フィリピン留学とは

フィリピン留学が注目されている理由

tayoreru003

フィリピン留学とは、マンツーマンスタイルの英会話レッスンを格安で実現できることで、短期間で英語スキルが向上する人気の留学として、近年日本人だけでなく、韓国人や台湾人など母国語を英語としない人々を中心に注目を集めています。これまで英語留学といえば、アメリカ留学やイギリス留学などを思い浮かべる方がほとんどではないのでしょうか?これらの留学は1年以上の長期間で、費用も数百万円必要になり、ごく一部の富裕層の方がするものだと捉えられていました。

ただグローバル化が進み、また経済情勢や社会情勢は変わり、この近年で、秋葉原で家電売場にいるのは、日本人ではなく外国人といわれるように、いまや日本の各地では外国人が多く観光しています。またユニクロや楽天といった大手企業が社内会議において、日本語ではなく英語で会議をすすめるといった英語公用化を導入する企業も多くなってきました。

フィリピン留学は、まだ認知度は高くありませんが、欧米圏の英語留学に比べ格安な英語留学として、また1週間からという短期間でも留学できる方法として、また欧米圏への留学への体慣らしをする方法として、フィリピン留学を活用される方が増えてきています。

フィリピン留学を本気でやった経験者の生の声

榎本さん フィリピン留学 2ヶ月

プロフ

いまはスカイプ英会話とかもやっていますけど、やっぱりフィリピンに実際行って留学したほうが得られるものは多いですよね。たまたま海外で出遭った方が、ちょうど世界一周旅行をするっていうのに、英語があまり得意ではないって言っていたので、猛烈にフィリピン留学を短期間行ってきなよ!って勧めました。本当にフィリピンに留学して良かったです。

 

にしやさん フィリピン留学 1ヶ月

英語レッスンフィリピン留学のメリットは、とにかく英語でアウトプットが多いことです。それでこんなコストパフォーマンスは、本当にすごいと思いますよ。フィリピン留学は、何よりもわたしにとっては、留学生との貴重な出会いが素晴らしくて、これが海外留学の良いところだなと思いました。スカイプ英会話などでは、こういう経験がなかなかできないですよね。

 

フィリピン留学の魅力

tayoreru002

マンツーマンレッスン

strong-points_01
フィリピンの語学学校では、先生と生徒のマンツーマンのレッスンをメインにカリキュラムが組まれています。多くの学校で4~6時間のマンツーマンレッスンを提供しています。1日最大10時間マンツーマンレッスンを提供している学校もあります。欧米圏の留学では先生と10名前後の生徒で進めるグループレッスンがメインで、発言する機会はほんの少しです。それに対してフィリピン留学は初日から先生とマンツーマンで英会話をし、授業を進めていくので、嫌でも英語を使い発言することになります。授業時間の半分以上は生徒が話さなければならないでしょう。このマンツーマンレッスンは、リスニング力とスピーキング力の向上に非常に高い効果が期待できる学習スタイルです。

コストパフォーマンス(格安)

strong-points_02留学にかかる費用は、欧米圏留学は月額40万円~70万円、フィリピン留学は15万円~25万円。つまり欧米圏留学と比較してもフィリピン留学は、30%~60%前後です。欧米圏留学は学費(授業料)と宿泊費(生活費)は別々ですが、フィリピン留学は授業料と宿泊費は一緒になっていて、食事も1日3食ついているので、驚きのコストパフォーマンスです。また日本の英語スクールやオンライン英会話と比較しても、フィリピン留学は、学習総時間や学習の質からみる費用には、大きな差があります。フィリピン留学のコストパフォーマンスは他国ではマネできないでしょう。

フィリピン人先生の質

strong-points_03フィリピン人はフレンドリーで親日の傾向があります。語学学校で先生になるような方は、フィリピン国内では超エリート層で、フィリピン国内だけではなく世界情勢に興味を持ち、いつか日本で仕事をしたい、そのために日本人や日本文化、日本語を学んでいるという方も少なくありません。
一方で欧米圏はわたしたち日本人が人種差別にも似た経験をすることがあるでしょう。これも貴重な経験かもしれませんが、フィリピンではそういう心配をする必要もなく、英語学習に集中できるでしょう。フィリピン人先生の英語のなまりなど気にされる方がいらっしゃいますが、まったく心配する必要ないでしょう。

