フィリピンの治安

tayoreru107

フィリピンの治安

留学する生徒が犯罪に巻き込まれていたら、いまフィリピン留学はこんなに流行しません。安心して勉強に集中できます。ただし、フィリピンの治安は、日本と比較したら決して良くはないということは理解しましょう。自分の身は自分自身で守ることが大切です。フィリピンで発生したトラブルをあらかじめ知っておくことで、皆さん自身がトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

 

街でケイタイを見ながら歩かない。カメラはカバンにしまう。

guide_img_02
日本では「歩きながらスマホ」は当たり前ですが、海外ではとても危険です。もちろんフィリピンでスマートフォンを操作しながら歩いていたら、盗まれる可能性があります。例えば歩道橋なんかは挟み撃ちにされて盗まれる話は、何回か聞いています。高価なものはできるだけバックに入れた状態で移動するようにしましょう。特にスマートフォンは、フィリピンでは高価なものですから、歩きながら操作をするといったことはなるべく避けるようにしましょう。

 

レストランでの置き引きに注意する。

guide_img_03
高級レストランでも、ケイタイを席に置いたまま、トイレに行くと盗まれてしまうことがあります。集団でレストランに行っていても店員かわかりませんが、テーブルに置いていたケイタイがなくなったという話も聞いたことがあります。調理人やスタッフさんを信用しすぎるのは注意が必要です。貴重品は常にしまっておく癖をつけましょう。

 

タバコやお酒などをもらわない。

guide_img_04
深夜のバーやクラブ、タクシーの運転手に、タバコやお酒をもらわないようにしましょう。タバコやお酒に、睡眠薬や違法薬物が混入されていることがあり、意識がもうろうとしている時に、携帯電話やクレジットカード、現金などを盗まれる事件が発生しています。これは特にマニラやセブで発生しています。

 

イカサマトランプは絶対にしない。

guide_img_05
フィリピン人と仲良くなると、いつか日本に行きたいから詳しく話し聞かせてくれ。と言われ食事をご馳走するからと自宅などに招待されることがあります。そういう流れで、いつのまにかトランプがはじまります。これは東南アジアにある古典的な詐欺とのことです。ショッピングモールで声をかけられるケースが多いようですが、絶対に断りましょう。

 

ジプニーは夜間に利用しない。

guide_img_06
フィリピンの人たちは、ジプニーというバスタクシーみたいな乗り物に乗り通勤しています。一度は乗ってみたいと言う留学生が多いのですが、これはぜひ経験してみて欲しいと思いまが、夜間に一人で利用するのは避けましょう。ギュウギュウに混んでいる車内で、いきなり身ぐるみはがされると言う話をたまに聞きます。これは組織的犯行が多いのと、酔っ払っていたり寝ていたりしている時に被害が多いので、夜間の利用や一人での利用を避けましょう。

 

スラム街や裏通りに不必要に近づかない。

guide_img_07
観光気分で危険な場所と聞くと、日本にはない危険な地域に行ってみたいという方が少数いらっしゃいます。こういう軽率な行動はやめましょう。ネックレスを剥ぎ取られたり、財布をとられるならまだしも、拳銃を向けられる等の、命の危険に逢う可能性もあります。周りの人にも迷惑をかけるので軽率な行動は控えてください。