがに毎食となると、飽きてしまうでしょう。また日本のお米は非常においしいのですが、フィリピンのお米は、ザラザラというかネバネバしていて、日本人にとっては、おいしい。とは言えないと思います。

カップ麺などは、調理OKという学校がほとんどです。

カップめんただフィリピンのショッピングモールなどでは、日本食のコーナーがありますが、カップめんやカップ焼きそばなどが手に入ります。ほとんどの日本人が、寮の食事に飽きてしまって、一度は購入するのではないでしょうか?必要なお湯は学校がウォーターサーバーの熱湯を使ったり、電気ポットを自分自身で購入したりして、カップめんやコーヒーを楽しむことは、学校も許可してくれます。ただしアルコールや生ものは禁止されている学校がほとんどですし、ルームメイトに迷惑がかからないように、カップめんのゴミなどは注意しましょう。散らかしてしまって、アリやゴキブリが発生する原因にもなります。

自炊ができる学校は多少ある。

のりまきスーパーどうしても自炊をしたいという希望があったら、留学アドバイザーやエージェントに聞いてみるといいかもしれません。コンドミニアムタイプの部屋だと、コンロがついていて、自炊がOKというところもありました。またセブではQQイングリッシュができる部屋を用意しています。わたしの考えですが、英語留学をしにきていて、自炊するぐらいだったら、英単語の暗記や自習の時間に充てたほうがいいと思います。生水は危ないですし、食材も日本製を購入するとかなり高額になります。ショッピングモールなどでこのようなのりまきも売っていると思いますから、こういうものを購入し、ルームメイトと一緒に食べれば、仲良くなれるのかもしれませんね。

まとめ

宿泊施設から提供される食事は、食事も韓国料理ばかりで、また豪華なものは、ほとんど食べる機会がないでしょう。またフィリピンでは生野菜が取りにくいので、体調も崩しがちです。土日などは近くのレストランなどに出かけて、おいしい食事をとりましょう。自炊は禁止ですが、カップめんなどはOKの学校がほとんどです。ただし、ゴミなどは、他の留学生に迷惑をかけないよう、しっかり処理しましょう。またカップめんは身体にあまりよくないので、あまり買いだめなどせず、たまに食べるくらいにしておきましょう。またどうしても自炊ができる学校を希望するなら、あらかじめ留学アドバイザーやエージェントに相談することをオススメします。

ABOUTこの記事をかいた人

TAYORERU

TAYORERU(タヨレル)は、マンツーマンの英会話留学を格安で提供する、フィリピン留学の頼れるエージェントです。フィリピン留学の費用、社会人の英語研修、留学生活の安全についての情報が満載!説明会や無料カウンセリングも随時開催中。