学習環境

strong-points_04フィリピン留学は、校舎と宿泊施設が隣接するホテル、もしくは一緒の建物になっていることがほとんどです。通学の時間がほぼなく、また食事や洗濯・掃除などもスタッフが手配してくれており、自習室なども完備されているので、寮生活のようなイメージです。つまり一日中、英語学習に集中できる環境が整っています。学校によっては平日外出禁止や日本語を禁止するなどのルールを設けている学校もあります。また欧米圏留学にはない、最短で1週間から留学を経験できるので、仕事を辞めることなく、休暇を使って留学できるという、手軽さも魅力的です。また学校やエリアによって差はありますが、ショッピングモールやビーチリゾートなども近くにあるので、週末はリフレッシュし、心身ともに健康な状態を維持しながら、貴重な経験ができるでしょう。

フィリピン留学期間の目安

tayoreru103

英語スキル

英語字幕なしで映画が、問題なく観ることができる スピーキングができれば、あまりフィリピン留学の必要はないかもしれません。独自の言い回しなどを欧米圏の留学で学ぶことをオススメします。
外国人と英語で電話ができる リスニング力やスピーキング力の向上、日本人特有の発音矯正を狙って1-2ヶ月のフィリピン留学を目安にされるといいと思います。1週間-1ヶ月でも大きな変化が期待でき、海外の大学院(ビジネススクール)の入学に必要な英語スキルが身につきます。
オンライン英会話などやっているが、英語に自信がない 日常会話はもちろん、英語で5分程度のプレゼンテーションができるようになるには、フィリピン留学2-3ヶ月を目安にされたほうがいいかと思います。1週間-1ヶ月でも大きな変化が期待できます。可能であればフィリピン留学後、2カ国留学6ヶ月以上されると、英語に自信をもてるレベルになります。
海外旅行にも行ったことがあるが、英語には自信がない 日常会話がある程度できるようになるために、フィリピン留学4-6ヶ月を目安にされたほうがいいかと思います。このレベルは1-2ヶ月のフィリピン留学でも充分成長を実感することができます。まずは単語力を伸ばし、英語でプレゼンテーションできるようになることを目指しましょう。
中学で英語をやっていたけど、チンプンカンプン 日常会話がある程度できるようになるために、フィリピン留学のスパルタ系コース6ヶ月以上を目安にされたほうがいいかと思います。単語力がないため、自習時間の確保が必要です。

立場

学生 夏休みや春休みなどを利用して1ヶ月フィリピン留学をしてみましょう。もし就職活動などが終わり、時間があるなら3ヶ月留学するだけで、英語スキルは相当伸びます。若いうちに英語をマスターすることは非常に有利です。
ビジネスマン ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィークなどを使って、1-2週間、フィリピン留学するビジネスマンは多くなっています。1-2ヶ月のフィリピン留学ができるとビジネス英語の習得ができますし、ビジネス経験がありますから、フィリピン人先生と内容の濃い英会話をすることで情報収集ができます。
海外赴任直前のビジネスマン 引っ越しやビザの手続きなどで大変かもしれませんが、2週間-1ヶ月のフィリピン留学をし、英語に慣れましょう。困ったときにどういう言い回しができるか?積極的に話しかけられるようになるようシミュレーションをして、現地に赴任してすぐに活動できるようになれることでしょう。
休職中や転職期間中 まだ仕事が決まっていなければ、1-2ヶ月のフィリピン留学をし、履歴書の書き方や、面接の練習など、就職活動で使えるビジネス英語を学びましょう。転職先が決定していて有給消化中など、留学できる期間が決まっているのであれば、転職する企業の業界に絞った専門英語を習得し、またリフレッシュでビーチリゾートなど楽しみましょう。

フィリピン留学費用の目安

tayoreru102

フィリピン留学は、マンツーマンクラスが1日4-6コマ、グループクラスが1日1-2コマの合計5-8コマのレッスンでカリキュラムが組まれていることが多いです。これらのプランの平均的費用は月額(4週間)12-18万円と考えて問題ないかと思います。もちろん安い学校が人気です。
また宿泊施設が一人部屋か二人部屋か三人部屋か四人部屋なのかによって金額が変わることがあります。ほとんどの学校で一人部屋が高く、複数人になればなるほど安くなる傾向があります。複数人部屋の方が安く、また友人もできやすくなるということで、複数人部屋の方が、人気があります。
食事は原則、授業料に含まれており、ほとんどの学校で1日3食が提供されています。ただし、祝日や土日は提供なしや、朝食のみの学校もありますので、しっかり事前確認しましょう。
留学費用とは、授業料など事前に支払うもの以外に、水道光熱費やSSP申請費用など現地で清算する費用もあります。