必要な持ち物リスト

tayoreru110

必ず持っていくもの

パスポート

パスポートの有效期間が、留学終了日+6ヶ月以上残っているか、事前にご確認ください。

航空券

入国する際に、往復・もしくはフィリピンから第三国に出国するチケットを持っている必要があります。Eチケットの場合は必ずコピーをお持ちください。

SSP申請書類

パスポートのコピーと、証明写真(5cm×5cm)を4枚ご用意ください。SSP取得時に利用します。※背景は白色です。学校によって必要な枚数が異なる場合がありますので事前に確認してください。また以前にフィリピン留学を経験して既にSSPをお持ちの場合は、念のためにSSPのドキュメントかレシートを持参してください。

ピックアップ案内

ピックアップ場所や緊急連絡先などを掲載していますので、TAYORERUから送られたピックアップ案内情報をお持ちください。

現金(日本円)

入学初日のオリエンテーション時に学校の案内で両替所に連れていってもらえるケースが多いので、現地お支払い費用の事前の両替は必要ありませんが、念のため数千円程度、空港内で両替しておくとよいでしょう。空港内の両替レートはあまり良くはありません。

衣類

基本的に夏の格好でOKですが、学校内はエアコンが効いています。長距離バスやショッピングセンターなど冷房のきつい所もあるので、長袖を1枚持っておくと安心です。また週に2,3回洗濯してもらえる学校がほとんどです。現地で安く購入することもできます。

タオル

念の為に2〜3枚持って行きましょう。現地購入も可能です。

下痢止め薬・風邪薬・頭痛薬・痛み止めなど。現地にも病院があり、薬局で購入することもできますが、飲み慣れた薬がある場合は持参することをオススメします。

筆記用具

現地でも購入できますが、機内での入国カード記入の際も必要になります。ノートも日本製の方が品質が良いので、最低限は持参することをおすすめします。

英語辞書

授業や自習に必須アイテムです。ケイタイアプリででもいいものがありますので、留学アドバイザーに相談してみてください。

 

 

持って行くと便利なもの

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードはPlusかCirrusのマークのついたカードがあれば、もっていくと便利です。現地ATMで現地通貨の出金が可能です。(手数料がかかります。)

クレジットカード

クレジットカードは現地の大型スーパーや、レストランなどで使えます(小さなお店では使えない場合が多いです)。また、クレジットカードがあれば現地ATMでもキャッシングが出来ます。(手数料がかかります。)長期滞在の方は持参することをおすすめします。

カメラと充電器

スマートフォンのカメラ機能を利用している生徒さんも多いです。学校で出来た友達と観光に行く機会もあると思いますので、是非ご持参ください。

ノートパソコンまたはタブレット端末と充電器

学校、寮では基本的にWiFiが使える所が多いので、多くの生徒さんはパソコンや、iPadなどのタブレット端末を持参しています。(現地で購入すると高額になります。)

参考書

日本で購入した文法や会話などの参考書などがあると役にたちます。特に初心者の方は文法のテキストは日本語の解説があったほうがいいと思います。フィリピンでは日本語で書かれた参考書を手に入れる事はほぼできません。

日焼け止め

フィリピンの日差しは強いのでお持ちください。現地でも購入できますが、刺激が強い場合がありますので、日本製を使いたい方は持参してください。

虫除けアイテム

室内用のもの、肌に直接スプレーできるタイプやクリームタイプのものをおすすめします。また、虫にさされた後のかゆみ止めも持参することをおすすめします。

水着

プール、海などのアクティビティが豊富です。現地でも購入できますが、あまり安くないため、日本から持参する生徒さんも多いです。

変圧器

日本の電圧が110Vに対し、フィリピンは220Vです。留学生がよく持っていくようなパソコンやカメラ、携帯電話は変圧器を使用しなくてもほとんが使用可能です。しかし、ヘアードライヤー・アイロンなどは変圧器を使用するか海外対応のものをご用意ください。ヘアードライヤーは、500-1,000ペソで現地でも購入可能です。

室内履き

ビーチサンダルなどがあると便利です。現地でも購入可能です。

帽子、サングラス

日差しが強いので持参すると良いでしょう。

コンタクトレンズ

普段コンタクトレンズを使っている方は留学期間分量のコンタクトレンズを持って行く事をおすすめします。